デフレ型トークンが仮想通貨市場で好まれる理由「CETの買戻し&償却メカニズム」のケーススタディ

by BITTIMES   

仮想通貨市場では、ほとんどの暗号資産が同じような基礎技術を共有していますが「トークノミクス」と呼ばれる異なる経済モデルに基づいて設計されています。具体的には、供給量が時間とともに増加する暗号資産もあれば、供給量が一定であるものもあります。しかし、少数派ですが、供給量が減少し、デフレ的な形のものもあります。このようなトークンは『デフレ型暗号資産』と呼ばれます。

ビットコイン(BTC)のように供給が固定されている暗号資産は、一般的にデフォルトでデフレであることは周知の事実です。ビットコインコミュニティのほとんどのメンバーは、インフレが価値の喪失を意味することが多いため、インフレを拒否しています。例えば、政府が発行する現実世界の通貨は、その国の金融システム全体を支配していることが多くなっています。政府が中央銀行を通じて頻繁に通貨を大量に発行する一方で、低金利を設定し、外国債券を大量に購入していれば、その国は信用危機に陥りやすく、さらにひどい場合は経済恐慌に陥ることになります。

BTCの生みの親として知られる"サトシ・ナカモト"は、BTCのホワイトペーパーを発表する前に「政府が発行する現実の通貨がインフレに陥ること」に着目し、貴金属に似ているがデジタルで実現する代替価値貯蔵の開発を思い立ちました。ビットコインは、柔軟なマイニング難易度とマイニング報酬の仕組みにより、インフレを抑制しています。一方ビットコインのユニークなデザインは、その価値を高め続けています。なおビットコインは供給量が一定であるだけでなく、ブロック報酬が約4年ごとに半減するため、デフレ傾向にあります。

ビットコインのようなデフレ型暗号資産は、革新的なブロックチェーンアーキテクチャや最先端のコンセンサスメカニズムだけでなく、「デフレ型の長期価値貯蔵を現実世界からクリプト空間へ移行させる」という広範な実験も表しているのです。

通常、デフレ型暗号資産を持つことの特典は「総供給量と流通供給量が減少すると、その価値が高まり、より多くの仮想通貨ユーザーがその仮想通貨に注目し、投資するようになる」という事実にあります。

「供給量の一定割合を償却する・トークンの一部を買い戻す・トークンを買い戻して保有する」などの方法で、トークンをデフレにすることができます。最も一般的な方法は『手動でトークンを償却すること』です。例えば、世界的な暗号取引所であるCoinExのプラットフォーム型トークンである『CET』は、買い戻しと償却によってデフレになるトークンです。CETの価値協定によると、CoinExは取引手数料収入の50%で毎日CETを買い戻し、CETの総供給量が30億になるまで、月末に買い戻したCETをすべて償却します。次の段階では、取引所は取引手数料収入の20%をCETの買戻しと償却に充て、残りのCETが完全に償却されるまで継続します。

(画像:CoinEx)(画像:CoinEx)

CETの総供給量は100億枚でしたが、継続的な努力により、CoinExは約63億CETを買い戻し、償却させることに成功、現在の総供給量は約35億となっています(2022年5月19日時点の公式サイトのデータより)。より多くのトークンが買い戻され、償却されるにつれて、CET価格は2021年を通して成長しており、多くの暗号資産ユーザーの注目を集めました。CoinExがCETの買い戻しや償却を続けているため、このデフレトークンの流通供給量は下がり続け、エコシステム型トークンとしてのCETの価値も時間の経過とともに上昇するでしょう。

(画像:CoinEx)(画像:CoinEx)

一般的に、仮想通貨利用者はデフレ型トークンを好みます。長い目で見れば、デフレ型トークンの流通供給量が減り続けることで、その価値は上昇します。言い換えれば、所有者が保有するデフレ型トークンの純資産は上昇傾向にあると言えます。

>>「CoinEx」の公式サイトはこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

IOTA活用の分散型SNSフレームワーク「Society2」ウェブサイト公開

IOTA活用の分散型SNSフレームワーク「Society2」ウェブサイト公開

香港ビットコイン協会:路面電車などで「BTC広告」を大々的に掲載

香港ビットコイン協会:路面電車などで「BTC広告」を大々的に掲載

bitFlyer×Brave:仮想通貨BATがもらえる「タイアップキャンペーン第2弾」開始

bitFlyer×Brave:仮想通貨BATがもらえる「タイアップキャンペーン第2弾」開始

SQUARE ENIX「NFTコンテンツ拡大・独自トークン発行」などを計画

SQUARE ENIX「NFTコンテンツ拡大・独自トークン発行」などを計画

PLT Place「NFTの二次流通機能」提供へ|ロイヤリティ総額50%山分けキャンペーンも開催

PLT Place「NFTの二次流通機能」提供へ|ロイヤリティ総額50%山分けキャンペーンも開催

PoW版イーサリアム「ETHW」暗号資産取引所に続々と上場|ETHW・ETFの受取方法も

PoW版イーサリアム「ETHW」暗号資産取引所に続々と上場|ETHW・ETFの受取方法も

注目度の高い仮想通貨ニュース

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

LINE BITMAX:ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)取扱開始

LINE BITMAX:ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)取扱開始

NFTマーケットプレイス「tofuNFT」Chain Colosseum Phoenixと戦略的パートナーシップ

NFTマーケットプレイス「tofuNFT」Chain Colosseum Phoenixと戦略的パートナーシップ

ポルシェ「NFTコレクション展開・仮想世界への参入」を発表

ポルシェ「NFTコレクション展開・仮想世界への参入」を発表

スマホ向け協力・対戦アクションゲーム「GGGGG」ゲーム連動NFTをフリーミントで提供

スマホ向け協力・対戦アクションゲーム「GGGGG」ゲーム連動NFTをフリーミントで提供

カルダノ創設者「FTX破綻は分散化・準備金証明の絶対的な必要性を示すもの」

カルダノ創設者「FTX破綻は分散化・準備金証明の絶対的な必要性を示すもの」

イーロン・マスク氏とジャック・ドーシー氏「Twitterの匿名性」についてコメント

イーロン・マスク氏とジャック・ドーシー氏「Twitterの匿名性」についてコメント

ビットコインは苦戦、イーサリアムは徐々に回復、ビッグアイズコインはプレセールで992万ドル調達

ビットコインは苦戦、イーサリアムは徐々に回復、ビッグアイズコインはプレセールで992万ドル調達

SBI VCトレード「ADA・MATICの入出庫サービス」提供へ

SBI VCトレード「ADA・MATICの入出庫サービス」提供へ

トルコ金融犯罪調査委員会「FTX関連の資産差し押さえ」を発表

トルコ金融犯罪調査委員会「FTX関連の資産差し押さえ」を発表

エルサルバドル大統領「毎日1ビットコイン購入する」と宣言

エルサルバドル大統領「毎日1ビットコイン購入する」と宣言

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す