John McAfeeがマカフィーコイン(McAfee Coin)をリリースか

by BITTIMES

マカフィー・アンチウイルスの創始者であるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、新しい決済通貨『マカフィーコイン(McAfee Coin)』を発行することを5月29日に明らかにしました。

マカフィーコイン(McAfee Coin)とは?

インターネットセキュリティのパイオニアであり、以前NASA宇宙科学研究所のプログラマーも務めたジョン・マカフィー氏は、新しい決済通貨『McAfee Coin』を1ヶ月以内に発行する予定であることを明らかにしました。

マカフィー氏自身がTwitter上で公開した発行予定である7種類の紙幣のうち、4枚に彼の顔が映っています。

印刷されているその他の個人の中には、ビットコインキャッシュ(BCH)の創設者であり『Bitcoin Jesus』として知られているRoger Ver(ロジャー・バー)氏や、大手マイニング企業であるBITMAIN(ビットメイン)のジハン・ウー氏なども含まれています。

「嘘ではありません。『McAfee Redemption Unit』は26日後に現実になります。グラフィックは低解像度です。(あまりあきらめたくありませんが。)通貨用紙は両面をホログラフィーで印刷することでシリアル化されており、ブロックチェーンにリンクされ、償還、転換、回収が可能です。」

SmartPayMINT

SmartPayMINTは、特定の金額の仮想通貨にアクセスできるノートとコインを提供します。

これらの紙幣は近距離通信(NFC)を使用して情報を転送することができる公開鍵のQRコードを備えています。これらは複数の仮想通貨を格納できるLedger Nanoなどのハードウェアウォレットの代替品となります。しかし彼らのウェブサイトは5月15日からオフラインになっており、利用可能な情報はほとんど提供されていないようです。

通貨独立宣言

マカフィー氏は「仮想通貨コミュニティと銀行、政府、金融機関、規制局の間で戦争が起きている」と主張しており、銀行がクレジットカードを使用した仮想通貨の購入を禁止し、政府や米国証券取引委員会(以下、SEC)などの規制機関も仮想通貨を証券として定義することで、仮想通貨の進行を阻んでいると指摘しています。

新しい仮想通貨はこのような仮想通貨戦争への対応策として形成された、マカフィー氏の通貨独立運動において役割を果たします。

彼らの目的は国家からお金を分離することであり、公衆に価値をどのように移転するかについてより多くの支配権を与えることです。彼は信者に独立宣言に署名するよう促しており、署名はイーサリアム(ETH)上のブロックチェーンに記録されます。

宣言では次のように述べられています。

「国営通貨から独立を宣言しているわけではありません。我々は、通貨を通じた規制通貨が廃止されたと宣言しています。 この通貨独立宣言は、人類全体の意図的な価値の低下から生ずる継続的な操作と破壊に対する直接の対応です」

マカフィー氏の価格予想

マカフィー氏は最近、7月末までに現在22ドル(約2,390円)のビットコインプライベート(BTCP)が200ドル(約21,725円)を超え、現在12ドル(約1,303円)のイオス(EOS)は36ドル(約652円)を上回るとの予測を立てています。

またトランプ大統領と金正日首脳会談は、トランプ氏が手紙を送ったときに取り消されたように見えても起こるという立場を維持しました。しかしドナルド・トランプ大統領は最近、それをテーブルに戻すための協議が行われているとツイートしています。

11月には、ビットコイン(BTC)の価格が2020年までに100万ドル(約1億861万円)にならなければ、ライブテレビで自身のペニスを食べるという賭けを受けており、この賭けに応えて進行状況を追跡するウェブサイトが設定され、毎日のライブアップデートがTwitterで公開されています。

進行状況を追跡するウェブサイト進行状況を追跡するウェブサイト

現在、ビットコインの価格は目標を27%下回っているため、マカフィー氏や一般のテレビ視聴者はかなり緊張していると考えられます。

ビットコインのチャートビットコインのチャート(coingecko.comから)

ビットコイン(BTC)などの購入は仮想通貨の積立サービスも提供している Zaif(ザイフ)からどうぞ。

仮想通貨取引所 Zaif の画像 仮想通貨の積立もできる取引所Zaifはこちら

「Zaifコイン積立」の詳しい解説はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【急報!!】9日のビットコイン暴落の原因は中国だった

【急報!!】9日のビットコイン暴落の原因は中国だった

モロッコ:ビットコインマイニング用の巨大な風力発電所を建設

モロッコ:ビットコインマイニング用の巨大な風力発電所を建設

ビットコイン規制からの脱出「中国取引所ViaBTC国外へ」

ビットコイン規制からの脱出「中国取引所ViaBTC国外へ」

UAE中央銀行ビットコイン規制解除!ブロックチェーンのリーダー国となるために

UAE中央銀行ビットコイン規制解除!ブロックチェーンのリーダー国となるために

Weiss Ratingsの評価する暗号通貨トップ3とは?

Weiss Ratingsの評価する暗号通貨トップ3とは?

ビットコインが使えるお店一気に57倍へ!ビックカメラも参入決定

ビットコインが使えるお店一気に57倍へ!ビックカメラも参入決定

注目度の高い仮想通貨ニュース

Blockchainベースの取引アプリを発表し「リバプールFC」と提携|TigerWit

Blockchainベースの取引アプリを発表し「リバプールFC」と提携|TigerWit

カナダ政府機関が「Blockchain Explorer」を発表|イーサリアムの技術を活用

カナダ政府機関が「Blockchain Explorer」を発表|イーサリアムの技術を活用

全国初!ブロックチェーンを使った投票システムを導入|茨城県つくば市

全国初!ブロックチェーンを使った投票システムを導入|茨城県つくば市

百度(Baidu)も仮想通貨規制を強化!中国で相次ぐSNSアカウントの停止

百度(Baidu)も仮想通貨規制を強化!中国で相次ぐSNSアカウントの停止

ビットコイン価格は「55万円」程度がちょうど良い|モハメド・エラリアン ー 金融専門家

ビットコイン価格は「55万円」程度がちょうど良い|モハメド・エラリアン ー 金融専門家

カルダノ(CARDANO/ADA):決済プラットフォーム「Metaps Plus」との統合は11月に完了

カルダノ(CARDANO/ADA):決済プラットフォーム「Metaps Plus」との統合は11月に完了

David Schwartz「リップル(XRP)は完全に分権化されたデジタル通貨だ」

David Schwartz「リップル(XRP)は完全に分権化されたデジタル通貨だ」

【重要】QUOINEXが「Liquid」へと移行|事前に確認すべき注意点

【重要】QUOINEXが「Liquid」へと移行|事前に確認すべき注意点

仮想通貨XRPを使用する「xRapid」10月リリースか|Ripple関係者が示唆

仮想通貨XRPを使用する「xRapid」10月リリースか|Ripple関係者が示唆

仮想通貨ニュース週間まとめ|8月26日〜9月1日

仮想通貨ニュース週間まとめ|8月26日〜9月1日

米国人気スタートアップ50社「ブロックチェーン企業」が多数ランクイン|LinkedIn調査

米国人気スタートアップ50社「ブロックチェーン企業」が多数ランクイン|LinkedIn調査

Pornhub:仮想通貨決済サービスを強化|プーマペイ(PumaPay/PMA)にも対応

Pornhub:仮想通貨決済サービスを強化|プーマペイ(PumaPay/PMA)にも対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

美容業界は「ブロックチェーン」を活用して安心安全な環境とサービスへ:Beautyまとめ

美容業界は「ブロックチェーン」を活用して安心安全な環境とサービスへ:Beautyまとめ

BMWがブロックチェーンで「未来のクルマ」を創る|今注目すべき最先端プロジェクト

BMWがブロックチェーンで「未来のクルマ」を創る|今注目すべき最先端プロジェクト

自動車業界×ブロックチェーン:安全管理や環境保護など広く利用される新技術まとめ

自動車業界×ブロックチェーン:安全管理や環境保護など広く利用される新技術まとめ

選挙×ブロックチェーン:不正の回避や公約の永久保存・投票システムで激変する世界の政治

選挙×ブロックチェーン:不正の回避や公約の永久保存・投票システムで激変する世界の政治

ブロックチェーン技術は建設業界にも|設計図などの機密データを管理

ブロックチェーン技術は建設業界にも|設計図などの機密データを管理

宇宙開発×ブロックチェーン:人類と社会・地球の未来を支える最先端技術

宇宙開発×ブロックチェーン:人類と社会・地球の未来を支える最先端技術

人気のタグから探す