スズキのインド子会社:メタバースショールーム「ArenaVerse」を導入

by BITTIMES

自動車販売などで知られる「スズキ」のインド子会社である「Maruti Suzuki India(マルチ・スズキ・インディア)」が、仮想世界で同社の自動車を見ることができるメタバースショールーム「ArenaVerse」を導入したことが明らかになりました。

こちらから読む:Fidelity、メタバース関連で3つの商標出願「メタバース」関連ニュース

「NexaVerse」に続く2番目のプラットフォーム

Maruti Suzuki India(マルチ・スズキ・インディア)が、仮想世界で同社の自動車を見ることができる2つめのメタバースショールーム「ArenaVerse」を導入したことが明らかになりました。

マルチ・スズキ・インディアは以前から「NexaVerse」と呼ばれるメタバースプラットフォームも展開していたとのことで、今回新たに発表された「ArenaVerse」はNexaVerseに続く同社の2番目のメタバースプラットフォームであると報告されています。

具体的には同社のショールームネットワーク「Arena」のメタバースプラットフォームである「ArenaVerse」を通じてメタバース体験を楽しむことができるとのことで、このサービスは『ArenaVerseで車を再現しながら、営業担当者とデジタルでコミュニケーションできるようにすることによって、よりダイナミックで没入感のあるショッピング体験を顧客に提供する』という狙いがあると報告されています。

マルチ・スズキ・インディアは700店舗以上にVRシステムを導入して来場者が「ArenaVerse」のメタバースを探索できるようにしているとのことで、Maruti Suzuki Arenaのウェブサイトから「ウェブ版のArenaVerse」にアクセスすることもできると説明されています。

以前から提供されていた「NEXAverse」では、昨年9月に発売されたSUVモデル「グランドビターラ(Grand Vitara)」の予約が1万台以上入るなど大成功を収めたとも報告されているため、新たに導入された「ArenaVerse」にも注目が集まっています。

自動車業界ではメタバース技術の活用も進み始めており、昨年11月には大手自動車メーカーの「Renault(ルノー)」が業界初の産業用メタバースを発表しています。

>>「IndiaToday」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NFTを取り入れた、稼げる無料MMOゲーム「Continuum World」

NFTを取り入れた、稼げる無料MMOゲーム「Continuum World」

短期間でビットコイン価格は「200万円」に|ボビー・リー氏が強気予想

短期間でビットコイン価格は「200万円」に|ボビー・リー氏が強気予想

canow「日本モノバンドル」と業務提携|NFT実装〜トークンマーケティングまで一貫支援

canow「日本モノバンドル」と業務提携|NFT実装〜トークンマーケティングまで一貫支援

「イーサリアム(ETH)は大きな可能性を秘めている」元Google CEOエリック・シュミット

「イーサリアム(ETH)は大きな可能性を秘めている」元Google CEOエリック・シュミット

スポーツ界で話題の仮想通貨「チリーズ(CHZ)」バイナンスチェーンとの提携を発表

スポーツ界で話題の仮想通貨「チリーズ(CHZ)」バイナンスチェーンとの提携を発表

中央アフリカ共和国:ビットコイン(BTC)を「通貨」として採用

中央アフリカ共和国:ビットコイン(BTC)を「通貨」として採用

注目度の高い仮想通貨ニュース

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

BINANCE創設者CZ氏「Giggle Academy」を発表|新プロジェクトの内容は?

BINANCE創設者CZ氏「Giggle Academy」を発表|新プロジェクトの内容は?

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す