【国内初】暗号資産自動両替機「BTM」のサービス提供開始:株式会社ガイア

by BITTIMES   

暗号資産交換業者(近畿財務局長 第00004号)としての登録を完了している「株式会社ガイア」は2022年8月2日に、暗号資産自動両替機「BTM」のサービス提供を開始したことを発表しました。BTMは、暗号資産を日本円に両替してその場で出金できる「暗号資産自動両替機」となっており、現在はビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコインの4銘柄に対応しています。

こちらから読む:SBI VCトレード、新規5銘柄取扱いへ「国内ニュース」

国内初の暗号資産自動両替機「BTM」とは?

株式会社ガイアは2022年8月2日に、暗号資産自動両替機「BTM」のサービス提供を開始したことを発表しました。株式会社ガイアは大阪府大阪市に本社を構える企業であり、2021年6月18日に日本で暗号資産取引サービスを提供するために必要となる暗号資産交換業者(近畿財務局長 第00004号)としての登録を完了しています。

日本の暗号資産交換業者の多くは「暗号資産取引所」のサービスを提供していますが、株式会社ガイアは海外で複数展開されている仮想通貨ATMのように機能する暗号資産自動両替機「BTM」のサービスを提供します。

暗号資産4銘柄に対応

株式会社ガイアが展開「BTM」は暗号資産を日本円に両替してその場で出金できる「暗号資産自動両替機」となっており、サービス開始時点では以下の4銘柄に対応、1回あたり最大10万円まで出金することができると説明されています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)

1,000円単位で出金可能

BTMでは、両替希望金額を1,000円単位で、1回あたり10万円まで出金できます。1日あたりの上限は計30万円までとなっています。

徹底したセキュリティ

BTMは「利用者登録時の本人確認による審査・BTM利用時の二段階認証・カメラ画像のモニタリング」などによって、不正利用や犯罪利用を防止すると説明されています。

利用登録は無料・24時間いつでもウェブから申込

BTMの利用登録は無料で、24時間いつでもウェブから申込可能、実際に両替を行う場合には登録完了後に自宅に郵送された「利用者カード」を用いてBTMを操作して両替を行う仕組みとなっています。サービスに関連するその他の手数料については以下のように報告されています。

【暗号資産両替手数料】
払出希望円貨額の20%相当額

【区分管理預り暗号資産の返還をご希望された場合の暗号資産送付手数料】
BTC:0.0005BTC
ETH:0.005ETH
BCH:0.0001BCH
LTC:0.001LTC

【その他利用料金】
登録費:無料
アカウント維持費:無料
カード発行手数料:無料

両替取引までの流れ

BTMを用いた暗号資産両替までの流れについては以下のように説明されています。

  1. スマートフォン・パソコンからウェブで利用登録。登録完了後にガイアから登録者の自宅に利用者カードが郵送される。
  2. 自宅に届いた利用者カードを使ってBTMを操作。
  3. スマホでQRコードを読み取り、暗号資産を送付し、紙幣を受け取る。

取引には「プライベートウォレット」が必要

BTMを用いた取引には「取引所ウォレット」は利用できないため、必ず「プライベートウォレット」を利用する必要があります。両替取引の動作実証が確認されているウォレットとしては以下のようなウォレットが挙げられています。
bitpay(ビットペイ)
MetaMask(メタマスク)
・Trust Wallet(トラストウォレット)
・Copay(コーペイ)

BTMの設置場所は?

BTMの設置場所としては、記事執筆時点で「株式会社ガイア 大阪オフィス内(大阪府大阪市西区新町1-28-3 四ツ橋グランスクエア9F)」のみが挙げられており、大阪オフィス内のBTM営業時間は平日10:00〜17:00とされています。

BTMの詳細や設置場所などの情報は、株式会社ガイアの公式サイトで確認することができます。

>>「株式会社ガイアの公式発表」はこちら
>>「BTMの詳細」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Twitterで「イーサリアムの投げ銭」が可能に|ETHウォレットアドレスの設定方法

Twitterで「イーサリアムの投げ銭」が可能に|ETHウォレットアドレスの設定方法

ブロックチェーン活用した、初めての「不動産取引」に成功:スイス

ブロックチェーン活用した、初めての「不動産取引」に成功:スイス

暗号資産・金融アプリUphold「株式への少額投資機能」を追加

暗号資産・金融アプリUphold「株式への少額投資機能」を追加

金融庁・財務省主導の「仮想通貨版SWIFT」FATFの承認獲得|数年以内の稼働目指す

金融庁・財務省主導の「仮想通貨版SWIFT」FATFの承認獲得|数年以内の稼働目指す

金融庁:仮想通貨取引所の「コールドウォレット管理」社内規則の厳格化求める

金融庁:仮想通貨取引所の「コールドウォレット管理」社内規則の厳格化求める

中南米のeコマース大手「Mercado Libre」ビットコイン8.5億円相当を購入

中南米のeコマース大手「Mercado Libre」ビットコイン8.5億円相当を購入

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

新しい仮想通貨Dogecoin20がプレセールを開始、初日で25万ドルを調達して市場から大きな期待

新しい仮想通貨Dogecoin20がプレセールを開始、初日で25万ドルを調達して市場から大きな期待

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

DexHunter:カルダノ分散委任ツール「Atrium」と提携|独自のステーキングバスケット提供へ

DexHunter:カルダノ分散委任ツール「Atrium」と提携|独自のステーキングバスケット提供へ

ミームネータープレセールの資金調達額が685万ドルを突破、締め切り迫る

ミームネータープレセールの資金調達額が685万ドルを突破、締め切り迫る

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す