仮想通貨=犯罪?先入観に潜む危険性に警鐘を鳴らす元米国連邦検事

by BITTIMES   

元米国連邦検事であるメアリー・ベス・ブキャナン(Mary Beth Buchanan)氏は、仮想通貨の絡む犯罪の方が数多くあるという意見に強く反対しており、仮想通貨と法定通貨の現状について自身の考えを語っています。

仮想通貨市場に漂う誤った認識

ペンシルベニア州西部地区の元米国弁護士であるメアリー・ベス・ブキャナン氏は、6月4日にアムステルダムで開催された『Money20/20ヨーロッパ・カンファレンス』内のパネルディスカッションで「仮想通貨市場に漂う否定的なイメージを払拭する必要がある」と発言しました。

現在の一般的な認識では「仮想通貨は犯罪に利用されることが多い」と考えている人も多いですが、ブキャナン氏は「実際には仮想通貨よりもはるかに多くの犯罪が法定通貨によって実行されている」と語っています。

彼女はコインテレグラフとのインタビューの中では自らの意見について次のように詳しく語っています。

「私は(アメリカ)司法省に21年間勤務していましたが、仮想通貨の絡む犯罪の方が数多くあるという意見はフェアではありません。実際、私はそのことに強く反対しています。むしろ仮想通貨は法定通貨(現金)とは異なり、追跡することが可能です。」

仮想通貨の重要性において『匿名性』を重要視しているユーザーにとっては、実際は法定通貨よりも仮想通貨の方が追跡しやすいということには疑問を抱くかもしれません。

しかしブキャナン氏は、仮想通貨のブロックチェーン上での動き方を追跡するのに法執行機関が活用できる「商業的に入手可能なツール」が数多く存在することを強調しています。

彼女は代表的な例として「Elliptic」や「Chainalysis」などのブロックチェーン特有のインテリジェンス・システムを挙げています。

規制当局はアップデートが必要

それでもなおブキャナン氏は「法執行機関にはやり残していることが大いにある」ことを認めつつ、この課題をインターネットが普及する前の初期段階にたとえています。

彼女は規制当局に対して「後れをとらないためにも自らの業務をアップデートする必要がある」とも語っており、伝統的な有価証券のために20世紀前半に導入された『時代遅れの規制』は、21世紀の技術革新にとって厄介なものであるとしています。

現在、大手仮想通貨取引所であるKraken(クラーケン)で法律顧問を務めているブキャナン氏は「過去4~5年間は仮想通貨業界と深くかかわってきた」と語っており、価値を世界中に移転するためのコスト効率の良い手段となる仮想通貨が「素晴らしいツール」であると擁護しています。

仮想通貨導入の将来について

仮想通貨導入の将来について尋ねられたブキャナン氏は「私たちはすでに世界中でその将来を見ている」という考えを述べており、銀行口座を持たない利用者が増えていることを示唆しています。

コインテレグラフの報告によると、仮想通貨は不正な目的で悪用されており2018年の早期の論文では『すべてのユーザーの約4分の1、そしてビットコイン(BTC)取引の半分近くが違法な活動に関連している』と推測されています。

しかしより広い文脈の中でとらえると、このような調査結果もより軽微なものに映るだろうとも語られており、ビットコインによる国際的な違法行為が1年間におよそ720憶ドル(約7兆9,069億円)の規模で行われていると推定される一方で、同じ論文では10年に1000憶ドル(約10兆9,818億円)の法定通貨が米国単独でドラッグに使われたことを明らかにする数字が挙げられています。

(引用:cointelegraph.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ウォレットアプリ「Abra」フィンテック企業と提携|1,000以上の銀行をサポート

仮想通貨ウォレットアプリ「Abra」フィンテック企業と提携|1,000以上の銀行をサポート

マイク・タイソン:ブロックチェーンプロジェクト「Fight to Fame」との関与を否定

マイク・タイソン:ブロックチェーンプロジェクト「Fight to Fame」との関与を否定

「ブロックチェーンとは?」ヨーロッパ医療機関の「44%」が初耳=IDC調査

「ブロックチェーンとは?」ヨーロッパ医療機関の「44%」が初耳=IDC調査

Braveブラウザの報酬機能が「iPhone・iPad」でも利用可能に|バージョン1.0公開

Braveブラウザの報酬機能が「iPhone・iPad」でも利用可能に|バージョン1.0公開

Visa×Circle「ステーブルコイン対応のクレジットカード」発行へ

Visa×Circle「ステーブルコイン対応のクレジットカード」発行へ

未登録の仮想通貨取引所に「業務停止・資金返還」を命令:マレーシア規制当局

未登録の仮想通貨取引所に「業務停止・資金返還」を命令:マレーシア規制当局

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

ドイツ政府「ブロックチェーン用いたデジタル証券」を合法化

ドイツ政府「ブロックチェーン用いたデジタル証券」を合法化

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

PayPal:暗号資産カストディ大手「BitGo」の買収断念か=Fortune報道

PayPal:暗号資産カストディ大手「BitGo」の買収断念か=Fortune報道

Kraken:2021年に「Lightning Network」導入へ|BTC入出金が高速かつ低コストに

Kraken:2021年に「Lightning Network」導入へ|BTC入出金が高速かつ低コストに

SBI VCトレード:限定デザインQuoカードがもらえる「2つのキャンペーン」開催

SBI VCトレード:限定デザインQuoカードがもらえる「2つのキャンペーン」開催

bitFlyer×なんぼや「ビットコイン最大1,000円分もらえるキャンペーン」開催

bitFlyer×なんぼや「ビットコイン最大1,000円分もらえるキャンペーン」開催

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

コインベース:IPO(株式公開)関連で「Goldman Sachs」と協力か=報道

コインベース:IPO(株式公開)関連で「Goldman Sachs」と協力か=報道

ドージコイン価格:短時間で「25%」急騰|背景にはイーロン・マスク元CEO

ドージコイン価格:短時間で「25%」急騰|背景にはイーロン・マスク元CEO

Socios × canow「日本・東南アジアでのサービス展開」に向け業務提携

Socios × canow「日本・東南アジアでのサービス展開」に向け業務提携

米投資会社SkyBridge「ビットコインファンド」立ち上げ|BTCの将来性を高く評価

米投資会社SkyBridge「ビットコインファンド」立ち上げ|BTCの将来性を高く評価

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す