日本暗号資産取引業協会「仮想通貨の上場前審査撤廃」を検討=ブルームバーグ報道

by BITTIMES

日本暗号資産取引業協会(JVCEA)が暗号資産取引所が新たに仮想通貨を取扱う際に行う事前審査の撤廃に向けた検討を始めたことが「ブルームバーグ」の報道で明らかになりました。JVCEAは上場前審査撤廃の適否について2022年内に結論を出すことを目指していると報告されています。

こちらから読む:GMOコイン、取引所サービスに5銘柄追加「国内ニュース」

上場前審査撤廃の適否、2022年内に結論

日本暗号資産取引業協会(JVCEA)が暗号資産取引所が新たに仮想通貨を取扱う際に行う事前審査の撤廃に向けた検討を始めたことが「ブルームバーグ」の報道で明らかになりました。

ブルームバーグが"事情に詳しい複数の関係者からの話"として報じた内容によると、JVCEAは新しい暗号資産の上場させる際の審査方法を「上場前に事前審査を行う体制」から「上場後にモニタリングを行う体制」に移行することを検討しているとのことで、上場前審査撤廃の適否について2022年内に結論を出すことを目指していると報告されています。

上場後に問題が発覚した場合には「取扱停止」などの措置をとることについても議論しているとのことですが、その一方で、企業が仮想通貨を発行して資金調達を行う新規仮想通貨公開(ICO)への適用は検討していないと報じられています。

事前審査撤廃後も「JVCEAへの届け出」は求める予定

日本の取引所における新規暗号資産取扱いでは、暗号資産交換業者の適正な業務や利用者保護を目的として「JVCEAが会員交換業者から新規上場前に届け出を受けて、自主的に適切性について確認を行う」という方法がとられていましたが、届け出から承認までに半年以上かかることも多かったため、会員からは不満の声が出ており、昨年以降から"審査の簡略化"に向けた取り組みが行われていました。

2022年3月には「3社以上の会員企業による取扱い」など一定の条件を満たした暗号資産は事前審査なしで上場可能とする『グリーンリスト制度』の導入が発表されていましたが、日本政府が7日に閣議決定した「新しい資本主義」の実行計画の中で"新規上場暗号資産の審査基準暖和"を行う方針が盛り込まれています。

なお、仮に事前審査が撤廃された場合でも「JVCEAへの届け出」は求められていく予定であるとのことで、『グリーンリストには6月1日時点で18種類の暗号資産が含まれているが、暗号資産の種類は数千以上に上る』とも報じられています。

ブルームバーグは今回の"事前審査撤廃の検討"について『JVCEAの広報担当からはコメントを得られなかった』と報じていますが、ある金融庁関係者は『骨太の方針などに審査基準の緩和という項目が盛り込まれており、JVCEAが具体的な対応策を検討していることは承知している』と述べた上で『JVCEAの方針を金融庁が承認するかどうかについては未定』だと話したとも報じられています。

日本の暗号資産取引所は海外取引所に比べると、取引可能な暗号資産の種類が圧倒的に少ないものの、新規上場暗号資産の事前審査が撤廃されれば、新しい仮想通貨の取り扱いがスムーズになり、国内で取引可能な暗号資産の種類も大幅に増えることになると期待されています。

>>「ブルームバーグ」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

LINE BITMAX:指定価格で売買注文を自動執行できる「予約注文機能」提供開始

LINE BITMAX:指定価格で売買注文を自動執行できる「予約注文機能」提供開始

「Facebookメッセンジャーが危ない!」モネロマイニングマルウェア「Digmine」

「Facebookメッセンジャーが危ない!」モネロマイニングマルウェア「Digmine」

BINANCE:人員整理で従業員の20%一時解雇か|レイオフの理由は?

BINANCE:人員整理で従業員の20%一時解雇か|レイオフの理由は?

Coinbase Pro「ポルカドット(DOT)」取扱いへ|24時間で14%価格上昇

Coinbase Pro「ポルカドット(DOT)」取扱いへ|24時間で14%価格上昇

Anique「オファー機能」提供開始|デジタルアート作品の売買が可能に

Anique「オファー機能」提供開始|デジタルアート作品の売買が可能に

Web3メタバース「XANA」XETAトークンのステーキングが可能に

Web3メタバース「XANA」XETAトークンのステーキングが可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

Oasys(OAS)ハードウェアウォレット「Ledger」で管理可能に

Oasys(OAS)ハードウェアウォレット「Ledger」で管理可能に

Coinbase:米SECに続いて「州規制当局」からも法的措置|証券法違反について説明要求

Coinbase:米SECに続いて「州規制当局」からも法的措置|証券法違反について説明要求

ビットポイント:PROJECT XENOの暗号資産「GXE」取扱いへ【国内初上場】

ビットポイント:PROJECT XENOの暗号資産「GXE」取扱いへ【国内初上場】

食事記録でASTR報酬を獲得できる、食のマッチングアプリ「Meal Match」公開

食事記録でASTR報酬を獲得できる、食のマッチングアプリ「Meal Match」公開

1万円相当のFNCTが当たる「購入キャンペーン第3弾」開始:コインチェック

1万円相当のFNCTが当たる「購入キャンペーン第3弾」開始:コインチェック

Tether社:アルゼンチンの中央市場で「USDT取引」を推進

Tether社:アルゼンチンの中央市場で「USDT取引」を推進

OKCoinJapan:TRXがもらえる「Tron SRノードキャンペーン第1弾」開始

OKCoinJapan:TRXがもらえる「Tron SRノードキャンペーン第1弾」開始

OpenSea Pro:ミームコイン「PEPE」を決済手段として採用

OpenSea Pro:ミームコイン「PEPE」を決済手段として採用

謎のウォレット「BlackRock Fund」に注目集まる|PEPE取引で3億円以上の利益

謎のウォレット「BlackRock Fund」に注目集まる|PEPE取引で3億円以上の利益

米証券取引委員会(SEC)BINANCEとCZ氏を提訴|バイナンス側からの反論も

米証券取引委員会(SEC)BINANCEとCZ氏を提訴|バイナンス側からの反論も

カルダノ創設者:ディープフェイク問題における「ブロックチェーンの有用性」語る

カルダノ創設者:ディープフェイク問題における「ブロックチェーンの有用性」語る

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年5月14日〜20日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年5月14日〜20日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

XDC Network(XDC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

XDC Network(XDC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

PROJECT XENO・GXEとは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所などを解説

PROJECT XENO・GXEとは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所などを解説

Uniswap(ユニスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

Uniswap(ユニスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

価格上昇で注目が集まるミームコイン「PEPE」とは?基本情報・特徴など

価格上昇で注目が集まるミームコイン「PEPE」とは?基本情報・特徴など

クリプトGPT(CryptoGPT/GPT)とは?基本情報・特徴などを解説

クリプトGPT(CryptoGPT/GPT)とは?基本情報・特徴などを解説

人気のタグから探す