アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

by BITTIMES

アプトス(Aptos/APT)に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・リアルタイム価格チャート・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

こちらから読む:アプトス関連の記事を新着順で「Aptos/APT」関連ニュース

アプトス(Aptos/APT)とは?

Aptos-APT-Logo

アプトス(Aptos/APT)とは、拡張性・安全性・信頼性・アップグレード可能性を主要な原則として設計されたレイヤー1ブロックチェーン・暗号資産です。Aptosはブロックチェーンやプロジェクトの名称で、Aptosの暗号資産は「APT」というティッカーシンボルで取引されています。

世界中の350人以上の開発者によって開発されてきたAptosブロックチェーンは3年間にわたる開発期間を経て2022年10月18日にメインネットをローンチ、Meta(旧:Facebook)の元社員であるMohammad Shaikh氏(Aptos共同創設者兼CEO)やAvery Ching氏(Aptos共同創設者兼CTO)などが開発に携わっていることから『元Metaの開発者が作った注目の暗号通貨・ブロックチェーン』としても注目を集めています。

Aptosでは、Meta社が開発を行なっていた「Diem(旧:Libra)」で開発されていたプログラミング言語である「Move」が採用されており、メインネットローンチ時点では合計3.5億ドル以上の資金調達を成功させていたため、今後の成長・発展などには注目が集まっています。

アプトス(Aptos/APT)の特徴

Blockchain-Catch

アプトス(Aptos/APT)の特徴としては以下のような点が挙げられます。

Move言語を採用したレイヤー1ブロックチェーン

アプトス(Aptos/APT)は、2022年1月末に開発終了が発表されたMeta社の暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト「Diem(旧:Libra)」のために設計されたスマートコントラクト向けプログラミング言語である「Move言語」を用いたレイヤー1ブロックチェーンとなっています。

Move言語は安全性とセキュリティを最優先に設計されており、「アカウントが持つ資産・リソースを不正にコピーできないようにする」「リソースの使用を所有者に限定する」といった機能を言語レベルで提供しています。なお、Diem自体がRust言語で作られていることもあり、Move言語もRustの文法に似ています。

世界的に大きな注目を集めていたDiemで採用されていたMove言語は、以前からブロックチェーン開発者などに注目されており、ネット上にも様々な解説記事が掲載されているため、Move言語を採用しているAptosも多くの開発者を集めることができると期待されています。

高速かつ低コストな取引環境

アプトス(Aptos/APT)は、高速かつ低コストな取引環境を実現できるように設計されており、分散型自律組織(DAO)分散型金融(DeFi)NFTなどでの利用を通じてWeb3(分散型ウェブ)の本拠地となることを目指しています。

ブロックチェーン・暗号資産の技術活用を拡大させるためには「多くの人々が迅速かつ安い手数料で取引を行える環境」が必要となりますが、代表的なブロックチェーンが1秒間に処理できるトランザクション数が数件〜数万件であると言われるのに対して、Aptosは1秒間に13万〜16万件のトランザクションを処理できるとも報告されています。

Block-STM技術

アプトス(Aptos/APT)は、トランザクションの実行とコンセンサスを切り離す並列実行エンジン「Block-STM」を用いて複数のトランザクションを一度に処理し、スマートコントラクトを効率的に処理します。これにより、トランザクションが1度失敗してもチェーン全体が停止することはないため、取引処理が大幅に高速化されます。

また、Aptosはチェーン上の個々の状態を分析して、必要に応じてバリデーターを自動更新するByzantine fault tolerant(BFT)エンジンを開発して精度を確保しています。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用

アプトス(Aptos/APT)は、次世代型の高性能ブロックチェーンで広く採用されている取引承認・合意形成方法である「プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)」の仕組みを採用しています。

そのため、APT保有者はステーキングを通じたネットワークへの貢献によってステーキング報酬を受け取ることが可能で、ステーキングによる初期の年利(APY)は約7%、その後は下限値3.25%まで毎年1.5%ずつ減少すると報告されています。

元Meta社員が率いる「Aptos Labs」

アプトス(Aptos/APT)の開発元は「Aptos Labs」と呼ばれるチームです。Aptos LabsはMeta社の元社員であるMohammad Shaikh氏(Aptos共同創設者兼CEO)とAvery Ching氏(Aptos共同創設者兼CTO)によって共同設立されており、開発者・エンジニア・ストラテジストからなる多様なチームによって構成されています。

Shaikh氏とChing氏は、MetaのDiemプロジェクトで一緒に働いていた時に出会ったと報告されています。Shaikh氏は製品のスケーリングを専門としており、プライベートエクイティ・ベンチャーキャピタル市場での経験を有しています。Ching氏はMetaの主任ソフトウェアエンジニアの1人であり、過去に多くの刺激的で革新的な開発プロジェクトを率いてきました。両者はMeta社が"Diem中止"を決定した際に"Aptos Labsの立ち上げ"を決めたと伝えられています。

Aptos Labsは『すべての人のためのレイヤー1を構築する』をモットーとして、可能な限り安全で信頼性の高いネットワークを構築することに専念しています。

アプトス(Aptos/APT)の基本情報

プロジェクト・ブロックチェーン名称アプトス(Aptos)
トークン名称Aptos(APT)
ティッカーシンボルAPT
最大供給量-
開発元Aptos Labs
メインネット公開時期2022年10月18日

アプトス(Aptos/APT)の価格・チャート

アプトス(Aptos/APT)を取扱う暗号資産取引所

アプトス(Aptos/APT)は記事執筆時点で日本国内の暗号資産取引所には上場していません。APTの取引が可能な海外の主要取引所としては以下のような取引所が挙げられます(2022年10月時点)。

【海外の暗号資産取引所】
BINANCE(バイナンス)
Coinbase(コインベース)
FTX(エフティーエックス)
Bybit(バイビット)
Huobi Global(フォビグローバル)
Bitrue(ビットゥルー)

>>「BINANCE」の公式サイトはこちら
>>「Bybit」の公式サイトはこちら

アプトス(Aptos/APT)対応ウォレット

アプトス(Aptos/APT)関連の暗号資産を保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
Petra Wallet(ペトラウォレット)
Trezor(トレザー)

アプトス(Aptos/APT)関連リンク

Aptos Labs公式サイト
Aptos Labs公式ブログ
Aptos Labs公式Twitter
Aptos Labs公式Medium
Aptos Labs公式Linkedin
Aptos LabsのDiscordコミュニティ
ホワイトペーパー
ソースコード(GitHub)
エクスプローラー①(Aptos Explorer)
エクスプローラー②(AptoScan)

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コカ・コーラ・アマティル:仮想通貨決済サービスの「Centrapay」に投資

コカ・コーラ・アマティル:仮想通貨決済サービスの「Centrapay」に投資

【速報】コインチェック「ベーシックアテンショントークン(BAT)」取扱いへ

【速報】コインチェック「ベーシックアテンショントークン(BAT)」取扱いへ

LINE Pay:暗号資産決済サービス「LINK支払い」提供へ|一部加盟店で試験導入

LINE Pay:暗号資産決済サービス「LINK支払い」提供へ|一部加盟店で試験導入

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

【Chiliz&Socios】スウェーデンのeスポーツ団体「Alliance(アライアンス)」と提携

【Chiliz&Socios】スウェーデンのeスポーツ団体「Alliance(アライアンス)」と提携

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

注目度の高い仮想通貨ニュース

FUELHASH:最大年利10%「クリプトレンディング」提供へ|暗号資産5銘柄に対応

FUELHASH:最大年利10%「クリプトレンディング」提供へ|暗号資産5銘柄に対応

Trust Wallet:デスクトップ向けの「ブラウザ拡張ウォレット」提供開始

Trust Wallet:デスクトップ向けの「ブラウザ拡張ウォレット」提供開始

関東財務局「FTX Japanに対する行政処分」を発表|業務停止・業務改善を命令

関東財務局「FTX Japanに対する行政処分」を発表|業務停止・業務改善を命令

ゲーム専門NFTローンチパッド「Zaif INO」公開|第1回販売は2022年11月21日から

ゲーム専門NFTローンチパッド「Zaif INO」公開|第1回販売は2022年11月21日から

長友佑都氏:ブロックチェーンゲーム『キャプテン翼 -RIVALS-』のアンバサダーに就任

長友佑都氏:ブロックチェーンゲーム『キャプテン翼 -RIVALS-』のアンバサダーに就任

日本銀行:中央銀行デジタル通貨のパイロット実験「2023年春」開始の可能性=報道

日本銀行:中央銀行デジタル通貨のパイロット実験「2023年春」開始の可能性=報道

SBI VCトレード「ADA・MATICの入出庫サービス」提供へ

SBI VCトレード「ADA・MATICの入出庫サービス」提供へ

XANA:DAOコミュニティ「CryptoNinja」とのコラボNFTを発表

XANA:DAOコミュニティ「CryptoNinja」とのコラボNFTを発表

Moonstake:学ぶ&稼ぐ暗号資産投資プラットフォーム「MoonWealth」を発表

Moonstake:学ぶ&稼ぐ暗号資産投資プラットフォーム「MoonWealth」を発表

社会貢献型Web3アプリ「TEKKON」位置情報のみを登録できる新機能追加

社会貢献型Web3アプリ「TEKKON」位置情報のみを登録できる新機能追加

暗号資産業界大手「FTXグループ」が破産法適用を申請|FTX Japanは出金対応中

暗号資産業界大手「FTXグループ」が破産法適用を申請|FTX Japanは出金対応中

Instagram「NFTの作成・販売機能」提供へ|Solanaなどにも対応予定

Instagram「NFTの作成・販売機能」提供へ|Solanaなどにも対応予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す