John McAfeeがマカフィーコイン(McAfee Coin)をリリースか

by BITTIMES

マカフィー・アンチウイルスの創始者であるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、新しい決済通貨『マカフィーコイン(McAfee Coin)』を発行することを5月29日に明らかにしました。

マカフィーコイン(McAfee Coin)とは?

インターネットセキュリティのパイオニアであり、以前NASA宇宙科学研究所のプログラマーも務めたジョン・マカフィー氏は、新しい決済通貨『McAfee Coin』を1ヶ月以内に発行する予定であることを明らかにしました。

マカフィー氏自身がTwitter上で公開した発行予定である7種類の紙幣のうち、4枚に彼の顔が映っています。

印刷されているその他の個人の中には、ビットコインキャッシュ(BCH)の創設者であり『Bitcoin Jesus』として知られているRoger Ver(ロジャー・バー)氏や、大手マイニング企業であるBITMAIN(ビットメイン)のジハン・ウー氏なども含まれています。

「嘘ではありません。『McAfee Redemption Unit』は26日後に現実になります。グラフィックは低解像度です。(あまりあきらめたくありませんが。)通貨用紙は両面をホログラフィーで印刷することでシリアル化されており、ブロックチェーンにリンクされ、償還、転換、回収が可能です。」

SmartPayMINT

SmartPayMINTは、特定の金額の仮想通貨にアクセスできるノートとコインを提供します。

これらの紙幣は近距離通信(NFC)を使用して情報を転送することができる公開鍵のQRコードを備えています。これらは複数の仮想通貨を格納できるLedger Nanoなどのハードウェアウォレットの代替品となります。しかし彼らのウェブサイトは5月15日からオフラインになっており、利用可能な情報はほとんど提供されていないようです。

通貨独立宣言

マカフィー氏は「仮想通貨コミュニティと銀行、政府、金融機関、規制局の間で戦争が起きている」と主張しており、銀行がクレジットカードを使用した仮想通貨の購入を禁止し、政府や米国証券取引委員会(以下、SEC)などの規制機関も仮想通貨を証券として定義することで、仮想通貨の進行を阻んでいると指摘しています。

新しい仮想通貨はこのような仮想通貨戦争への対応策として形成された、マカフィー氏の通貨独立運動において役割を果たします。

彼らの目的は国家からお金を分離することであり、公衆に価値をどのように移転するかについてより多くの支配権を与えることです。彼は信者に独立宣言に署名するよう促しており、署名はイーサリアム(ETH)上のブロックチェーンに記録されます。

宣言では次のように述べられています。

「国営通貨から独立を宣言しているわけではありません。我々は、通貨を通じた規制通貨が廃止されたと宣言しています。 この通貨独立宣言は、人類全体の意図的な価値の低下から生ずる継続的な操作と破壊に対する直接の対応です」

マカフィー氏の価格予想

マカフィー氏は最近、7月末までに現在22ドル(約2,390円)のビットコインプライベート(BTCP)が200ドル(約21,725円)を超え、現在12ドル(約1,303円)のイオス(EOS)は36ドル(約652円)を上回るとの予測を立てています。

またトランプ大統領と金正日首脳会談は、トランプ氏が手紙を送ったときに取り消されたように見えても起こるという立場を維持しました。しかしドナルド・トランプ大統領は最近、それをテーブルに戻すための協議が行われているとツイートしています。

11月には、ビットコイン(BTC)の価格が2020年までに100万ドル(約1億861万円)にならなければ、ライブテレビで自身のペニスを食べるという賭けを受けており、この賭けに応えて進行状況を追跡するウェブサイトが設定され、毎日のライブアップデートがTwitterで公開されています。

進行状況を追跡するウェブサイト進行状況を追跡するウェブサイト

現在、ビットコインの価格は目標を27%下回っているため、マカフィー氏や一般のテレビ視聴者はかなり緊張していると考えられます。

ビットコインのチャートビットコインのチャート(coingecko.comから)

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨はbitFlyer(ビットフライヤー)で、日本では購入できないその他の仮想通貨はHuobi.pro(フォビ)での購入がおすすめです。

仮想通貨取引所bitFlyerの登録はこちら仮想通貨取引所bitFlyerの登録はこちら

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

(引用:newsbtc.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインの誕生で今後消滅するコンビニATMの未来

ビットコインの誕生で今後消滅するコンビニATMの未来

トランプ大統領令でメキシコのビットコイン需要が高まる可能性

トランプ大統領令でメキシコのビットコイン需要が高まる可能性

ビットコイン仮想通貨・今後の相場予測【2018〜2021年まで】

ビットコイン仮想通貨・今後の相場予測【2018〜2021年まで】

ビットコインが使える不動産会社をついに発見

ビットコインが使える不動産会社をついに発見

ビットコイン強盗現る。自宅に押し入り送金を強要

ビットコイン強盗現る。自宅に押し入り送金を強要

ビットコインの紙幣が誕生?スマート紙幣Tangem Notesとは

ビットコインの紙幣が誕生?スマート紙幣Tangem Notesとは

注目度の高い仮想通貨ニュース

世界初!仮想通貨アートオークション開催|Andy Warhol氏の作品出展

世界初!仮想通貨アートオークション開催|Andy Warhol氏の作品出展

ASUS最新の仮想通貨マイニング用マザーボードは20基ものGPU接続が可能に

ASUS最新の仮想通貨マイニング用マザーボードは20基ものGPU接続が可能に

年金を仮想通貨投資へ!変化する高齢者の資産運用 〜お年玉がビットコインになる日〜

年金を仮想通貨投資へ!変化する高齢者の資産運用 〜お年玉がビットコインになる日〜

エイベックスが仮想通貨交換業?|エンタメコイン株式会社を設立

エイベックスが仮想通貨交換業?|エンタメコイン株式会社を設立

仮想通貨を楽しく学べるマンガ雑誌『週刊少年クリプト』

仮想通貨を楽しく学べるマンガ雑誌『週刊少年クリプト』

仮想通貨マイニングマシンの輸入を禁止|ロシアの厳しい対応

仮想通貨マイニングマシンの輸入を禁止|ロシアの厳しい対応

bitFlyer(ビットフライヤー)の新規登録再開はいつ?|業務改善命令の詳細

bitFlyer(ビットフライヤー)の新規登録再開はいつ?|業務改善命令の詳細

仮想通貨アプリ開発者に期待|Appleガイドライン改訂の裏側

仮想通貨アプリ開発者に期待|Appleガイドライン改訂の裏側

仮想通貨スプーフィング(なりすまし)|投資詐欺の恐ろしい手口とは

仮想通貨スプーフィング(なりすまし)|投資詐欺の恐ろしい手口とは

BitBayがマルタ共和国に拠点を移動

BitBayがマルタ共和国に拠点を移動

マルタ証券取引所とバイナンスが仮想通貨スタートアップ企業12社を支援!

マルタ証券取引所とバイナンスが仮想通貨スタートアップ企業12社を支援!

リップルのCEOがビットコインを攻撃する理由

リップルのCEOがビットコインを攻撃する理由

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す