ビットコインキャッシュの慈善団体が南スーダンで食糧供給

by BITTIMES   

ビットコインキャッシュ(BCH)コミュニティからの寄付を受けている『Eat BCH』という慈善団体は、経済的な問題で栄養不足に苦しんでいる南スーダンの人々に食糧の供給を始めました。彼らの活動は世界中の地域に広がるピア・ツー・ピア(P2P)の電子現金食料システムとなっています。

Eat BCHは非営利団体

Twitterのハンドルと非営利団体である『Eat BCH』は、これまでにもベネズエラの個人や家族を支援してきました。彼らは仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)で購入した食べ物を提供しています。

『Eat BCH』のTwitterページにアクセスすると、ベネズエラの人々が写った数百枚もの写真が掲載されています。各写真には、子供から高齢者までの多くの人々が、Eat BCHのメンバーが訪れた日付とともに『@eatBCH』という文字が記載されています。

Eat BCHチームは、公開時に16.84BCHまたは18,427ドル(約200万円)を集めており、それらのお金とともにベネズエラで長い道のりを歩んでいます。

ベネズエラの次は南スーダン

Eat BCHは現在、経済的苦境に直面している南スーダン地域の人々を支援しています。

南スーダンの人々は、食糧や飲み水などの供給が不足しており、資金不足などの問題も抱えています。
現在内戦状態にあるこの地域は、過去数週間にわたって世界の主流メディアでも取り上げられており、南スーダンの過酷な環境が各地で報じられています。

Eat BCHのメンバーは、このような南スーダンの個人と家族を援助することを決定し、アフリカ地域に住む人々への食糧供給のために努力しています。

Eat BCHの活動記録

初日となった5月31日にEat BCHチームは『南スーダンでは雨が降っていたが、50人以上が食べ物を食べに訪れた』と報告しています。

経済危機は南スーダンのすべての家族に圧力をかけているので、私たちはできる限りのお手伝いをしています。 これがコミュニティの一体性です!

Eat BCHの活動

その後3日間で投稿された写真からは、南スーダンの多くの人々に「Eat BCH」が広まったことを感じ取ることができます。

Eat BCHは「多くの人々が自分のボウルを持って暖かい食事をすることを喜んでいる」と説明しています。

南スーダンは11,000%のインフレ

南スーダンの子供達

6月1日に彼らがスパイシーなレンズ豆とお米を配っている時には、子供たちは食事を分け合うために並んでいて、ビットコインキャッシュの寄付がそれらの食事をどのように購入したかを見て喜んでいたとも説明されています。

 

彼らは、南スーダン・ポンド(SSP)は11,000%のインフレに悩まされていることを強調しています。

その日、仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)のCEOであるBrian Armstrong(ブライアン・アームストロング)氏は、仮想通貨と慈善寄付の件について幅広い事柄ついてTwitterのEat BCHチームに次のようにコメントしています。

仮想通貨で人助けを行う(ユーティリティーフェーズが現れている)、これはかなり素晴らしいことです。

ビットコインキャッシュコミュニティの取り組み

ビットコインキャッシュ(BCH)のコミュニティはこのような慈善活動の他にも、様々な取り組みを行なっています。

BCHを活用したアプリケーションであるCoinText(コインテキスト)は、世界中の銀行を持たない人々のために簡単かつ便利な決済サービスを提供しています。
このサービスを利用すれば、テキストメッセージ(SMS)でコマンドを入力するだけで世界中のどの携帯電話でもビットコインキャッシュを送受信することができます。

コインテキストは、世界中のすべての人が利用できるサービスとなることを目指していると同時に、法定通貨を必要としない世界をつくることを約束しています。

昨年のハードフォークによって新たに誕生したビットコインキャッシュは、その名前が示す通り支払い手段としての性能を大きく向上させた仮想通貨となっています。

ビットコインキャッシュは今年の初め頃、1BCHあたり27万円〜30万円前後で取引されていましたが、その後7万円を下回るまで下落しました。

ビットコインキャッシュの価格推移ビットコインキャッシュの価格推移(coingecko.comから)

しかしここ最近では、ビットコインキャッシュが日本のコンビニで利用できるようになると報道されていることなどによって、価格も回復しつつあります。

以下の動画ではビットコインジーザスとして有名なロジャー・バー氏が「日本のコンビニでBCH決済が可能になる」と示唆しています。

世界中で愛されているビットコインキャッシュについての詳しく知りたい方はこちらの記事もオススメです。

ビットコインキャッシュ(BCH)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

(引用:news.bitcoin.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Amazonでビットコインが使えるブラウザ拡張機能「Moon」Lightning Network対応へ

Amazonでビットコインが使えるブラウザ拡張機能「Moon」Lightning Network対応へ

チャールズ皇太子:ブロックチェーンに「興味深い」と歴史的発言、即記録へ

チャールズ皇太子:ブロックチェーンに「興味深い」と歴史的発言、即記録へ

Lamborghini:ブロックチェーンで保護された「カスタムペイント車両」を公開

Lamborghini:ブロックチェーンで保護された「カスタムペイント車両」を公開

JPモルガンが暗号資産戦略部門を創設|CEOは意見を改める

JPモルガンが暗号資産戦略部門を創設|CEOは意見を改める

台湾初!仮想通貨による「政治献金」の受け取りを発表 ー 台北市議会候補者

台湾初!仮想通貨による「政治献金」の受け取りを発表 ー 台北市議会候補者

北米最大のシーフードメーカーがブロックチェーン導入「マグロの捕獲場所」などを公開

北米最大のシーフードメーカーがブロックチェーン導入「マグロの捕獲場所」などを公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

トッププラットフォームがIEOを立ち上げ|Platinum Q DAO研究チームが「BTCNEXT」を選択

トッププラットフォームがIEOを立ち上げ|Platinum Q DAO研究チームが「BTCNEXT」を選択

この秋、第4回目の「Q DAOトークンセール」が開催されます

この秋、第4回目の「Q DAOトークンセール」が開催されます

BINANCE:KYC画像漏洩に関する「最新情報」を公開|今後の対応なども説明

BINANCE:KYC画像漏洩に関する「最新情報」を公開|今後の対応なども説明

デジタル通貨「Jコイン」で不正アクセス被害|加盟店情報18,000件流出か

デジタル通貨「Jコイン」で不正アクセス被害|加盟店情報18,000件流出か

Libra協会:最大賞金10,000ドルの「バグ報奨金プログラム」を開始

Libra協会:最大賞金10,000ドルの「バグ報奨金プログラム」を開始

韓国大手芸能事務所「SM Entertainment」独自の仮想通貨・ブロックチェーン開発を計画

韓国大手芸能事務所「SM Entertainment」独自の仮想通貨・ブロックチェーン開発を計画

ほぼ全てのアルトコイン「最終的には無価値」に:アンソニー・ポンプリアーノ

ほぼ全てのアルトコイン「最終的には無価値」に:アンソニー・ポンプリアーノ

社会貢献活動に「東京都独自のデジタル通貨」を|小池都知事が所信表明

社会貢献活動に「東京都独自のデジタル通貨」を|小池都知事が所信表明

JLL日本:ブロックチェーン用いた「不動産プラットフォーム構築」を実証実験

JLL日本:ブロックチェーン用いた「不動産プラットフォーム構築」を実証実験

ビットコイン下落相場はもう終わり?わずか数十分で「5%急上昇」

ビットコイン下落相場はもう終わり?わずか数十分で「5%急上昇」

JVCEA:国内仮想通貨取引所の「統計情報(最新版)」を公開|口座数は300万を突破

JVCEA:国内仮想通貨取引所の「統計情報(最新版)」を公開|口座数は300万を突破

電話番号で仮想通貨を送受信できる「SIMカード」を公開:Telx Technologies

電話番号で仮想通貨を送受信できる「SIMカード」を公開:Telx Technologies

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す