貸し暗号資産サービス「HashHubレンディング」正式リリース|BTC・ETHなどに対応

by BITTIMES   

HashHub(ハッシュハブ)は2021年12月28日に、自分が保有しているBTC・ETH・DAI・USDCなどの暗号資産を貸し出しながら貸借料を得ることができる貸し暗号資産サービス「HashHubレンディング」の正式リリース版を公開したことを発表しました。

こちらから読む:Bybitにパレットトークン(PLT)上場「暗号資産」関連ニュース

国内最高水準の年率「HashHubレンディング」公開

HashHub(ハッシュハブ)は2021年12月28日に、自分が保有しているBTCETH・DAI・USDCなどの暗号資産を貸し出しながら貸借料を得ることができる貸し暗号資産サービス「HashHubレンディング」の正式リリース版を公開したことを発表しました。

HashHubレンディングは、自分が保有しているBTC・ETH・DAI・USDCなどの暗号資産を貸し出しながら貸借料を得ることができる「国内最高水準の年率の貸し暗号資産サービス」となっています。なお、2020年11月に公開された「先行リリース版」のサービス提供期間における1年間の提示貸借料率の実績は以下の通りです。

(画像:HashHub)(画像:HashHub)

(画像:HashHub)(画像:HashHub)

正式リリース版では「ダッシュボードでの資産状況の確認・暗号資産の貸出し・引出し」を簡単に行うことができ、公式サイトから本人情報登録を行うことによって最短当日から貸借料を得ることができるようになっています。

なお「法人顧客向けの正式リリース版サービス」に関しては『現在準備中』だと報告されており、提供開始までは引き続き「先行リリース版」を利用するようにと説明されています。

>>「HashHubレンディング」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨交換業者にbitFlyerら11社が登録完了

仮想通貨交換業者にbitFlyerら11社が登録完了

ビットコイン価格「2万3,000ドル」まで下落する可能性:著名アナリストが予想

ビットコイン価格「2万3,000ドル」まで下落する可能性:著名アナリストが予想

LINE NFT:賃貸会員権NFT「サクラノスマイ」の第一弾販売、本日12時から開始

LINE NFT:賃貸会員権NFT「サクラノスマイ」の第一弾販売、本日12時から開始

ロシア金融監視機関:AI用いた「暗号資産取引追跡ツール」を開発|DASHなどにも対応

ロシア金融監視機関:AI用いた「暗号資産取引追跡ツール」を開発|DASHなどにも対応

LINE NEXT:Web3ゲーム開発に向け「SEGA」と覚書締結

LINE NEXT:Web3ゲーム開発に向け「SEGA」と覚書締結

カルダノ(Cardano/ADA)「BITPOINT PRO」で板取引可能に|指値・逆指値注文も可能

カルダノ(Cardano/ADA)「BITPOINT PRO」で板取引可能に|指値・逆指値注文も可能

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説