ETH Mergeに関する重要な要素

by BITTIMES

8月12日、イーサリアム創設者のVitalik氏が「ターミナルの合計難易度が58750000000000000に設定された。正確な日付はハッシュレート次第だが、マージは9月15日頃に行われるとBordel.wtfは予測している」とツイートしました。 何度か延期されているMergeは、Ethereumのエコシステム全体にとって大きな転機となるものです。

Mergeでは、現在のEthereumメインネット(既存の実行層)とBeacon Chainが統合され、そのコンセンサスメカニズムはProof-of-work(PoW)からProof-of-stake(PoS)へ移行します。ただしMergeは始まりに過ぎず、この後「the Surge」「the Verge」「the Purge」「the Splurge」等と続く予定です。

CoinEx-PR-20220826-001

何がMergeに至ったのか?

PoWは常にエネルギー消費が激しいと批判されており、Ethereumが暗号市場のスーパーエコシステムになるには、この足かせから脱却する必要があります。そのため、ネットワークはPoSへの移行を決定しており、これによりエネルギー消費量は約99.95%削減されるでしょう。

第二に、PoWの下では、Ethereumはネットワークの相互作用の要求を迅速に処理することができませんでした。当初、Ethereum2.0はメインネットを64のシャードに分割することでネットワークの拡張を目指す計画でした。しかし、シャーディングの複雑さに悩んだEthereumチームは、ネットワークのTPSを改善するために、ロールアップソリューションによるデータシャーディングを完成させることを選択しました。

コンセンサスのセキュリティも懸念事項の一つです。PoWの下では、マイナーはいつでもマイニングを中止し、ネットワークから離れることができます。また、マイニングプールはEthereumの計算能力を一元化しており、ネットワーク全体への脅威となっています。PoSに移行すると、ノードがEthereumに対して悪意のある攻撃を仕掛けた場合、ネットワークがその資産を没収することになり、すべての攻撃者が負担しなければならないコストが発生します。

さらにEthereumは、まもなくメインネットに統合されるビーコンチェーンに「バリデータ委員会」を導入しました。このランダムに選ばれた委員会は投票に基づく「認証」によって、ビーコンチェーンの状態を簡単に確認することができます。それとは別に、バリデーターは定期的に変更されるため、イーサリアムのネットワークコンセンサスの安全性を高めることができます。

Mergeに関する基本的な事項

イーサリアムのノードには、ブロック生産型のノードとそうでないノードの2種類が存在します。ブロック生産型ノードのみ、Mergeの前でも後でも「32ETHのステーク」が必要となり、それ以外は不要となります。

なぜノードは32ETHをステークしなければならないのでしょうか?32は2の5乗です。ノードのメッセージングは指数関数的なので、ETHバリデーターの要件を32から16に下げると、すべてのノードでメッセージングの量が4倍になります。32は、768秒(2エポック)以内に「ファイナリティ」を生み出すこともできるETHステークスの最小量として選ばれています。とはいえ、32は永久的なものではなく、将来のアップグレードで変更される可能性があります。

CoinEx-PR-20220826-002

Ethereumは、入出金キューを設定し、入出金のスピードを制限しています。これにより、アプリケーション層の急激な変動がネットワークのセキュリティ性能を低下させないようにしています。そのため、イーサリアムのステイカーによる引き出しは、Mergeの6~12カ月後(あるいはそれ以上)に解除されると予想されています。

Mergeはどのような変化をもたらすのでしょうか?

Mergeにより、ETHの年間インフレ率は4.3%から0.43%に低下します。PoSにより、ETHの発行は90%以上削減され、市場のETHの需要が変わらなければ、強気なニュースとして捉えられるでしょう。

CoinEx-PR-20220826-003

Merge後にETHの発行が減り、同時にバーン割合がスケールアップするので、デフレが起こるでしょう。EthereumのGAS手数料が7gwei以上になると、ETHの発行率よりもバーンされる割合が高くなり、ETHの供給量が減少します。ここで注意すべきは、このようなGAS手数料(7gwei)は、強気相場でも弱気相場でも稀であることです。

Merge後、Ethereumのブロックタイムは平均13.6秒から12秒になり、これは取引容量が12%増加し、したがってGASコストも12%削減されることを意味します。

一方、Merge後のEthereumの消費電力は99.95%減少します。PoSを有効にした場合、Ethereumのエネルギーコストはノードの稼働に必要なものと同じになり、年間約2.6MWhになります。

Mergeによる影響は?

マイナーにとって、Mergeは大きな打撃となるでしょう。EthereumのPoWからPoSへの移行は、エコシステム全体にとって短所よりも長所の方が多いと言えますが、ETHのマイナーは次の行き先を探すのに苦労することになります。1つの選択肢は、他のPoWベースの暗号資産に切り替えることです。しかし他のチェーンでの平凡なリターンや、電気代や維持費などのコストを考えると、利益を上げることは難しいでしょう。もう一つの方法は、今すぐGPUマイニングマシンを売却し、時間的に損失を食い止めることです。最後に、マイナーは、このところ激しい議論が巻き起こっている「Ethereumフォーク」を利用するという手もあります。

フォークに関しては、プロトコルのエコシステム開発におけるステーブルコインの重要性に鑑み、USDTやUSDCなどの中央管理型ステーブルコインが「将来的かつ議論を呼ぶハードフォークのゲームチェンジャー」になるかもしれないとVitalik氏は述べています。次に、このフォークの可能性に対して、市場がどのように反応したかを確認してみましょう。

支持派:

8月4日、TRONベースの暗号資産取引所であるPoloniexは、ETH 2.0アップグレードと潜在的フォークをサポートし、8月8日に2つの潜在的フォークETHトークン(先物)と、それに対応する市場を立ち上げると発表しました。

MEXCは8月8日、ETHS/USDTとETHW/USDTの取引ペアを発表しました。ハードフォークが失敗した場合、取引所のユーザーはETHSとETHWトークンを1:1の割合でETHに交換する必要があります。

Gate.ioは8月9日、ETHSとETHWのETHスワップ機能を開始しました。スワップページでは、ユーザーはETHを1:1の比率で2つのフォーク候補トークン(ETHSとETHW)に変換したり、同じ比率でETHにスワップすることができます。

8月9日、BitMEXはUSDTマージン(ERC-20)のETHPoW先物取引を開始し、最大2倍のレバレッジでETHPOWZ22先物取引がテストネットで稼動したと報じられています。

8月10日、APENFTはETH2.0アップグレードとハードフォークの可能性を支持すると発表しました。NFTプラットフォームであるAPENFT Marketplaceは、ETHフォーク後の新チェーンでのNFT取引をサポートする予定です。さらに、同プラットフォームはフォークに賛成するすべてのNFTプロジェクトを歓迎します。

中立派:

8月8日、Ethereum第2位のマイニングプールであるf2poolは、「Ethereumのマイナーは、エコシステムの知られざるヒーローです。フォークをサポートするかどうかはもう問題ではなく、マイナーのコミュニティに決めてもらう」と述べました。

8月9日、暗号デリバティブ取引所のDeribitは、Mergeとフォークの可能性に関する方針を発表し、フォークされたトークンの価値がETH PoSの0.25%を超え、新しいチェーンが安定し正常に機能していれば、ユーザーにこの(これらの)フォークしたトークンを付与すると述べました。

8月10日、Binanceは発表で、2022年第3四半期/第4四半期に行われる予定の「Merge」を注意深く監視しており、その事件によって特定のフォークされたトークンが生まれるかもしれない、と述べました。

8月11日、OKXは"ハードフォークと新たなフォークトークンが発生した場合、OKXはフォークトークンのエアドロップと出金をサポートする"と発表しました。

8月12日、BitKeep(Web3マルチチェーンウォレット)のCEOであるKevin Como氏は、ウォレットがフォークされたチェーンをサポートするかどうかを決める前に、ユーザーに相談すると述べました。

反対派:

8月9日、USDC発行元のCircleは、ネットワークがMergeを経てから、Ethereum PoSチェーンをサポートすることを表明しました。

8月9日、ETC Cooperativeはオープンレターで、EthereumのPoWフォークが機能しないか、あるいは割るのが困難なものになると考える理由を説明しました。

8月8日、スマートコントラクトウォレットArgentは、フォークのサポートをする予定はないと公式に表明しました。

8月8日、オラクルプロトコルのChainlinkは、PoWフォークを含むイーサリアムネットワークのフォークをサポートしないと公式サイトで述べました。

8月9日、ワンストップDeFiウォレットのDeBankは、DeBankとその全製品が、フォークされる可能性のあるチェーンに対するサービスを一切サポートしないと発表しました。

8月9日、FTXは、同社のイーサリアム先物および無期限契約は、PoSイーサーの価格を追跡すると表明しました。

8月9日、Aaveコミュニティは「新提案:統合されたPoSチェーンのみ」を打ち出した。

8月9日、NFTScanはEthereumネットワークのPoWフォークをサポートしないことを発表しました。

さらに、TRONの創設者Justin Sun氏、Hongcai Guo氏(通称Baoerye)、aWSBコミュニティ、33 Foundationは、初のグローバルEthereum PoWハッカソンをキックオフし、フォーク成功後のエコシステムの成長に備えることにしています。

フォーク論争に対し、Vitalik Buterin氏は韓国ブロックチェーンウィークの非公開記者会見で、PoWを維持するためにEthereumのハードフォークを主張する人々を「手っ取り早く儲けようとしているだけ」と評しました。

フォークの意義

そもそもこのフォークが実現した場合、ブロックチェーンが永久に分割されるハードフォークになることを明確にしておく必要があります。ブロックチェーンシステムを大幅にアップグレードした後、Ethereumはそのようなアップグレードの前に同一のブロックを持つ2つのチェーンに分割されることになります。

とはいえEthereumは以前、The DAOに対する5000万ETHのハッキング事件で、ハードフォークを経験しています。この事件の後、Ethereumの創設者であるVitalik Buterin氏は、イーサリアムの損失を回復するためにブロックチェーンをロールバックするハードフォークを開始することを決定しました。その後、一部のユーザーがハッキングされたチェーンに固執し、アップグレードを拒否したため、イーサリアムはイーサリアムクラシック(ETC)とイーサリアム(ETH)に分割されることになりました。

このハードフォークが成功した場合、ネットワーク全体が一つの問題に直面することになります。2つのチェーンは同じ歴史を共有しているため、資産(USDT、USDCなど)やプロトコル(MakerDAO、AAVEなど)も分岐してしまい、フォークしたチェーンがこうした問題に対するまともな解決策を提供できなければハードフォークは無意味なものになってしまうのです。

また、フォークをサポートするプロジェクトの数が多いため、エコシステムを完全に再現することができず、フォーク後のイーサリアムはネットワークが分断される結果となります。そのため、Ethereumは今後の成長において大きな課題にも直面することになります。

フォークしたチェーンが完全にマイナーのためのものであれば、流動性はおろか需要もないため、その存在は価値をゼロにし、エコシステム全体が分断されてしまうでしょう。

Mergeとフォークの可能性によってもたらされる機会

まず、Mergeがもたらす機会に注目しましょう。個人投資家にとって、流動性ステーキングはリド(LDO)、ロケットプール(RPL)、ステイクワイズ(SWISE)などのプラットフォームで利用できる簡単でリスクの少ない投資チャネルを意味します。

CoinEx-PR-20220826-004

DeFi投資は、もう一つの大きな機会を構成しています。ETHのステーキングとハードフォークの可能性を考慮すると、ETHの需要は高まり、関連するDeFiプラットフォームがETHの貸し手に提供する預金金利も上昇するでしょう。もちろん、このような預け入れにはリスクが伴います。ETHを借りる需要が急増すると、借り手が返済する前に貸し手がすべての資産を引き出せなくなったり、ETHを預けるユーザーが増えたりする可能性があるからです。

次に、フォークがもたらす可能性のある機会に目を向けます。この点でリスクが少ない戦術は、オンラインエアドロップで利益を得ることです。つまり、投資家は保有するETHをすべてイーサリアムのメインネットに移すか、他の暗号資産を担保にETHを借り、借りたものをメインネットに移してフォーク後のエアドロップを待てばよいのです。

また、取引所で裁定利益を得ることもできるでしょう。現時点では、一部のプラットフォームでETHS/ETHやETHW/ETHの取引ペアがすでに導入されています。為替レートの合計が1を超えたら、ETHを購入し、それに比例してETHSとETHWにスワップし、保有するETHをすぐに売却して裁定利益を得ることも可能です。その際、ETHS/ETHの為替レートを把握しておく必要があります。レートが1より下がればETHSを買い、1:1の割合で保有するETHSをETHに変換し、スプレッドで利益を得ることも可能です。しかし現時点でのペアの取引量は、そのような裁定戦術を可能にするものではありません。

一方、一部の暗号ユーザーは、よりリスクが高く、より複雑な戦略を提案しました。フォーク前にWETHをメインネットにスワップバックし、フォーク後に価値がゼロになるかもしれないコインを担保にしてETHを借り、借りたETHをメインネットに出金するというものです。もちろん、この戦略を採用した場合、フォークの初期段階では金利の高騰に直面することになるかもしれません。また、「フォーク後にゼロになったETHコイン」を特徴とするAMMプールから資金を引き出して、インパーマネントロスを避けることもできます。

もちろん、フォークが成功した場合、予測できない多くの問題が発生する可能性があります。また、上記のような収益経路にも多くのリスクが潜んでいる可能性があります。そのため、投資を行う前に、警戒を怠らず、資産の安全を確保するようにしましょう。

おわりに

MergeはEthereumの進化における大きなマイルストーンであり、技術設計と経済モデルの両方において大きな進歩をもたらすでしょう。ハードフォークはブロックチェーンの原則と一致しないと主張する人もいるかもしれませんが、それは間違いです。このハードフォークの可能性を生み出したのはブロックチェーン分野であり、成功するか失敗するかは市場のみが最終的に判断します。

とはいえ、どちらの陣営につくにせよ、投資を行う前に必ずリスクを考慮するようにしてください。

免責事項:この記事は投資に関するアドバイスを提供するものではなく、ここに記載されているすべての統計は参考のためのものです。また、本記事に記載されている統計情報は、あくまでも参考情報であり、投資判断とすることはできません。


免責事項:この記事は寄稿された記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に投資・商品の購入を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資・購入に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産決済「オーストリアの2,500店舗以上」に導入へ:A1×Salamantex

暗号資産決済「オーストリアの2,500店舗以上」に導入へ:A1×Salamantex

ビットコイン価格、過去最高値更新で「500万円まで急騰」の可能性:著名トレーダー予想

ビットコイン価格、過去最高値更新で「500万円まで急騰」の可能性:著名トレーダー予想

BitgetがP2P加盟店を募集、加盟すると150USDTをプレゼント

BitgetがP2P加盟店を募集、加盟すると150USDTをプレゼント

MicroStrategy「471億円相当のビットコイン」を追加購入|保有量は12万BTC以上に

MicroStrategy「471億円相当のビットコイン」を追加購入|保有量は12万BTC以上に

ビットコイン採掘の難易度調整「+8.45%」で完了|半減期前後の動きにも注目

ビットコイン採掘の難易度調整「+8.45%」で完了|半減期前後の動きにも注目

EMJAC:ブロックチェーン活用した「次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー」

EMJAC:ブロックチェーン活用した「次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー」

注目度の高い仮想通貨ニュース

Play to Earn型ブロックチェーンゲーム「ELF Masters」正式リリース:HashPalette

Play to Earn型ブロックチェーンゲーム「ELF Masters」正式リリース:HashPalette

Big Eyes(BIG)、SHIB・WAVES保有者を引き付け「最大の仮想通貨コミュニティ」を構築する可能性

Big Eyes(BIG)、SHIB・WAVES保有者を引き付け「最大の仮想通貨コミュニティ」を構築する可能性

PoW版イーサリアム「ETHW」暗号資産取引所に続々と上場|ETHW・ETFの受取方法も

PoW版イーサリアム「ETHW」暗号資産取引所に続々と上場|ETHW・ETFの受取方法も

ビットポイント「IOSTのステーキングサービス」提供へ

ビットポイント「IOSTのステーキングサービス」提供へ

日本政府:暗号資産の犯罪利用防止に向け「顧客情報の共有」義務化へ

日本政府:暗号資産の犯罪利用防止に向け「顧客情報の共有」義務化へ

DEPも獲得できるNFTサッカーシミュレーションゲーム「GOAL SEEKERS」開発開始:DEA社

DEPも獲得できるNFTサッカーシミュレーションゲーム「GOAL SEEKERS」開発開始:DEA社

ZARA:メタバースコレクション「Y2K クリーチャーズ」をローンチ

ZARA:メタバースコレクション「Y2K クリーチャーズ」をローンチ

コインチェック「Ethereum Name Service」取扱い記念キャンペーン開始

コインチェック「Ethereum Name Service」取扱い記念キャンペーン開始

不動産セキュリティトークンの公募・発行で協業:三井物産デジタル・アセットマネジメントなど4社

不動産セキュリティトークンの公募・発行で協業:三井物産デジタル・アセットマネジメントなど4社

Google:検索エンジンに「イーサリアム:The Mergeのカウントダウン機能」追加

Google:検索エンジンに「イーサリアム:The Mergeのカウントダウン機能」追加

イーサリアム上の「JPYC v2」発行開始|公式サイトでv1から交換可能に

イーサリアム上の「JPYC v2」発行開始|公式サイトでv1から交換可能に

Terra(LUNA)共同創設者「逃亡などしていない」と主張

Terra(LUNA)共同創設者「逃亡などしていない」と主張

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す