最大規模のP2Eゲームアーケード構築中のメタケード|大きな利益を生むポテンシャル

by BITTIMES   

メアバース界のゲーム分野は成長を続けています。ゲームプレイヤーは遊んで稼ぐ(P2E)ゲームで受動的収入を得られる事から、コンソールゲームやPCゲームから遠ざかりつつあります。専門家は、現在から2027年までの間にGameFi分野は最大70%成長すると見込んでおり、業界価値は約700億ドルに達すると予測しています。新しいメタバースプロジェクトは、人気のある投資機会になるよう取り組んでいます。

その中でも特に期待されているプロジェクトは、メタケードです。最大規模の数のアーケードゲームを取り揃えた新しいゲームプラットフォームです。

※この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

メタケードとは

メタケードは、オンラインで最も幅広いアーケードゲームの品揃えと共にゲームプレイヤーのコミュニティを構築を目的とした新しいメタバースゲームプロジェクトです。このプラットフォームは、過去、現在、未来のすべてを1か所に集め、クラシックなアーケードゲームと最新のP2Eタイトルの素晴らしい範囲を提供します。次世代のオンラインゲームをサポートするために、メタグラントや求人情報などのツールの提供など、さらに先へ進む予定です。

エキサイティングで革新的なロードマップは、先日リリースされたホワイトペーパーから見ることが可能です。そこには今後数年間で、メタバースゲーム界を興奮の渦に巻き込む革命をおこし、この分野を先導するリーダーのあるべき姿のビジョンを明確に示しています。

例えば、広範なP2Eメカニズムの中にはコミュニティユーザーがお金を稼ぎ、この投資機会を利用するための他の方法が含まれています。ゲームプレイヤーは、ハブに投稿されたソーシャルコンテンツに報酬獲得の機会が与えられる Create2Earn(交流して稼ぐ)プログラムを通じて、他プレイヤーとの交流の活発化が奨励されます。

交流の種類は、ゲームのレビュー投稿からアルファの共有、さらには他プレイヤーがゲーム内のトリッキーな課題を克服するための助言を、ライブチャットを通して行うことなど多岐にわたります。

メタケードが提供する投資機会のもう一つの案として、Compete2Earn(競って稼ぐ)があります。ユーザーは保有しているMCADEトークンをステーキングすることで、オンライントーナメントや賞品抽選会への参加が可能になります。さらに Work2Earn(働いで稼ぐ)機能では、コミュニティメンバーが単発の仕事や、ゲームのベータテストに参加する機会を設ける予定です。この案は、2024年から本格的に始動する計画で Web3 業界で最もエキサイティングなフルタイムの仕事に応募できる場所になることでしょう。

メタケードの詳しい仕組みについて

メタケードプラットフォームの原動力であるMCADEトークンは、プラットフォーム上のすべてのトランザクションに使用され、プロジェクトの進化を促進します。資金は、内部および外部の複数のソースから生成され、メタケードをより健全な投資機会にしています。内部ソースとしてコミュニティメンバーからの、Compete2Earn機能の一部である MCADEのステークや、そのほかの有料アーケードタイトルをプレイするためへの支払いなどが存在します。

外部からの資金は、ハブ上の広告スペースの販売を通じて、メタケードの自給自足のエコシステムに流れ込みます。外部企業は、メタケードのローンチパッドツールを利用してゲームをアーケードにリリースできます。最終的に、Work2Earnプログラムの一環として、求人掲示板でWeb3およびGameFiの求人募集も行われる予定です。

ここで調達した資金は、ユーザーがコミュニティ活動の行いに対しての報酬として使用され、プラットフォームの継続的な進化をより広いGameFi業界の最前線に導きます。

メタケード:GameFiのパイオニアへ

おそらく、メタケードの計画の中で最も先進的でエキサイティングな取り組みとして、メタグラント(Metagrants)機能があります。2023年の後半にローンチが予定されています。コミュニティメンバー間のイノベーションを促進し、最終的にはメタケードと新しい才能が掛け合わさってメタバースゲーム革命の先駆者になることを目的としています。メタグラントは、メタケードを独自のGameFiプラットフォームとして特徴付けている重要な役目を果たします。

開発者は、独自のアプリケーションを提出して、メタケード専用の新しいP2Eの作成を後押しするための助成金を受け取ることができます。各アプリケーションは一箇所の空間に集められ、投票権を持った MCADE トークン所有者のコミュニティに提示されます。人気投票にて上位に輝いたゲーム案は、2024年以降にアーケード広場にて公開される前の開発段階に、資金が付与されます。

メタグラントの取り組みを備えたメタケードはさらなる良好な投資機会へと階段を駆け上がっています。しかしそれだけには留まらず、GameFi業界全体にもメリットを生み出します。魅力的な新しいP2Eゲームのリリースにより、その過程でWed3業界で働く意欲のある優秀な人材を見出し、業界内で働く上で不可欠な経験を積みます。求人掲示板を通じて次の仕事を見つける機会を提供します。その数年後、順調に経験を積んだ人材はWeb3 開発の最前線に立っていることでしょう。メタケードはこの大きなサイクルを通してコミュニティに成長をもたらします。

MCADE:10倍のリターンは現実的?

メタケードのプレセールイベントは、世間の人々に人気のある投資機会でした。開始から10週間で、プラットフォームは驚異的な500万ドルを調達し、その勢いは劣ることを知らず、現在640万ドルまで到達しています。

MCADEは、プレセールの各段階で価値が上昇します。最終段階の価格0.02ドルに上昇次第、中央集権型および分散型取引所での公共投資機会として公開されます。MCADEの需要は公開と同時に急増すると予想されており、専門家は初期からの投資家は大きな利益が得られると予測しています。2023年にこの投資機会で、10倍のリターンが達成可能になると見ています。

MCADEは10倍の利益を生む投資機会になりえるのか

現在のMCADEプレセール価格0.014ドルは、今日の弱気市場においてさえかなり過小評価されているように見えます。メタケードは、メタバース界で最も広範なアーケードゲームの提供を約束しており、GameFiのパイオニアになるという長期的な計画に確実に歩みを進めます。

次に大きな波を生み出す仮想通貨を探している投資家にとって、MCADEのプレセールは絶好の投資機会となるでしょう。

メタケードの詳細はこちらから


免責事項:この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年7月ニュースレター

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年7月ニュースレター

UAE政府とヴェノム財団「国家カーボンクレジット制度」の立ち上げに合意

UAE政府とヴェノム財団「国家カーボンクレジット制度」の立ち上げに合意

メタケード:ニューヨーク州の仮想通貨決済採用に伴い、Work2Earnプログラムの開発を急ぐ

メタケード:ニューヨーク州の仮想通貨決済採用に伴い、Work2Earnプログラムの開発を急ぐ

経済データと市場動向の関連性への理解

経済データと市場動向の関連性への理解

リップルとSECの訴訟と先行発売中の注目銘柄メタケード

リップルとSECの訴訟と先行発売中の注目銘柄メタケード

CoinEx「2021年間レビュー」エコシステム確立とサービスの向上でユーザーとともに高みを目指す

CoinEx「2021年間レビュー」エコシステム確立とサービスの向上でユーザーとともに高みを目指す

注目度の高い仮想通貨ニュース

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

Coincheck INO「ディライズラストメモリーズ」のドールNFT販売へ

Coincheck INO「ディライズラストメモリーズ」のドールNFT販売へ

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

イーサリアム共同創設者「人工知能(AI)の活用」に期待示す|応用可能性のある分野は?

イーサリアム共同創設者「人工知能(AI)の活用」に期待示す|応用可能性のある分野は?

Grayscaleの現物ビットコインETF「GBTC」流出額が過去最低水準に

Grayscaleの現物ビットコインETF「GBTC」流出額が過去最低水準に

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

史上初のBRC-20のICOを開催したビットコインドック、開始から1週間で310万ドルを調達

史上初のBRC-20のICOを開催したビットコインドック、開始から1週間で310万ドルを調達

新たな仮想通貨の大躍進:ビットコインドックが先導

新たな仮想通貨の大躍進:ビットコインドックが先導

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

マイクロストラテジー「公式X乗っ取り」の被害に|仮想通貨の盗難報告も

マイクロストラテジー「公式X乗っ取り」の被害に|仮想通貨の盗難報告も

ビットポイント:国内初オシトークン(OSHI)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットポイント:国内初オシトークン(OSHI)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す