イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

by BITTIMES

暗号資産と金融のニュースサイトである「Watcher.Guru」は最近、イーサリアム(ETH)の時価総額が中国銀行よりも大きいことをTwitterで発表しました。

北京に拠点を置く国有銀行である中国銀行は、100年以上前に設立された世界で4番目に大きな銀行です。当時の創業者たちは、目に見えない完全にブロックチェーン技術に基づいた通貨に自分たちの銀行が追い越されることになるとは思いもしなかったことでしょう。

2022年11月時点における中国銀行の時価総額は1,180億ドルですが、イーサリアムの時価総額は1,490億ドルとなっています。

これは「私たちが知っている伝統的な銀行がいずれ暗号資産の人気に屈することになる」という前兆なのでしょうか?ビッグアイズコイン(BIG)のようなトークンは法定通貨よりも人気が出るのでしょうか?

イーサリアムは世界の銀行よりも時価総額が高い(ICBCを除く)

BigEyes-PR-2022/11/21

イーサリアムの時価総額は中国銀行よりも310億ドルほど高いですが、世界第3位・第2位の銀行(中国農業銀行・中国建設銀行)より時価総額が高いのも事実です。

これは時価総額が1,971億ドルにものぼる世界最大の銀行である中国工商銀行(ICBC)に及ばないことを意味します。ICBCは世界で45番目に大きな企業としてランク付けされています。

イーサリアムは2021年後半頃に5,470億ドルという驚異的な時価総額を記録していました。もしもそのような水準を維持していれば、テスラ(TSLA)とほぼ同じ時価総額となっていたでしょう。仮想通貨市場はブロックチェーンの人気が衰えていないことを証明し続けています。

ICBCから可能な限り遠くへ:ビッグアイズコインは金融を可愛く、ふわふわにする?

BigEyes-PR-2022/11/21

イーサリアムのブロックチェーン上に構築されたビッグアイズコインは仮想通貨の大量採用をもたらす可能性を持つプレセール中のミームコインです。ビッグアイズコインが注目される理由は、従来の銀行や金融とはほぼ正反対であるからです。

ビッグアイズコインは通貨に関するあらゆる期待を裏切りますが、まさにこの見通しが絶大な人気を生み出す可能性があります。

世界は変わりつつあります。インターネットの文化とパワーはゆっくりと世界を支配しつつあります。ミームや可愛い猫の写真の台頭は、ほぼ全ての人の生活に影響を与えています。ビッグアイズコインはその2つを組み合わせたものです。猫のキャラクターを使ったミームコインであるビッグアイズコインは、時間の経過とともに指数関数的に増えていくであろうオーディエンスにとって、最適なポジションにいるのです。

私たちが知る金融は新しい方向にシフトしているのか?

時価総額の大きい企業の大部分は依然として"真面目"なブランドのペルソナを持つ営利企業や銀行であるものの、世界は我々が認めたくないほどインターネット文化に精通してきています。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)といった真面目な仮想通貨でさえも、ミーム通貨が流行るかどうかを心配しながら見守っている可能性があります。

世界の金融市場におけるイーサリアムの地位は、私たちの地球が変化しつつあることの兆候にすぎません。「かわいい猫が世界の海を救う」というミーム通貨も絶大な人気を博す可能性があるのです。

ビッグアイズコイン(BIG)のプロジェクトの詳細については以下のリンク先ページをご覧ください。コード「BIGPRIZE91」を入力すればビッグボーナスを獲得することができます。

プリセール:https://buy.bigeyes.space/
ウェブサイト:https://bigeyes.space/
テレグラム:https://t.me/BIGEYESOFFICIAL


免責事項:この記事は「Big Eyes」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ディープコイン(DEP)活用の新作P2Eゲーム「麺屋 ドラゴンラーメン」ローンチ

ディープコイン(DEP)活用の新作P2Eゲーム「麺屋 ドラゴンラーメン」ローンチ

【Sorare】PSGムバッペ選手のNFTカード「約674万円」で落札|価格は100倍以上に

【Sorare】PSGムバッペ選手のNFTカード「約674万円」で落札|価格は100倍以上に

エバードーム(Everdome/DOME)大手暗号資産取引所「Bybit」に上場

エバードーム(Everdome/DOME)大手暗号資産取引所「Bybit」に上場

全ての金融機関に「暗号資産関連の銀行口座閉鎖」を指示:ナイジェリア中央銀行

全ての金融機関に「暗号資産関連の銀行口座閉鎖」を指示:ナイジェリア中央銀行

Abra:投資可能な仮想通貨「200種類以上」追加へ|ステーブルコインもサポート

Abra:投資可能な仮想通貨「200種類以上」追加へ|ステーブルコインもサポート

日本暗号資産市場社「イチバ(ICHIBA/ICB)」の販売開始|オンライン勉強会も開催へ

日本暗号資産市場社「イチバ(ICHIBA/ICB)」の販売開始|オンライン勉強会も開催へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

ミームネータープレセールの資金調達額が685万ドルを突破、締め切り迫る

ミームネータープレセールの資金調達額が685万ドルを突破、締め切り迫る

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す