NFTプロトレーダー向けサービス「OpenSea Pro」公開

by BITTIMES

NFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」は2023年4月4日に、NFTプロトレーダー向けの高機能サービスとなる「OpenSea Pro」を公開しました。OpenSea Proは「Gem V2」をリブランディングした新サービスであり、合計170以上のNFTマーケットプレイスからNFT情報を集約して利用者に提供する仕組みが採用されています。

こちらから読む:NFT関連の記事を新着順で確認「NFT」関連ニュース

170以上のNFTマーケットの情報を集約

OpenSea(オープンシー)は2023年4月4日に、NFTプロトレーダー向けの高機能サービスとなる「OpenSea Pro」を公開しました。

OpenSea Pro(オープンシープロ)は、OpenSeaが2022年4月に買収したNFTアグリゲーター(複数のNFTマーケットの情報を集約するサービス)「Gem V2」をリブランディングした新サービスであり、合計170以上のNFTマーケットプレイスからNFT情報を集約して利用者に提供する仕組みが採用されています。

OpenSea Proの特徴としては以下のような点が挙げられており、OpenSea Proのウェブアプリはモバイル端末向けに最適化されているため、スマートフォンから直接NFTを閲覧・検索・リストアップすることができるとも説明されています。

OpenSea Pro(オープンシープロ)の特徴

  • NFTマーケットプレイス全体のユーザーやコレクションのアクティビティをリアルタイムで更新
  • 購入・コレクションオファー・リスティングを自由にコントロールできる高度な注文機能
  • ウォレット・コレクション・アイテムの各レベルで分析しながら、マーケットプレイスでアイテムを簡単に購入・販売・管理することができる強力な在庫管理機能
  • Offers・Bid・NFTプールなど、各マーケットプレイスから出品されるあらゆるオファーを集約。最適な価格で販売することが可能
  • NFTアグリゲーターの中で最もガス代を最適化したスマートコントラクトを使用
  • モバイルデバイスにも最適化されているため、スマートフォンから直接NFTを閲覧・検索・リストアップすることが可能
  • その他にも、ウォッチリスト・ライブミントオーバービュー・バッチ転送などの新機能を搭載

「OpenSea Pro」は既に公開されているため、公式サイトにアクセスすることによって実際に利用することが可能で、MetaMask(メタマスク)などの仮想通貨ウォレットを接続してサービスを利用したり、「プロ向け」「コレクター向け」など自分に合ったスタイルに画面をカスタマイズすることも可能となっています。

プロ向けのレイアウトを使用すれば自分が保有するNFTコレクションの管理画面で「Rank・List Price・Cost・Offer」などの情報を一目で確認することが可能で、コレクター向けのレイアウトを使用すれば各種NFTアイテムの画像をタイル形式で確認することもできます。

>>「OpenSea Pro」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bittrex Global:2020年6月に「取引所トークン」公開へ

Bittrex Global:2020年6月に「取引所トークン」公開へ

米証券取引委員会(SEC)VanEckの現物ビットコインETFに「非承認」判断

米証券取引委員会(SEC)VanEckの現物ビットコインETFに「非承認」判断

BINANCE「ビットコイン現物の取引手数料無料化」13ペアを期間限定で

BINANCE「ビットコイン現物の取引手数料無料化」13ペアを期間限定で

【XRP盗難】Ledgerの「偽拡張機能」で被害報告|転送先はクジラウォレット

【XRP盗難】Ledgerの「偽拡張機能」で被害報告|転送先はクジラウォレット

SBI VCトレード:貸暗号資産「VCTRADE LENDING」サービス開始

SBI VCトレード:貸暗号資産「VCTRADE LENDING」サービス開始

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年7月ニュースレター

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年7月ニュースレター

注目度の高い仮想通貨ニュース

dHealth Networkが「COSMOS」に移行|DHPのブリッジ・移行・ステーキング方法をわかりやすく解説

dHealth Networkが「COSMOS」に移行|DHPのブリッジ・移行・ステーキング方法をわかりやすく解説

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す