Symbol Wallet最新版「v1.0.11」リリース|アグボン詐欺対策などを導入

by BITTIMES

シンボル(Symbol/XYM)関連の暗号資産を保管することができるデスクトップ版ウォレット「Symbol Wallet」で、バグ修正や改善を加えた最新版ウォレットとなる「v1.0.11」が2022年8月19日にリリースされました。最新版ウォレットでは、XYMを不正送金される「アグリゲートボンデッド詐欺(アグボン詐欺)」への対策などが施されています。

こちらから読む:BNB Chain、詐欺警告機能搭載の"DappBay"公開「詐欺」関連ニュース

マルチシグトランザクション署名の設定項目などを追加

シンボル(Symbol/XYM)関連の暗号資産を保管することができるデスクトップ版ウォレット「Symbol Wallet」で、バグ修正や改善を加えた最新版ウォレットとなる「Symbol Wallet v1.0.11」が2022年8月19日にリリースされました。

Symbolには「アグリゲートボンデッド・トランザクション」という機能が備わっていますが、昨年頃からはこの機能を悪用してSymbol Wallet利用者のXYMを騙し取ろうとする「アグリゲートボンデッド詐欺(アグボン詐欺)」が増えていたため、Symbolコミュニティではアグボン詐欺に関する注意喚起が頻繁になされていました。

アグボン詐欺は「署名すると自分のXYMが詐欺師に送金される内容のトランザクション」が委任ハーベストの設定時などにユーザーに送られるものとなっているため、『取引署名の流れで内容を確認せずに署名したユーザーが詐欺師にXYMを盗まれる』といった問題が発生、日本国内のXYM保有者からも複数の被害報告が行われていました。

しかし今回新たにリリースされた最新版ウォレットでは「不明なアカウントからのマルチシグトランザクション(*1)への署名を許可/禁止する詳細設定項目」が追加されており、デフォルト設定では不明なアドレスからのマルチシグトランザクションへの署名が『許可しない』に設定されているため、最新版ウォレットへとアップグレードすることによってアグボン詐欺の被害者を減らすことができると期待されています。

(*1)マルチシグトランザクション:暗号資産のトランザクション署名に"複数の秘密鍵からの認証"が必要となる種類のトランザクションのこと。この機能を利用すれば「3人からの署名が集まればXYMが送金される」などといった高度な取引を実現することができる。

マルチシグ署名「許可/禁止」の設定方法

「不明なアカウントからのマルチシグトランザクションへの署名を許可/禁止する設定」は、Symbol Walletログイン後の画面右上にある「設定」から「詳細設定」の画面に進むことによって、いつでも自由に変更することが可能です。

マルチシグトランザクション署名の設定画面マルチシグトランザクション署名の設定画面

最新版ウォレットにアップデートしたからといって完全に詐欺被害を防げるわけではないため、今後も様々な詐欺行為に注意する必要がありますが、最新版ウォレットを利用して「不明なアカウントからのマルチシグトランザクションへの署名を"許可しない"」に設定しておけば、アグボン詐欺の被害に遭う可能性を下げることができると期待されるため、不安な方はウォレットのアップグレードを行っておくと良いでしょう。

その他のバグ修正・改善内容は以下のGithubページで確認することが可能で、最新版ウォレットも以下のGithubページからダウンロードすることができるようになっています(ダウンロードはGithubページ下部のリンクから可能。linux・mac・Windows版など複数のバージョンがあるため、自分のパソコンに合ったものを選んでください)。

>>「Symbol Wallet v1.0.11」はこちら

シンボル(XYM)の売買が可能な国内暗号資産取引所ビットバンクはこちら

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

海老養殖・生産業者:ブロックチェーンで「トレーサビリティ」向上へ

海老養殖・生産業者:ブロックチェーンで「トレーサビリティ」向上へ

ビットコインは「世界で9番目に価値ある通貨」マネタリーベースは韓国・ロシアと同等に

ビットコインは「世界で9番目に価値ある通貨」マネタリーベースは韓国・ロシアと同等に

MOBI:ブロックチェーン用いた車両識別標準規格第2弾「VID II」リリース

MOBI:ブロックチェーン用いた車両識別標準規格第2弾「VID II」リリース

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

ジャスミー×日本旅行「旅行産業のDXに向けた実証実験」の検討を開始

ジャスミー×日本旅行「旅行産業のDXに向けた実証実験」の検討を開始

SBI:シンガポール最大の暗号資産取引所「Coinhako(コインハコ)」に出資

SBI:シンガポール最大の暗号資産取引所「Coinhako(コインハコ)」に出資

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:2年連続で「バロンドール」の公式パートナーに

Chiliz&Socios:2年連続で「バロンドール」の公式パートナーに

Bitget:手数料ゼロの現物取引をグローバル展開

Bitget:手数料ゼロの現物取引をグローバル展開

エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領「2024年の大統領選」にも出馬へ

エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領「2024年の大統領選」にも出馬へ

ドバイの高級ホテル「Palazzo Versace Dubai」仮想通貨決済に対応

ドバイの高級ホテル「Palazzo Versace Dubai」仮想通貨決済に対応

GMOコイン:初回年率30%「貸暗号資産プレミアム」サービス提供開始

GMOコイン:初回年率30%「貸暗号資産プレミアム」サービス提供開始

PoW版イーサリアム「ETHW」暗号資産取引所に続々と上場|ETHW・ETFの受取方法も

PoW版イーサリアム「ETHW」暗号資産取引所に続々と上場|ETHW・ETFの受取方法も

スターバックス:Polygon・NFT活用の新サービス「Starbucks Odyssey」を発表

スターバックス:Polygon・NFT活用の新サービス「Starbucks Odyssey」を発表

コインチェック「Ethereum Name Service」取扱い記念キャンペーン開始

コインチェック「Ethereum Name Service」取扱い記念キャンペーン開始

GMOコイン:取引所(現物取引)専用の高機能ツール「WebTrader」提供へ

GMOコイン:取引所(現物取引)専用の高機能ツール「WebTrader」提供へ

LUNC復興に取り組む「Terra Rebels」ロードマップ公開|バーン活動も活発化

LUNC復興に取り組む「Terra Rebels」ロードマップ公開|バーン活動も活発化

ビットバンク:現金1,000円がもらえる「はじめてのご入金プログラム」開始

ビットバンク:現金1,000円がもらえる「はじめてのご入金プログラム」開始

PUMA:独自のメタバース「Black Station」公開|NFTスニーカーを展示

PUMA:独自のメタバース「Black Station」公開|NFTスニーカーを展示

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す