ニューヨーク州が仮想通貨のタスクフォースを立ち上げか

by BITTIMES   

ニューヨーク州議会は仮想通貨をより幅広い分野で活用するためのルールを確立するために、タスクフォースの立ち上げを提案しました。

タスクフォースの設立と調査内容

ニューヨーク州議会は急増する仮想通貨とブロックチェーン産業を調べるためにタスクフォース(*1)の立ち上げを提案しました。

(*1)タスクフォースとは、緊急性の高い特定の課題に取り組むために設置される特別チームのこと。通常は組織内の各部署から適任者を抜擢し、短期集中的に課題解決にあたります。もともとは軍事用語で「機動部隊」を意味します。

この提案が承認された場合には、9つのタスクフォースが5月30日の会議の要旨に基づいて2019年12月までに調査結果の詳細を報告することになります。

タスクフォースの立ち上げに関する提案は、仮想通貨が金融市場において重要な存在となることに議員らが期待していることを示唆しています。

タスクフォースのメンバーには次の事項の答えを導き出すことが求められています。

  1. 現在どのくらいの仮想通貨が取引されており、市場占有率はどれくらいか?
  2. ニューヨーク州で運営されている仮想通貨取引所の数と、月間平均取引量はどのくらいか?
  3. 仮想通貨の使用が州および地方の税収に与える影響とは何か?
  4. 仮想通貨の大手投資家は誰か?
  5. 仮想通貨をマイニング(採掘)するためにどれくらいのエネルギーが必要か?
  6. 仮想通貨市場はどの程度透明で、価格操作の可能性は何か?
  7. 現在のその他の州、連邦政府、および外国の仮想通貨関連の法律はどんなものか?
  8. 市場の透明性を高め、消費者保護を高めるにはどうすればよいか?
  9. ニューヨークは仮想通貨の長期的な影響にどのように対処すれば良いか?

億万長者として有名なウォーレン・バフェット氏とノーベル賞を受賞した経歴のあるエコノミストであるロバート・シラー氏は「仮想通貨の流行は長くは続かない」との判断から却下しており、シラー氏は次のように述べています。

「ビットコインマニアは、人間の奇妙な行動の一つの例です。」

その一方で世界中の規制当局は急成長している産業に対処するためのガイドラインを確立するために、かなりの時間と労力を費やしてきました。懐疑的な人は『なぜ長くは続かないとされる市場を規制する必要があるのか?』と疑問に思うかもしれません。

ニューヨーク州のこれまでの調査

ニューヨーク州は、成長と拡大を続ける中で業界の理解と監視を強化している米国の数少ない州一つです。

ニューヨーク州検事総長室は2018年4月に、Coinbase、Gemini、Binanceなどの大手仮想通貨取引所13社にアンケートを送付し、仮想通貨取引に関する調査を開始しました。

NY検事総長室は「ビットコイン(BTC)に対する関心の高まりと業界を騒がせたハッキング騒動の中でこの調査を開始した」と述べています。

ウィンクルボス兄弟として知られる双子のキャメロン氏とタイラー氏は「より透明性と慎重な規制は市場にとって良いことである」と語っており、この取り組みを賞賛しています。

仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini Exchange)のCEOであるタイラー・ウィンクルボス(Tyler Winklevoss)氏は次のように語っています。

「これらのテクノロジーは、財務につながる慎重な規制がなければ、繁栄し成長することはできません。法域が適切なバランスを取る限り、われわれはそれが大きな利益となると考えているし、仮想通貨のためにに勝つ」

ウィンクルボス兄弟が運営する取引所Geminiには、先月の中旬に匿名性の高い仮想通貨であるジーキャッシュ(Zcash/ZEC)が上場しています。

Geminiにはニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)による厳しい規制制度の1つである「BitLicense」フレームワークが適用されているため、プライバシーを重視した匿名性の高い仮想通貨であるZcashの追加には多くの注目が集まりました。

これによってGeminiは、世界で初めてライセンスされたZcash取引所となっています。

仮想通貨取引への取り組みが本格化

また5月の初めにはニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル・エクスチェンジ社(ICE)が大規模投資家向けに、ビットコイン取引を提供するプラットフォームの立ち上げに取り組んでいることが明らかになっています。

大規模金融機関がビットコイン取引を開始?

今回のタスクフォースによる調査が行われ具体的な詳細が明らかになる頃には、NY州全体の仮想通貨への取り組みはより活発になっていることが予想されます。

ニューヨーク州で取引が認められた仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)は、Huobi.pro(フォビ)BINANCE(バイナンス)でも購入することができます。

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

(引用:ccn.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「バンク・オブ・アメリカ」 ブロックチェーン技術の未来への期待

「バンク・オブ・アメリカ」 ブロックチェーン技術の未来への期待

イーサリアム(ETH)近い将来「90%上昇」の可能性|人気アナリストが価格分析

イーサリアム(ETH)近い将来「90%上昇」の可能性|人気アナリストが価格分析

ブロックチェーン搭載車両の開発に向け「MOBI Grand Challenge」トーナメント開催

ブロックチェーン搭載車両の開発に向け「MOBI Grand Challenge」トーナメント開催

BINANCE CEO:Ripple社との提携「将来的には必ず実現したい」xRapid導入に関心

BINANCE CEO:Ripple社との提携「将来的には必ず実現したい」xRapid導入に関心

仮想通貨は金融安定性にリスクをもたらすものではない

仮想通貨は金融安定性にリスクをもたらすものではない

AirAsia Groupで独自の仮想通貨の導入か?

AirAsia Groupで独自の仮想通貨の導入か?

注目度の高い仮想通貨ニュース

この秋、第4回目の「Q DAOトークンセール」が開催されます

この秋、第4回目の「Q DAOトークンセール」が開催されます

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月8日〜14日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月8日〜14日

イギリスの国際送金会社「Xendpay」RippleNetで対応地域を拡大

イギリスの国際送金会社「Xendpay」RippleNetで対応地域を拡大

ネム(NEM/XEM)活用した次世代SNS「nemgraph」公開|投稿写真の使用権販売機能も

ネム(NEM/XEM)活用した次世代SNS「nemgraph」公開|投稿写真の使用権販売機能も

テレグラムの独自通貨Gram:仮想通貨取引所「Blackmoon」上場の可能性

テレグラムの独自通貨Gram:仮想通貨取引所「Blackmoon」上場の可能性

ビットコイン先物の「必要証拠金・維持率」など概要を公開:Bakkt

ビットコイン先物の「必要証拠金・維持率」など概要を公開:Bakkt

CME:ビットコインの「オプション取引」提供へ|2020年第1四半期に開始予定

CME:ビットコインの「オプション取引」提供へ|2020年第1四半期に開始予定

Coinbase:Gramトークンなど「仮想通貨17銘柄」の取り扱いを検討

Coinbase:Gramトークンなど「仮想通貨17銘柄」の取り扱いを検討

金融庁:仮想通貨関連の「事務ガイドライン」を一部改正|パブリックコメントにも回答

金融庁:仮想通貨関連の「事務ガイドライン」を一部改正|パブリックコメントにも回答

仮想通貨「即時交換モジュールAPI」を企業・開発者向けに提供へ:インフィニト

仮想通貨「即時交換モジュールAPI」を企業・開発者向けに提供へ:インフィニト

仮想通貨BATによる投げ銭機能が「Reddit・Vimeo」でも利用可能に:Braveブラウザ

仮想通貨BATによる投げ銭機能が「Reddit・Vimeo」でも利用可能に:Braveブラウザ

仮想通貨ATMに「XRP」追加か|Ripple投資部門、業界最大手「Coinme」に出資

仮想通貨ATMに「XRP」追加か|Ripple投資部門、業界最大手「Coinme」に出資

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す