Symbol Wallet最新版「v1.0.11」リリース|アグボン詐欺対策などを導入

by BITTIMES   

シンボル(Symbol/XYM)関連の暗号資産を保管することができるデスクトップ版ウォレット「Symbol Wallet」で、バグ修正や改善を加えた最新版ウォレットとなる「v1.0.11」が2022年8月19日にリリースされました。最新版ウォレットでは、XYMを不正送金される「アグリゲートボンデッド詐欺(アグボン詐欺)」への対策などが施されています。

こちらから読む:BNB Chain、詐欺警告機能搭載の"DappBay"公開「詐欺」関連ニュース

マルチシグトランザクション署名の設定項目などを追加

シンボル(Symbol/XYM)関連の暗号資産を保管することができるデスクトップ版ウォレット「Symbol Wallet」で、バグ修正や改善を加えた最新版ウォレットとなる「Symbol Wallet v1.0.11」が2022年8月19日にリリースされました。

Symbolには「アグリゲートボンデッド・トランザクション」という機能が備わっていますが、昨年頃からはこの機能を悪用してSymbol Wallet利用者のXYMを騙し取ろうとする「アグリゲートボンデッド詐欺(アグボン詐欺)」が増えていたため、Symbolコミュニティではアグボン詐欺に関する注意喚起が頻繁になされていました。

アグボン詐欺は「署名すると自分のXYMが詐欺師に送金される内容のトランザクション」が委任ハーベストの設定時などにユーザーに送られるものとなっているため、『取引署名の流れで内容を確認せずに署名したユーザーが詐欺師にXYMを盗まれる』といった問題が発生、日本国内のXYM保有者からも複数の被害報告が行われていました。

しかし今回新たにリリースされた最新版ウォレットでは「不明なアカウントからのマルチシグトランザクション(*1)への署名を許可/禁止する詳細設定項目」が追加されており、デフォルト設定では不明なアドレスからのマルチシグトランザクションへの署名が『許可しない』に設定されているため、最新版ウォレットへとアップグレードすることによってアグボン詐欺の被害者を減らすことができると期待されています。

(*1)マルチシグトランザクション:暗号資産のトランザクション署名に"複数の秘密鍵からの認証"が必要となる種類のトランザクションのこと。この機能を利用すれば「3人からの署名が集まればXYMが送金される」などといった高度な取引を実現することができる。

マルチシグ署名「許可/禁止」の設定方法

「不明なアカウントからのマルチシグトランザクションへの署名を許可/禁止する設定」は、Symbol Walletログイン後の画面右上にある「設定」から「詳細設定」の画面に進むことによって、いつでも自由に変更することが可能です。

マルチシグトランザクション署名の設定画面マルチシグトランザクション署名の設定画面

最新版ウォレットにアップデートしたからといって完全に詐欺被害を防げるわけではないため、今後も様々な詐欺行為に注意する必要がありますが、最新版ウォレットを利用して「不明なアカウントからのマルチシグトランザクションへの署名を"許可しない"」に設定しておけば、アグボン詐欺の被害に遭う可能性を下げることができると期待されるため、不安な方はウォレットのアップグレードを行っておくと良いでしょう。

その他のバグ修正・改善内容は以下のGithubページで確認することが可能で、最新版ウォレットも以下のGithubページからダウンロードすることができるようになっています(ダウンロードはGithubページ下部のリンクから可能。linux・mac・Windows版など複数のバージョンがあるため、自分のパソコンに合ったものを選んでください)。

>>「Symbol Wallet v1.0.11」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨を送金して動物に「餌やり」オンラインで飼育できる環境を構築

仮想通貨を送金して動物に「餌やり」オンラインで飼育できる環境を構築

株式会社Ginco「暗号資産管理に関する特許取得」交換業のセキュリティと利便性を両立

株式会社Ginco「暗号資産管理に関する特許取得」交換業のセキュリティと利便性を両立

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

ブロックチェーンで「珈琲の製品情報」を共有|流通過程に透明性を:ウガンダ

ブロックチェーンで「珈琲の製品情報」を共有|流通過程に透明性を:ウガンダ

米大統領候補のVivek Ramaswamy氏「仮想通貨の寄付受け入れ」を発表

米大統領候補のVivek Ramaswamy氏「仮想通貨の寄付受け入れ」を発表

警視庁:仮想通貨ビットコイン要求する「脅迫メール」に注意喚起

警視庁:仮想通貨ビットコイン要求する「脅迫メール」に注意喚起

注目度の高い仮想通貨ニュース

モッピーポイント「SOL・ZPGなど仮想通貨4銘柄」と交換可能に

モッピーポイント「SOL・ZPGなど仮想通貨4銘柄」と交換可能に

世界初のSolana向けEVM互換L2「Solana VM」2024年にリリース予定|$SVMプレセールで100万ドル以上を調達

世界初のSolana向けEVM互換L2「Solana VM」2024年にリリース予定|$SVMプレセールで100万ドル以上を調達

DMMビットコイン:不正流出したBTCの全額保証に向け「550億円の資金調達」を実施【続報あり】

DMMビットコイン:不正流出したBTCの全額保証に向け「550億円の資金調達」を実施【続報あり】

GMOコイン:暗号資産FXで「ADA・DOGE・SOLなど新規6銘柄」サポートへ|キャンペーンも開催

GMOコイン:暗号資産FXで「ADA・DOGE・SOLなど新規6銘柄」サポートへ|キャンペーンも開催

フロキ(FLOKI)過去最高値更新|DWF Labsが「1,200万ドル相当の購入」を決定

フロキ(FLOKI)過去最高値更新|DWF Labsが「1,200万ドル相当の購入」を決定

IEO開催中のブリリアンクリプト「世界展開に向けた資本業務提携・パブリッシング契約」を発表

IEO開催中のブリリアンクリプト「世界展開に向けた資本業務提携・パブリッシング契約」を発表

Web3.0・ブロックチェーン技術の社会実装推進に向けて事業者募集:JISSUI

Web3.0・ブロックチェーン技術の社会実装推進に向けて事業者募集:JISSUI

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

Shibarium採用の「Web3版Shiba Eternity」2024年Q3にクローズドベータ版リリース予定

Shibarium採用の「Web3版Shiba Eternity」2024年Q3にクローズドベータ版リリース予定

プレセールで200万ドルの資金調達に成功した注目の新BRC-20トークン99Bitcoins

プレセールで200万ドルの資金調達に成功した注目の新BRC-20トークン99Bitcoins

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

CoinGecko「顧客データ漏洩」で注意喚起|エアドロップ・フィッシング詐欺などに要注意

CoinGecko「顧客データ漏洩」で注意喚起|エアドロップ・フィッシング詐欺などに要注意

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す