カルダノ共同創設者「米SECのステーキング規制」にコメント|ADAは問題ない?

by BITTIMES   

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の共同創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は2023年2月10日に、仮想通貨業界で話題となっている「米国証券取引委員会(SEC)のステーキング規制」について自身の考えをYouTubeチャンネルで語りました。同氏は仮想通貨規制に上手く適合して行くための新たなステーキングモデルとして「Contingent Staking」と呼ばれる方法も提案しています。

こちらから読む:米SEC「Krakenのステーキングサービスは証券法違反」と指摘

話題の仮想通貨ステーキング規制についてコメント

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の共同創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は自身のYouTubeチャンネルで2023年2月10日に公開された動画「Staking and Regulation」の中で、仮想通貨業界で話題となっている『米国証券取引委員会(SEC)のステーキング規制』について自身の考えを語りました。

米国証券取引委員会(SEC)は2023年2月9日に『必要な登録を行わずに暗号資産のステーキングサービスを米国の顧客に提供した』として米国の暗号資産取引所Krakenを起訴しており、Krakenは「3,000万ドルの罰金支払い」と「米顧客向けのステーキングサービス停止」の条件に同意して和解していたため、一連のニュースには注目が集まっていました。

PoSチェーンはそれぞれで仕組みが異なる

今回のニュースを受けて仮想通貨業界では「ステーキング可能な仮想通貨に対するSECの今後対応」などにも注目が集まっていましたが、チャールズ・ホスキンソン氏は今回の動画の冒頭で『アバランチ・ポルカドット・テゾス・カルダノ・イーサリアム・アルゴランドなどは全てステーキングの仕組みを採用しているが、詳しくみるとそれぞれが非常に異なる仕組みを用いている』と説明しています。

ホスキンソン氏は9日のツイートでも各ブロックチェーンのProof-of-Stake(PoS)の仕組みに違いがあることを説明しており、『イーサリアムのステーキングは問題がある。自分の資産を一時的に他人に預けてリターンを得てもらうのは規制対象商品とよく似ている。PoSプロトコルの運用や設計で誤解があることによって全てが一括りにされてしまうかもしれないのは悲しいことだ』とコメントしています。

ブロックチェーンによっては「ステーキングを行う際に資産を一定期間ロックする必要があるもの」がありますが、Cardano(ADA)のステーキングにロック期間は設けられていないため、ステーキング参加者は自分の好きなタイミングでステーキング解除してADAを移動・売却させることができるようになっています。

また、今回の事例は「暗号資産取引所がユーザーが資産を預かって代わりにステーキングを行う」というケースであり、SECの委員長は『仲介者が投資家のトークンと引き換えに投資契約を提供する場合はサービス提供者が証券法に従う必要がある』と説明、『SECは投資家保護に特化しているだけで技術に対しては中立である』ともコメントしているため、Cardano(ADA)のようにユーザー自身が自分で資産を管理した状態でステーキングできる場合は問題ないと考えられます。

ステーキング銘柄=証券ではない

ホスキンソン氏は今回の件について、SECは「ステーキング機能があるから証券」とみなしているのではなく「Krakenが顧客向けステーキングサービスを構築した方法に問題があること」を理由にKrakenを起訴したようにみえるとも説明しており、ステーキングの仕組みのせいでその資産が証券になるというようなことはないだろうの考えを語っています。

具体的な例としては、コモディティである小麦や金を1つのパッケージにまとめて販売した場合にはそのパッケージが証券に該当する場合があるものの、だからといって「小麦や金そのものも証券」となるわけではないため、今回のケースに関しても「Krakenのステーキングサービスが証券法違反だったからといって、それぞれの暗号資産が証券に該当することにはならないだろう」との考えが説明されています。

現状カルダノは問題ないが、予測不可能な点も

ホスキンソン氏はこのような複数の理由から「現状のCardanoエコシステムやステーキングモデルに問題はない」との見解を示していますが、「政府の仮想通貨規制は予測不可能であり、事実や状況が変化する可能性はある」との考えも語っています。

先述したように、カルダノやイーサリアムなど各種銘柄のステーキングモデルには細かな仕組みの違いがありますが、政府側がこれらのステーキング銘柄を混同して規制を定める可能性もあるため、場合によってはカルダノコミュニティにとって望ましくない方向に引き摺り込まれる可能性があるとの見解が示されています。

新たなステーキングの仕組み「Contingent Staking」

ホスキンソン氏は仮想通貨規制に上手く適合して行くための新たなステーキングモデルとして「Contingent Staking(コンティンジェント・ステーキング)」と呼ばれる方法も提案しています。

従来のステーキングは「委任者がステークプールにトランザクションを送信する」という一方通行の仕組みとなっていましたが、コンティンジェント・ステーキングは「委任者とステーキングプール運営者の両方が取引処理前に署名する」という双方向の仕組みとなっています。

Contingent Staking(コンティンジェント・ステーキング)を採用した場合には、委任者とプール運営者の両方が署名するまでトランザクションが保留されることになりますが、これによってプール運営者は委任相手を選ぶことが可能になるため、規制要件をよりよく遵守できるようになると期待されています。

なお、コンティンジェント・ステーキングに関しては「カルダノコミュニティがコンティンジェント・ステーキングの概念を概説する文書を作成する予定」とも報告されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:暗号資産3銘柄を「Apple・Amazon・Google」と比較|残された成長の可能性

BINANCE:暗号資産3銘柄を「Apple・Amazon・Google」と比較|残された成長の可能性

Bybit:新規上場銘柄を投票で決める「ByVotes」導入へ|仮想通貨がもらえるチャンスも

Bybit:新規上場銘柄を投票で決める「ByVotes」導入へ|仮想通貨がもらえるチャンスも

対戦型オンラインRPG「9Lives Arena」とは?Oasys L2:HOME Verseでサービス開始

対戦型オンラインRPG「9Lives Arena」とは?Oasys L2:HOME Verseでサービス開始

CoinGecko「分散型取引所(DEX)のデータにアクセスできるAPI」提供開始NEW

CoinGecko「分散型取引所(DEX)のデータにアクセスできるAPI」提供開始

話題の分散型SNS「Damus」中国版App Storeから削除

話題の分散型SNS「Damus」中国版App Storeから削除

ブロックチェーン決済は今後3〜5年で普及「利用量の増加が重要に」BitPay CEO

ブロックチェーン決済は今後3〜5年で普及「利用量の増加が重要に」BitPay CEO

注目度の高い仮想通貨ニュース

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

ICO分析:ミームネーター、ステージ16は5日以内に売り切れる可能性有り

ICO分析:ミームネーター、ステージ16は5日以内に売り切れる可能性有り

Reddit:余剰資金の一部を「ビットコイン・イーサリアム」に投資

Reddit:余剰資金の一部を「ビットコイン・イーサリアム」に投資

SHIB決済対応地域がさらに拡大|Apcopayが「CoinPayments」と提携

SHIB決済対応地域がさらに拡大|Apcopayが「CoinPayments」と提携

Shib Dreamの柴犬専門ニュースサイトが「日本語」に対応

Shib Dreamの柴犬専門ニュースサイトが「日本語」に対応

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

ミームネーター:ChatGPTが2024年に大きく成長する可能性を予測?

ミームネーター:ChatGPTが2024年に大きく成長する可能性を予測?

史上初のBRC-20のICOを開催したビットコインドック、開始から1週間で310万ドルを調達

史上初のBRC-20のICOを開催したビットコインドック、開始から1週間で310万ドルを調達

SBI VCトレード:BTC/JPYレバレッジ取引スプレッド半減キャンペーン開始

SBI VCトレード:BTC/JPYレバレッジ取引スプレッド半減キャンペーン開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す