SBIが台湾のブロックチェーンスタートアップに新たな出資|事業拡大が進む

by BITTIMES   

SBIホールディングスの子会社であるSBIクリプトインベストメント株式会社は、新たに台湾でブロックチェーン技術を活用したeコマース事業を行うOBook Holdings Inc.(OwlTing社)に出資したことを発表しました。

SBIクリプトインベストメントがOwlTing社に出資

SBIホールディングスの100%子会社であり、デジタルアセット関連のベンチャー企業などへの投資を行っているSBIクリプトインベストメントは、台湾でブロックチェーン技術を活用したeコマース事業を行っているOwlTing社に新たに出資したことが5月9日に明らかになりました。
この出資により、SBIグループによるOwlTing社への出資比率は20%になるとのことです。

OwlTing社とは?

owlting

台湾のブロックチェーンのスタートアップであるOwlTing社は、グローバル旅行、食品安全、ソーシャルメディアプラットフォーム、グローバルホテル予約、ブロックチェーンアプリケーションサービスでサービスを提供するeコマースおよびブロックチェーンアプリケーションに特化したスタートアップ企業です。

OwlTing社は、ホテル予約、情報管理、食品追跡などの幅広い分野において、ブロックチェーン技術を用いたサービスを開発・提供しています。

OwlTing社は、小規模農家に直接消費者へのアクセスを提供することから、旅行者が何を意味するかを再考すること、業界のブロックチェーンの可能性を広げることなどに取り組んでおり、より自由になり、公平に交易し、繁栄する新しい可能性を生み出し、台湾のハイテクブランドをグローバルなステージに導くことを目指しています。

すでに実績のあるOwlNest

OwlTing社が提供するアプリOwlTing社が提供するアプリ(owlting.comから)

同社が2017年末に開始したOwlNestは、ブロックチェーン技術を用いたホテルの予約および情報管理システムを提供しており、すでに400以上の施設での導入実績もち、来年には3万人の世界的なホテルパートナーを獲得すると言われています。ブロックチェーン技術を用いた同社のサービスを利用する導入企業は、情報の確実性保証やコスト削減を図ることが可能になります。

2017年末の設立当時OwlNestは、ブロックチェーンテクノロジーに基づくホテル予約および内部システム管理ソフトウェアの世界初のスイートでした。OwlTingは、ネットワーク技術とブロックチェーン開発機能を利用してホテル業界にブロックチェーンベースのソリューションを提供し、営業と人件費を効果的に削減し、収益をさらに向上させました。さらに、ブロックチェーンのセキュリティと二重取引に対する仕組みにより、ホテル運営者は過剰予約を防ぎ、消費者のプライバシーを保護することができます。

OwlTingの創設者兼CEOからのコメント

OwlTingの創設者兼CEOであるDarren Wang氏は次のようにコメントしています。

「OwlTingは日本、米国、およびASEAN諸国にオフィスを構えており、今年はスウェーデン、タイ、インドネシアに拡大する予定です。SBIの投資によりOwlTingはヨーロッパへの進出を加速し、グローバルオペレーションのオフィスを設立することができます。来年の私たちの最も重要なマイルストーンは、NASDAQでの当社の新規株式公開です。さらに、日本はアジアでトップの旅行先の一つであり、SBIとのパートナーシップはホテルのオペレーターがOwlTingをよりよく理解し、OwlNestの販売を促進するのに役立ちます。これまでに台湾の400以上のホテル事業者と提携しており、来年には3万軒のホテルパートナーになると予測しています。」

デジタルアセット関連企業との提携を拡大するSBIグループ

SBIグループはデジタルアセットを基盤とする生態系の構築に向けて、デジタルアセット関連ベンチャー企業への出資・提携を拡大しています。

SBIは今回の発表のなかで「公開引き続き高い技術力を有するデジタルアセット関連ベンチャー企業への出資・提携に注力するとともに、SBIグループ内の既存のデジタルアセット関連各社とのシナジー追求を図っていく」と述べています。

Fintech(フィンテック)のグローバル展開に貢献

SBIなどの経験豊かな金融グループにとって、OwlTingは財務的背景が不足しているため、ブロックチェーン業界では異なる視点が得られます。

OwlTing社はOwlNextを通じて、世界的なホテル運営者および消費者との関係を確立することができますが、観光業および旅行業界の大規模なビジネス機会は、将来のデジタル通貨の拡大にSBIを助け「win-win」のシナリオを作成できます。

OwlTingのブロックチェーン技術と旅行経験「OwlNest Blockchain Hotel Management Service」からのホテル支払いにより、SBIホールディングスはFintech(フィンテック)におけるグローバル展開のためのより包括的な計画を立てることができます。

SBIホールディングスの創業者兼CEOからのコメント

SBIホールディングスの創業者兼CEOである北尾佳孝氏は次のようにコメントしています。

「OwlTingのブロックチェーンサービスに焦点を当てるのは、世界的ホテル予約システムOwlNest、B2BブロックチェーンクラウドサービスOwlChain、そして来年のNASDAQでのIPO計画です。SBIはブロックチェーンの技術力を持つ新興企業に長い間関心を持っており、OwlTingの問題解決能力とその概念を金融や保険などの他の業界に適用してシナジー効果を高めることを願っています。次の10年間では包括的なブロックチェーンエコシステムの構築に向けて協力していきます」

事業拡大が加速する2018年

2018年に入り、SBIグループの事業拡大はさらに加速しています。

先日も、SBIホールディングスは関連会社であるSBI Ripple Asia株式会社が、2018年中に韓国で国際送金サービスを提供するCoinone Transfer Inc.とRipple社のxCurrentを活用した国際送金システムを提供することを発表しました。

また4月にはトークン取引プラットフォームであるTemplum Inc.に対して戦略的出資を行なっています。
Templumは、証券として提供されるデジタル資産の合法的売り出しおよび二次市場取引を容易にするトレーディング・システムとプラットフォームの開発に努力する革新的技術企業です。

SBIバーチャル・カレンシーズの取引開始も迫る

以前から待ち望まれている仮想通貨取引所SBIバーチャル・カレンシーズの取引開始も間近に迫っています。

SBIホールディングスは4月26日に開催した2018年3月期決算説明会のなかで、SBIバーチャル・カーレンシーズの取引開始時期について、早ければ夏に開始できることを発表しています。

着々と基盤作りが進んでいるSBIグループの仮想通貨取引所なだけに、今後の発表には世界からも注目が集まっています。

SBIクリプトインベストメント公式サイト:sbinvestment.co.jp
OwlTing公式サイト:owlting.com

(引用:sbigroup.co.jp/news

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Huobiが10億ドルのブロックチェーン基金を開始

Huobiが10億ドルのブロックチェーン基金を開始

ビットポイント台湾:ジャパン側に「約26億円相当の補償」求める|訴訟の可能性も

ビットポイント台湾:ジャパン側に「約26億円相当の補償」求める|訴訟の可能性も

NEMベネズエラチーム:ブロックチェーン学術機関とMoU締結|技術開発を支援

NEMベネズエラチーム:ブロックチェーン学術機関とMoU締結|技術開発を支援

ブロックチェーンロック社:スマートロッカー「KEYVOX locker」の販売開始

ブロックチェーンロック社:スマートロッカー「KEYVOX locker」の販売開始

「Amazon Managed Blockchain」一般提供へ|独自ブロックチェーンを簡単に構築

「Amazon Managed Blockchain」一般提供へ|独自ブロックチェーンを簡単に構築

ブロックチェーンが保証するダイヤモンドの品質|原産国などの流通プロセスが追跡可能に

ブロックチェーンが保証するダイヤモンドの品質|原産国などの流通プロセスが追跡可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:ウォレットアプリに「暗号資産FX 急騰急落アラート」機能を追加

GMOコイン:ウォレットアプリに「暗号資産FX 急騰急落アラート」機能を追加

ビットコイン価格「400万円台」に到達|今後は下落・修正に要注意?

ビットコイン価格「400万円台」に到達|今後は下落・修正に要注意?

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

Gemini:支払う度に仮想通貨が貯まる「ジェミナイ・クレジットカード」リリースへ

Gemini:支払う度に仮想通貨が貯まる「ジェミナイ・クレジットカード」リリースへ

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

【Cardano/ADA】順調な価格上昇で「40円」に到達|時価総額ランキング5位も視野に

【Cardano/ADA】順調な価格上昇で「40円」に到達|時価総額ランキング5位も視野に

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

MOBI:ブロックチェーン用いた車両識別標準規格第2弾「VID II」リリース

MOBI:ブロックチェーン用いた車両識別標準規格第2弾「VID II」リリース

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す