米SEC:Binance USD(BUSD)発行する「Paxos」に訴訟を警告=報道

by BITTIMES   

米国証券取引委員会(SEC)が、大手暗号資産取引所BINANCE(バイナンス)のステーブルコイン「BUSD」や「USDP」を発行しているPaxos(パクソス)に対して「投資家保護法違反」で訴訟を予定していることが「The Wall Street Journal」の報道で明らかになりました。米SECは『Binance USD(BUSD)が未登録証券に該当する』と指摘しているとのことです。

こちらから読む:APENFT、TRX保有者へのエアドロップを停止「暗号資産」関連ニュース

Binance USD(BUSD)は未登録証券と指摘

米国証券取引委員会(SEC)は大手暗号資産取引所BINANCE(バイナンス)のステーブルコイン「BUSD」や「USDP」を発行しているPaxos(パクソス)に対して「投資家保護法違反」で訴訟を予定していると報告されています。

「The Wall Street Journal」が"事情に詳しい関係者の話"として報じた内容によると、米SECは「Wells notice」と呼ばれる企業や個人に対して訴訟を起こす可能性があることを伝える通知書をPaxosに送ったとされています。

Paxos(パクソス)は米ドルに価値が連動するように設計されたステーブルコインである「Pax Dollar(USDP)」や「Binance USD(BUSD)」を発行していますが、今回の通知書では『Binance USD(BUSD)が未登録証券に該当する』と指摘されているとのことです。

Binance USD(BUSD)はBINANCEブランドの米ドル連動ステーブルコインとして知られていますが、Cointelegraphの報道によると、BINANCEの広報担当者は『BUSDは"Paxosが発行・所有する製品"であり、BINANCEは自社ブランドをBUSDで使用するために同社にライセンス供与している』と述べたと報じられています。

また、BINANCEの広報担当者は『Paxosはニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)によって規制されていて、BUSDは"1対1で裏付けられたステーブルコイン"である』とも付け加えたとのことで、『不安定な仮想通貨市場の避難先であるステーブルコインへのアクセスを制限すれば、世界中の何百万人もの人々に直接的な損害を与えることになる』とも語ったと伝えられています。

ステーブルコインは不安定な市場の避難先を求める投資家にとって重要なセーフティーネットとなっているため、ステーブルコインへのアクセスを制限すると世界中の何百万人もの人々に直接損害を与えることになります。私たちは引き続き状況を監視していきます。当社のグローバルユーザーは幅広い様々な種類のステーブルコインを利用することができます。

今回報じられたのは「米SECがパクソスに対して訴訟を行う可能性があることを通知した」という内容であるため、現時点では"警告"の段階となっているものの、米SECは以前から様々な仮想通貨関連商品を"証券"と分類して行動を起こしており、先日は暗号資産取引所「Kraken」のステーキングサービスも"証券法違反"とされていたため、今後の動向や対応には注目が集まっています。

なお、米SECは今回の件についてCointelegraphからコメントを求められた際に『調査の可能性についてはコメントしない』と返答、Paxosからもすぐには返答が得られたなかったと報じられています。

>>「The Wall Street Journal」の報道はこちら

追記:Paxos、BUSDの新規発行を停止

(追記:2023年2月13日17:11)
ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)がPaxosに対して『Binance USD(BUSD)の新規発行を停止するように』と指示したことが「The Wall Street Journal」の報道で明らかになりました。今回の報道では『Paxosは引き続き同商品の償還を管理する』とも報じられています。

追記:CZ氏が「SEC対Paxosの訴訟疑惑」にコメント

(追記:2023年2月13日19:26)
BINANCE(バイナンス)のCEOであるChangpeng Zhao(CZ)氏は2023年2月13日に今回の報道についてTwitter上で説明を行いました。

CZ氏は「BUSDは準備金に保護されていて準備金も監査済み、償還も行われるためユーザー資産は安全」と説明しており、SEC対Paxosの訴訟疑惑については「報じられているニュース記事以外何も知らない」とコメント、「BINANCEは当面BUSDをサポートし続けるが、ユーザーがBUSDを離れることが予想されるため、BUSD取引ペアはやめて他のステーブルコインに移行する可能性もある」と説明しています。

要約するとBUSDはPaxosで発行・償還されます。資金は安全です。Paxosから「ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)から新しいBUSDの鋳造を停止するように指示された」と知らされました。PaxosはNYDFSの規制を受けています。BUSDはPaxosが100%所有・管理するステーブルコインです。BUSDの時価総額は時間の経過とともに減少していくだけでしょう。

Paxosは引き続きこの商品のサービスを提供して償還を管理する予定です。また、Paxosは『資産が安全で、銀行の準備金によって完全にカバーされており、その準備金も既に様々な監査法人によって何度も監査されている』と断言しました。

SEC対Paxosの訴訟疑惑について、私は公開されたニュース記事以外の情報を持っていません。米SECとPaxosの間の訴訟です。私は米国法の専門家ではありませんが、個人的には「Miles Deutscher氏のロジック」に賛成です(あまり意味はないですが)。

BUSDが裁判所によって証券と裁定された場合、それが裁定された法域において仮想通貨産業がどのように発展するか(あるいは発展しないか)に重大な影響を与えることになります。

BINANCEは当面BUSDをサポートし続ける予定です。ですが、私たちは「ユーザーが時間の経過とともに他のステーブルコインに移行する」と予測しています。それに応じて製品の調整を行います。例えば、BUSDTを取引のメインペアとして使用しないようにするなどです。

特定の市場での規制の不確実性が継続していることを考慮して、これらの管轄区域の他のプロジェクトを見直して、ユーザーが不当な損害を受けないようにします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

Zaif:トロン(Tron/TRX)の取扱開始スケジュールを発表

Zaif:トロン(Tron/TRX)の取扱開始スケジュールを発表

BINANCE:仮想通貨「先物取引プラットフォーム」公開へ|レバレッジ最大20倍

BINANCE:仮想通貨「先物取引プラットフォーム」公開へ|レバレッジ最大20倍

Twitter「BTC・ETHなどの価格チャート表示機能」を追加

Twitter「BTC・ETHなどの価格チャート表示機能」を追加

FTX Japan:イーサリアム「The Merge」の対応方針について続報

FTX Japan:イーサリアム「The Merge」の対応方針について続報

SegWit2xが抱える11の問題とは?

SegWit2xが抱える11の問題とは?

注目度の高い仮想通貨ニュース

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す