SBIホールディングスがトークン取引開発企業に出資

by BITTIMES

SBIホールディングスが、トークン取引プラットフォームであるTemplum Inc.に対して戦略的出資を行なったことが明らかになりました。

Templumは1000万ドルの資金調達を完了

Templum Incは、SBIホールディングスからの支援を受け1000万ドルの資金調達を完了したことを発表しました。

Templum Incとは

Templumは、証券として提供されるデジタル資産の合法的売り出しおよび二次市場取引を容易にするトレーディング・システムとプラットフォームの開発に努力する革新的技術企業です。

ブロックチェーン技術と証券業界の両方に幅広い経験を持つ発起人の集団によって設立され、この革新的技術を現実的に可能で拡張可能な産業へと発展させるために活動しています。発起人は、その経歴を生かして証券としてのデジタル資産の売り出しのモデルを開発し、市場に資本形成の新たな方法をもたらしました。

Templumは、デジタル資産および有価証券の販売および取引のための規制に準拠したプラットフォームを構築しようとしています。

今回の投資によって得られた資金は、子会社であるTemplum Marketsとそのオルタナティブ・トレーディング・システムの継続的発展に使用されるとのことです。

Templum Markets

Templum Marketsは、証券として提供されるデジタル資産の売り出しと二次市場取引を容易にするサービスのリーダー企業であり、投資家保護と標準化に力を入れています。

Templumは、新たな資金を投資家との価値あるパートナーシップの構築を継続する目的や、証券トークンの購入と売却にTemplumの技術を使用するように機関投資家や認定投資家を勧誘する目的にも使用するとのことです。

Templumは、昨年10月にもRaptor Group、Galaxy Investment Partners、Blockchain Capital、firstminute.capitalなどの投資家からも270万ドルの資金を調達したことが明らかになっています。

さらに多様化するSBIグループ

SBIの今回の新たな投資は、仮想通貨ポートフォリオ企業のグループをさらに多様化させています。
SBIグループは3月にも台湾を拠点とする仮想通貨のハードウェアウォレットメーカーであるCoolBitXの株式を取得したことを発表しています。

SBI Holdingsは現時点で、ICOプラットフォーム、ウォレットサービス、仮想通貨取引所などの暗号化エコシステムや、国際間送金に重点を置いたリップル(Ripple/XRP)との合弁事業など、さまざまな事業に既に参加しています。

各社代表からのコメント

Chris Pallotta氏|Templum CEO

Templumの創設者で最高経営責任者(CEO)のChris Pallottaは次のように述べています。

「当社は、SBIの支援を得ることができてうれしく思います。この投資によって、この高い評価を得ている機関との関係が拡大するものと考えています。SBIとは、TAOのために安全なトレーディング・プラットフォームを構築する当社の使命を共有しており、今後日本とアジア全体でSBIと協力していくことを楽しみにしています。」

北尾吉孝氏|SBIホールディングス代表取締役執行役員社長

SBIホールディングス株式会社代表取締役執行役員社長の北尾吉孝氏は次のように語っています。

「当社は、新しい金融パラダイムの構築に力を入れており、Templumはこの新たなパラダイムの構築で最良のパートナーであると考えています。この投資は、証券としてのデジタル資産の取引のためのブロックチェーン技術の利用に関して、Templumの経験あるチーム、技術、ビジョンを当社が信頼していることを表しています。」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年4月21日〜27日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年4月21日〜27日

SBI Ripple Asia株式会社とは?

SBI Ripple Asia株式会社とは?

SBIグループも参加しているR3コンソーシアムとは?

SBIグループも参加しているR3コンソーシアムとは?

SBIバーチャル・カレンシーズ「Cool X Walletサービス無料キャンペーン」対象者を拡大

SBIバーチャル・カレンシーズ「Cool X Walletサービス無料キャンペーン」対象者を拡大

「証券コンソーシアム」がさらに拡大し全35社に|SBI Ripple Asia

「証券コンソーシアム」がさらに拡大し全35社に|SBI Ripple Asia

リップルを使った国際送金の導入を進める韓国のウリィ銀行

リップルを使った国際送金の導入を進める韓国のウリィ銀行

注目度の高い仮想通貨ニュース

Libraブロックチェーン活用した「トークン化資産」のテスト発行に成功:eToroX

Libraブロックチェーン活用した「トークン化資産」のテスト発行に成功:eToroX

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月16日〜22日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月16日〜22日

TiedCo社:初の日本円ステーブルコイン「タイドコイン」を発表

TiedCo社:初の日本円ステーブルコイン「タイドコイン」を発表

NEM(XEM)の報酬システムがさらに平等に|カタパルトアップデートで「PoS+」実装

NEM(XEM)の報酬システムがさらに平等に|カタパルトアップデートで「PoS+」実装

未登録の仮想通貨取引所に「業務停止・資金返還」を命令:マレーシア規制当局

未登録の仮想通貨取引所に「業務停止・資金返還」を命令:マレーシア規制当局

カルダノ財団:仮想通貨業界の規制ガイドライン策定団体「GDF」に参加

カルダノ財団:仮想通貨業界の規制ガイドライン策定団体「GDF」に参加

賃貸契約の「ブロックチェーン管理」を義務化|マルタ共和国で法律改正案が成立

賃貸契約の「ブロックチェーン管理」を義務化|マルタ共和国で法律改正案が成立

仮想通貨の新団体設立へ「STOの健全な普及」目指す:SBI北尾社長

仮想通貨の新団体設立へ「STOの健全な普及」目指す:SBI北尾社長

ビットコインのボラティリティ「2017年強気相場時」と同水準に

ビットコインのボラティリティ「2017年強気相場時」と同水準に

分散型金融(DeFi)向けの「独自ブロックチェーン」開発へ|Huobi×Nervos

分散型金融(DeFi)向けの「独自ブロックチェーン」開発へ|Huobi×Nervos

ジョン・マカフィー:一部アルトコイン価格「10倍増」宣言|BTC強気予想も維持

ジョン・マカフィー:一部アルトコイン価格「10倍増」宣言|BTC強気予想も維持

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す