米SEC「Krakenのステーキングサービスは証券法違反」と指摘|対象事業者に登録求める

by BITTIMES

米国証券取引委員会(SEC)は2023年2月9日に『必要な登録を行わずに暗号資産のステーキングサービスを米国の顧客に提供した』として、暗号資産取引所「Kraken」を起訴したことを発表、同社が3,000万ドルの罰金支払いに同意して米顧客向けステーキングサービスを停止したことを発表しました。

こちらから読む:日本航空×博報堂、KOKYO NFTの実証実験開始「暗号資産」関連ニュース

Kraken「ステーキング停止・罰金支払い」で米SECと和解

米国証券取引委員会(SEC)は2023年2月9日に『必要な登録を行わずに暗号資産のステーキングサービスを米国の顧客に提供した』として、暗号資産取引所「Kraken」として知られる「Payward Ventures」と「Payward Trading」を起訴したことを発表、Krakenが「3,000万ドルの罰金支払い」と「米顧客向けのステーキングサービス停止」の条件に同意して和解したことを発表しました。

Kraken(クラーケン)は2019年から顧客の代わりに暗号資産のステーキングを行う「オンチェーンステーキングサービス」を米国の顧客向けに提供していましたが、SECはこのようなサービスを提供するためには事前に登録を行う必要があると指摘しています。

今回の件についてはKrakenからも公式発表が行われており、『米国顧客がステーキングしていた資産は現地時間2023年2月9日時点で自動的にステーキング解除されたため、ステーキング報酬は獲得できないようになっている(Shanghaiアップグレード後にステーク解除されるステークされたETHを除く)』との説明がなされています。

これによって米国のKrakenユーザーは新たにステーキングを行うことができなくなったとのことですが、Krakenは『引き続き別の子会社を通じて"米国以外の顧客"にステーキングサービスを提供する』とも説明を行なっています。

「対象サービス事業者は証券法に従う必要がある」とも説明

米国証券取引委員会(SEC)は今回の発表の中で、暗号資産取引所のステーキングサービスを「サービスとしてのステーキング(Staking-as-a-Service/SasS)」と表現しており、『SaaSプロバイダーにトークンを預けると、投資家はそれらのトークンの管理能力を失うことになり、ほとんど保護されない状態でそれらのプラットフォームに関連するリスクを引き受けることになる』と指摘しています。

また、米SECの委員長であるGary Gensler(ゲイリー・ゲンスラー)氏は「ステーキングだろうとレンディングだろうと、仲介者が投資家のトークンと引き換えに投資契約を提供する場合は、サービス提供者が証券法に従う必要がある」とも説明しており、今回の事例はそのことを明確にする1つの事例だと語っています。

サービスとしてのステーキングやレンディング、その他の手段であろうと、投資家のトークンと引き換えに投資契約を提供する場合、そのサービスを提供する仲介者は証券法に準じて適切な情報開示を行い、投資家保護ルールを守る必要があります。

今回の措置は「Staking-as-a-Serviceを提供するプロバイダーは、必要な登録を行い、完全かつ公正な真実の開示と投資家保護を提供しなければならない」ということを明確にするものです。

ゲイリー・ゲンスラー氏は2023年2月10日に自身のTwitterアカウントでもこのことを説明、3分37秒の動画の中で今回の措置について説明を行なっています。

仮想通貨のステーキングサービスは世界中の様々な暗号資産取引所で提供されているため、「その他の米取引所への対応」や「米国以外の国の規制当局の今後の対応」などにも注目が集まっていますが、米SECなどに対しては数年前から『暗号資産関連の規制が不明確である』と指摘する声も出ていたため「そもそもSECに事前に登録することは可能だったのか?」「登録する際には具体的にどのように登録すればいいのか?」「どんな情報を投資家に開示すればよかったのか?」などといった疑問の声も出ています。

>>「Kraken」の公式発表はこちら
>>「米国証券取引委員会」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bakkt:ゲーム内資産・ポイント対応の「仮想通貨決済アプリ」近日中に詳細発表へ

Bakkt:ゲーム内資産・ポイント対応の「仮想通貨決済アプリ」近日中に詳細発表へ

ビットフライヤー:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

ビットフライヤー:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

Phantomウォレット「ビットコイン・Ordinals・BRC20トークン」に対応

Phantomウォレット「ビットコイン・Ordinals・BRC20トークン」に対応

Coincheck NFT「GENSOメタバースのLAND」世界先行販売へ

Coincheck NFT「GENSOメタバースのLAND」世界先行販売へ

【予測精度99.5%】著名アナリストが語るビットコインの今後|6年後には「100倍」に?

【予測精度99.5%】著名アナリストが語るビットコインの今後|6年後には「100倍」に?

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す