Flare製NFTのDOGEとXRPによる購入実験が成功

by BITTIMES

データベース用レイヤー1のFlareは2023年2月23日に、新しい相互運用機能のライブデモを実施しました。これにより「State Connector」と「Flare Time Series Oracle(FTSO)」という、2つのコア相互運用性プロトコルの実装により、NFTがトラストレスに購入され、別のチェーンで別のトークンによるトランザクションが実行可能であることが実証されました。ライブデモは、FlareのカナリアネットワークであるSongbird上で行われ、購入にはDOGEとXRPが使用されました。同機能は現在ベータ版が公開中です。

FlareのState Connectorプロトコルは、他のブロックチェーンやインターネットからの情報を、安全かつスケーラブルかつ信頼性の高い方法で使用することができます。同プロトコルは、Flareチェーン上のEVMベースのスマートコントラクトによって動作します。今回のライブデモでは、Flare以外のチェーンで、支払情報の参照を含む、多数のトランザクションが実行可能であることが実証されました。

Flare Time Series Oracleは、中央集権的なプロバイダに依存することなく、価格とデータフィードをFlare上のdappsに高度に分散化して提供します。ライブデモでは、DOGE建ておよびXRP建てで、NFTのリアルタイム価格が表示されました。

FlareはEVMベースのブロックチェーンであるため、イーサリアムや他のEVMチェーンで実現できることは、Flare上でもすべて実行することができます。今回のデモで作成されたNFTは、Solidityで記述された標準的なERC721コントラクトであり、ネットワーク上で公表されました。必要となった変更はわずかで、FTSOおよびState Connectorと統合するためのメソッドの追加のみでした。

FlareのCEO兼共同創業者であるヒューゴ・フィリオン(Hugo Philion)氏は、次のようにコメントしています。

今回のデモでは、業界初となる新機能と、将来的なユースケースのアピールに重点を置いた。多彩かつ安全かつ分散化されたデータをチェーン上で提供することができる、Flareの真価をご理解いただけたなら幸いだ。NFTのデモでは、FlareがレガシートークンをアンロックできるWeb3ユーティリティの実用化例であり、ネットワーク上のdappsで信頼性を持って使用できることを証明してみせた。Flareならではの相互運用性プロトコルの機能を最大限に活用して、エンジニア達はいったいどのようなアプリケーションを開発してくれるのか? とても楽しみだ。

【ライブデモの模様】

【Flareについて】
Flareは、EVMベースのレイヤー1ブロックチェーンである。開発者は他のチェーンやインターネットからの整合性の高いデータに分散的にアクセスすることができる。これにより、新しいユースケースの開発とマネタイズが可能となった。同時に、アプリは1つのデプロイメントから複数のチェーンに対応できるようになった。

FlareのState Connectorプロトコルは、他のブロックチェーンやインターネットからの情報を、安全かつスケーラブルかつ信頼性の高い方法で使用することができる。Flare Time Series Oracleは、中央集権的なプロバイダに依存することなく、価格とデータフィードをFlare上のdappsに高度に分散化して提供する。

両プロトコルの実装により、より多くのデータをFlare上に構築したり、複数のエコシステムにFlareからサービスを提供することが可能となった。

Website
Twitter
Telegram
Discord


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

BINANCE:カイバーネットワーク(Kyber Network/KNC)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:カイバーネットワーク(Kyber Network/KNC)の「永久先物取引」提供へ

【追記あり】コインチェック「ナスダック上場」の期限を1年延長

【追記あり】コインチェック「ナスダック上場」の期限を1年延長

Microsoft Edge「ブラウザ組み込み型の仮想通貨ウォレット」をテストか

Microsoft Edge「ブラウザ組み込み型の仮想通貨ウォレット」をテストか

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説