浮動島の建設を目指す仮想通貨プロジェクト|Varyon(VAR)

by BITTIMES   

フランス領のポリネシアで、学者、投資家、慈善団体のグループが人工島に300軒の家を建設する資金を手に入れるための仮想通貨プロジェクトを開始しています。政府規制の外で活動するオフショア住宅の開発を目指すこのプロジェクトは、Blue Frontiers(ブルー・フロンティアーズ)と呼ばれる会社によってイニシャル・コイン・オファリング(ICO)が行われています。

Blue Frontiersの浮動島プロジェクト

Blue21でオランダの技師が開発した2021年の「シーステッド」コンセプトBlue21でオランダの技師が開発した2021年の「シーステッド」コンセプト(blue-frontiers.comから)

この『浮遊島プロジェクト』は、海に浮かぶ数百の新しい国を開発するという長期的な目標を持っています。

このプロジェクトは『Seasteading Institute』というグループが支えています。彼らは海洋生物学者、航海技術者、水産養殖農家、海事弁護士、医療研究者、警備員、投資家、環境保護主義者などからなり、同じ自由主義理念を共有しています。

Blue Frontiersは、Seasteading Instituteと提携して、Blue Frontiersの生態系、その他の生態系、およびトークン所有者間の商品やサービスの交換のための汎用支払いトークンとしてVaryon(VAR)を開発しました。

Varyon (VAR) は、Blue Frontiers(ブルー・フロンティアーズ)のエコシステム、その他エコシステムにおける商品やサービスの購入ならびにトークン保有者間の交換を目的とした、多用途決済トークンです。Blue Frontiersでは、トークンの売却収益を使った自社のエコシステム拡大ならびにシーゾーンやシーステッドの創造を計画しており、自社の商品およびサービスに関しては、Varyon (VAR) での決済のみを受け付けます。
(blue-frontiers.comから)

Seasteading Institute

Blue21でオランダの技師が開発した中期将来の「シーステッド」コンセプトBlue21でオランダの技師が開発した中期将来の「シーステッド」コンセプト(blue-frontiers.comから)

Seasteading Instituteは、PayPal(ペイパル)の創業であるPeter Thiel(ピーター・ティール)氏と、アメリカの自由主義的行動主義者で政治経済学者家であるPatri Friedman(パトリ・フリードマン)氏によって設立されました。

ブルーフロンティアとSeasteading Instituteのフローティングアイランドプロジェクトの政治学者であるNathalie Mezza-Garcia(ナタリー・メッツア・ガルシア)氏は、CNBCに対して気候変動による移住問題を解決する自由の観点から、最も深刻な方法でこのプロジェクトが人類にどのような影響を与えるかを語っています。

「この島の仕組みがわかると、アイランドが気候難民を収容する計画を立てるための概念証明が得られる」

「このプロジェクトはポリネシア諸島で試行されることが重要です。これは陸地がサンゴに乗っていて、海面が上昇すると消えていく地域である」

2022年に完成予定

試験的な島の建設には、最高5千万ドル(約11億円)の費用がかかると予想されており、2022年に完成する予定となっています。

このプロジェクトは自由の女神主義であり、特定の政府からの自由が、個人だけでなく企業にとっても当初からの主な目標です。ガルシア氏は、その観点から国の島々を建設することの長所について次のように説明しています。

「特定の政府の下で生活したくなければ、人々は家を持ち帰って別の島に浮かぶことができるだろう。これは、地政学的影響の変動、貿易問題、為替相場の変動以外の安定性があることを意味し、完璧なインキュベーターだ」

新しい世界のためのICO

ブルー・フロンティアーズ(Blue Frontiers)は現在、事前販売でトークンの7〜8%を販売しており、6月に公開販売が開始されるとのことです。

トークンの45%から72%は、公募でどのくらい購入されたかに応じてフランス領ポリネシアの海岸沿いのコミュニティの構築に当てられます。一般市民はトークンの28%を購入することができます。

(引用:blue-frontiers.com/newsbtc.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

石油・ガスの生産情報をブロックチェーン管理|アブダビ国営会社とIBMがテストに成功

石油・ガスの生産情報をブロックチェーン管理|アブダビ国営会社とIBMがテストに成功

ビットコインスキル有するフリーランサー「時給20,000円」超え=UpWork調査

ビットコインスキル有するフリーランサー「時給20,000円」超え=UpWork調査

BitTorrent:TRON(TRX)活用したライブストリーミングアプリ「BLive」のテスト開始へ

BitTorrent:TRON(TRX)活用したライブストリーミングアプリ「BLive」のテスト開始へ

女子バスケットボール選手会:ブロックチェーン企業「SportsCastr」と提携

女子バスケットボール選手会:ブロックチェーン企業「SportsCastr」と提携

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

仮想通貨で「再生医療の未来」を切り開く|SCC決済可能の医療機関が東京・大阪にオープン

仮想通貨で「再生医療の未来」を切り開く|SCC決済可能の医療機関が東京・大阪にオープン

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月8日〜14日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月8日〜14日

Universal Robots「UR5ロボット」のアプリケーション

Universal Robots「UR5ロボット」のアプリケーション

DMMビットコイン:新規登録で「1,000円がもらえる」口座開設キャンペーン開催

DMMビットコイン:新規登録で「1,000円がもらえる」口座開設キャンペーン開催

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨テストに向けた「スケジュール」を公開

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨テストに向けた「スケジュール」を公開

イタリア赤十字社:ビットコインで「新型コロナウイルス」の寄付金募る

イタリア赤十字社:ビットコインで「新型コロナウイルス」の寄付金募る

仮想通貨「Atari Token」の先行販売を開始:ゲーム開発企業アタリ

仮想通貨「Atari Token」の先行販売を開始:ゲーム開発企業アタリ

ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足|金融庁・開発者などが集結

ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足|金融庁・開発者などが集結

Cardano財団:元研究パートナーとの「訴訟問題」に直面

Cardano財団:元研究パートナーとの「訴訟問題」に直面

bitFlyer:新規口座開設完了で「1,000円がもらえる」キャンペーン開催

bitFlyer:新規口座開設完了で「1,000円がもらえる」キャンペーン開催

バイナンス:韓国向けの仮想通貨取引所「Binance KR」公開へ

バイナンス:韓国向けの仮想通貨取引所「Binance KR」公開へ

Braveブラウザ上で「仮想通貨の直接購入」が可能に|BINANCEウィジット追加へ

Braveブラウザ上で「仮想通貨の直接購入」が可能に|BINANCEウィジット追加へ

日本仮想通貨交換業協会:自主規制規則の改正・制定に伴い「一般の意見」を募集

日本仮想通貨交換業協会:自主規制規則の改正・制定に伴い「一般の意見」を募集

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す