アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

by BITTIMES   

アプトス(Aptos/APT)に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・リアルタイム価格チャート・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

アプトス(Aptos/APT)とは?

Aptos-APT-Logo

アプトス(Aptos/APT)とは、拡張性・安全性・信頼性・アップグレード可能性を主要な原則として設計されたレイヤー1ブロックチェーン・暗号資産です。Aptosはブロックチェーンやプロジェクトの名称で、Aptosの暗号資産は「APT」というティッカーシンボルで取引されています。

世界中の350人以上の開発者によって開発されてきたAptosブロックチェーンは3年間にわたる開発期間を経て2022年10月18日にメインネットをローンチ、Meta(旧:Facebook)の元社員であるMohammad Shaikh氏(Aptos共同創設者兼CEO)やAvery Ching氏(Aptos共同創設者兼CTO)などが開発に携わっていることから『元Metaの開発者が作った注目の暗号通貨・ブロックチェーン』としても注目を集めています。

Aptosでは、Meta社が開発を行なっていた「Diem(旧:Libra)」で開発されていたプログラミング言語である「Move」が採用されており、メインネットローンチ時点では合計3.5億ドル以上の資金調達を成功させていたため、今後の成長・発展などには注目が集まっています。

アプトス(Aptos/APT)の特徴

Blockchain-Catch

アプトス(Aptos/APT)の特徴としては以下のような点が挙げられます。

Move言語を採用したレイヤー1ブロックチェーン

アプトス(Aptos/APT)は、2022年1月末に開発終了が発表されたMeta社の暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト「Diem(旧:Libra)」のために設計されたスマートコントラクト向けプログラミング言語である「Move言語」を用いたレイヤー1ブロックチェーンとなっています。

Move言語は安全性とセキュリティを最優先に設計されており、「アカウントが持つ資産・リソースを不正にコピーできないようにする」「リソースの使用を所有者に限定する」といった機能を言語レベルで提供しています。なお、Diem自体がRust言語で作られていることもあり、Move言語もRustの文法に似ています。

世界的に大きな注目を集めていたDiemで採用されていたMove言語は、以前からブロックチェーン開発者などに注目されており、ネット上にも様々な解説記事が掲載されているため、Move言語を採用しているAptosも多くの開発者を集めることができると期待されています。

高速かつ低コストな取引環境

アプトス(Aptos/APT)は、高速かつ低コストな取引環境を実現できるように設計されており、分散型自律組織(DAO)分散型金融(DeFi)NFTなどでの利用を通じてWeb3(分散型ウェブ)の本拠地となることを目指しています。

ブロックチェーン・暗号資産の技術活用を拡大させるためには「多くの人々が迅速かつ安い手数料で取引を行える環境」が必要となりますが、代表的なブロックチェーンが1秒間に処理できるトランザクション数が数件〜数万件であると言われるのに対して、Aptosは1秒間に13万〜16万件のトランザクションを処理できるとも報告されています。

Block-STM技術

アプトス(Aptos/APT)は、トランザクションの実行とコンセンサスを切り離す並列実行エンジン「Block-STM」を用いて複数のトランザクションを一度に処理し、スマートコントラクトを効率的に処理します。これにより、トランザクションが1度失敗してもチェーン全体が停止することはないため、取引処理が大幅に高速化されます。

また、Aptosはチェーン上の個々の状態を分析して、必要に応じてバリデーターを自動更新するByzantine fault tolerant(BFT)エンジンを開発して精度を確保しています。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用

アプトス(Aptos/APT)は、次世代型の高性能ブロックチェーンで広く採用されている取引承認・合意形成方法である「プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)」の仕組みを採用しています。

そのため、APT保有者はステーキングを通じたネットワークへの貢献によってステーキング報酬を受け取ることが可能で、ステーキングによる初期の年利(APY)は約7%、その後は下限値3.25%まで毎年1.5%ずつ減少すると報告されています。

元Meta社員が率いる「Aptos Labs」

アプトス(Aptos/APT)の開発元は「Aptos Labs」と呼ばれるチームです。Aptos LabsはMeta社の元社員であるMohammad Shaikh氏(Aptos共同創設者兼CEO)とAvery Ching氏(Aptos共同創設者兼CTO)によって共同設立されており、開発者・エンジニア・ストラテジストからなる多様なチームによって構成されています。

Shaikh氏とChing氏は、MetaのDiemプロジェクトで一緒に働いていた時に出会ったと報告されています。Shaikh氏は製品のスケーリングを専門としており、プライベートエクイティ・ベンチャーキャピタル市場での経験を有しています。Ching氏はMetaの主任ソフトウェアエンジニアの1人であり、過去に多くの刺激的で革新的な開発プロジェクトを率いてきました。両者はMeta社が"Diem中止"を決定した際に"Aptos Labsの立ち上げ"を決めたと伝えられています。

Aptos Labsは『すべての人のためのレイヤー1を構築する』をモットーとして、可能な限り安全で信頼性の高いネットワークを構築することに専念しています。

アプトス(Aptos/APT)の基本情報

プロジェクト・ブロックチェーン名称アプトス(Aptos)
トークン名称Aptos(APT)
ティッカーシンボルAPT
最大供給量-
開発元Aptos Labs
メインネット公開時期2022年10月18日

アプトス(Aptos/APT)の価格・チャート

アプトス(Aptos/APT)を取扱う暗号資産取引所

アプトス(Aptos/APT)を取引できる代表的な暗号資産取引所としては以下のような取引所が挙げられます(2024年2月時点)。

【日本国内の暗号資産取引所】
OKCoinJapan(※2024年2月下旬上場予定)

【海外の暗号資産取引所】
BINANCE(バイナンス)
Bybit(バイビット)
Coinbase(コインベース)
Bitrue(ビットゥルー)

アプトス(Aptos/APT)対応ウォレット

アプトス(Aptos/APT)関連の暗号資産を保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
Petra Wallet(ペトラウォレット)
Trezor(トレザー)

アプトス(Aptos/APT)関連リンク

Aptos Labs公式サイト
Aptos Labs公式ブログ
Aptos Labs公式Twitter
Aptos Labs公式Medium
Aptos Labs公式Linkedin
Aptos LabsのDiscordコミュニティ
ホワイトペーパー
ソースコード(GitHub)
エクスプローラー①(Aptos Explorer)
エクスプローラー②(AptoScan)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

GMOコイン「法人口座向けの暗号資産現物取引サービス」提供へ

GMOコイン「法人口座向けの暗号資産現物取引サービス」提供へ

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型ID管理システム「ION」ベータ版を公開

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型ID管理システム「ION」ベータ版を公開

1年半で24億ドルを使う:スポーツに群がる暗号資産関連企業

1年半で24億ドルを使う:スポーツに群がる暗号資産関連企業

Cardano:バイロンメインネットの「ウロボロスBFT」本日実装へ

Cardano:バイロンメインネットの「ウロボロスBFT」本日実装へ

Huobi Japan:独自暗号資産「フォビトークン(HT)」正式に取扱い開始

Huobi Japan:独自暗号資産「フォビトークン(HT)」正式に取扱い開始

NEM:Symbol(XYM)の「ロードマップ」公開|日本取引所への上場に関する説明も

NEM:Symbol(XYM)の「ロードマップ」公開|日本取引所への上場に関する説明も

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ「税金関連の改正案・Visaの暗号資産換金サービス」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「税金関連の改正案・Visaの暗号資産換金サービス」など

Spongeの価格が1ヶ月で180%の上昇を記録、V2ローンチに向けてステーキングは400万ドルを達成

Spongeの価格が1ヶ月で180%の上昇を記録、V2ローンチに向けてステーキングは400万ドルを達成

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

Reddit:余剰資金の一部を「ビットコイン・イーサリアム」に投資

Reddit:余剰資金の一部を「ビットコイン・イーサリアム」に投資

GMOコイン:最大97,200円キャッシュバック「外国為替FXデビューキャンペーン」開始

GMOコイン:最大97,200円キャッシュバック「外国為替FXデビューキャンペーン」開始

新しいSolanaミームコインSMOG、Jupiter DEXでエアドロップ・キャンペーン実施へ!

新しいSolanaミームコインSMOG、Jupiter DEXでエアドロップ・キャンペーン実施へ!

SHIBで新たなNFTコレクションが登場?「SHEBOSHI」の公式Xアカウント公開

SHIBで新たなNFTコレクションが登場?「SHEBOSHI」の公式Xアカウント公開

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

Google:米国で「現物ビットコインETFの広告」を許可|BlackRock・VanEckは宣伝を開始

Google:米国で「現物ビットコインETFの広告」を許可|BlackRock・VanEckは宣伝を開始

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

ビットコイン「高値でも永遠に買い続ける」マイクロストラテジー創業者

ビットコイン「高値でも永遠に買い続ける」マイクロストラテジー創業者

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す