【重要】ビットバンク「旧預入アドレスの廃止」を発表|BTC・ETHなど6銘柄

by BITTIMES   

暗号資産取引所ビットバンク(bitbank)は2023年4月14日に、合計6種類の暗号資産で使用されていた「旧預入アドレス」を廃止して、旧預入アドレスへの預け入れ反映を停止することを発表しました。

アドレス帳などに旧預入アドレスを登録している方などは注意が必要です。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

旧預入アドレスの預入反映「4月18日」で停止

ビットバンク(bitbank)は2023年4月14日に、旧預入アドレスでの預け入れ反映を2023年4月18日15:00をもって停止することを発表しました。

同社はセキュリティ向上施策の一環として2022年7月と2021年3月に一部暗号資産の預入アドレスを変更していました。この際には「既にユーザーに割り当てられている預入用アドレスは継続して利用できる」ということが報告されていましたが、今回の発表ではこの"旧預入アドレス"を廃止することが報告されています。

旧預入アドレス停止の対象となる暗号資産は以下の6銘柄であり、停止日時以降に旧預入アドレスに送付された資産は預入の反映を行うことができないとされているため、ビットバンクを利用している方は注意が必要です。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCC)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
モナコイン(Monacoin/MONA)
クアンタム(Qtum/QTUM)
イーサリアム(Ethereum/ETH)

一部の暗号資産取引所やウォレットなどではアドレス帳機能でウォレットアドレスを事前に登録しておくことが可能となっていますが、ビットバンクの旧預入アドレスをアドレス帳に登録している状態でそのまま旧預入アドレスに仮想通貨を送金してしまった場合には資産の預入が反映されないことになるため、アドレス帳などを利用している場合は旧預入アドレスを「新しい預入アドレス」に変更しておくことが重要です。

なお、ビットバンクは暗号資産を入金する際の注意点として「ビットバンクに暗号資産を送付する際には、各暗号資産の入金画面に表示されている預入アドレスを利用するように」と説明しており、預入アドレスが表示がされていない場合は"預入アドレスの発行"を行うようにも説明されています。

暗号資産取引所などでは定期的に「入金用アドレス・預入用アドレスの変更」が実施されていることも多く、変更に気付かずに旧アドレスに仮想通貨を送金してしまった場合には、誤送金した暗号資産を回収できなくなる場合もあるため、仮想通貨を送金する場合には"送金先のアドレスが間違っていないかどうか"をしっかりと確認することが重要です。

ビットバンク公式発表

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインチェックが「Enjin」と連携|マインクラフトで利用できるデジタル資産取扱いへ

コインチェックが「Enjin」と連携|マインクラフトで利用できるデジタル資産取扱いへ

仮想通貨取次所「Sakura Exchange BitCoin(SEBC)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨取次所「Sakura Exchange BitCoin(SEBC)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Craig Wright:リップルを批判「XRPは違法な未登録証券」

Craig Wright:リップルを批判「XRPは違法な未登録証券」

米SECの証券判断に「Cardano・Solana・Polygon」が反論

米SECの証券判断に「Cardano・Solana・Polygon」が反論

楽天ウォレット:仮想通貨と「楽天ポイント」の交換サービスを開始

楽天ウォレット:仮想通貨と「楽天ポイント」の交換サービスを開始

Cardano(ADA)新たなバージョンへとアップグレード|DAEDALUS Walletにも新機能

Cardano(ADA)新たなバージョンへとアップグレード|DAEDALUS Walletにも新機能

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインはエルサルバドルを「最も裕福な国の1つ」に変える:ティム・ドレイパー氏

ビットコインはエルサルバドルを「最も裕福な国の1つ」に変える:ティム・ドレイパー氏

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

The Shibで紹介された「AIRian・RUNNER X・AIRトークン」とは?新たなM2Eアプリの登場

The Shibで紹介された「AIRian・RUNNER X・AIRトークン」とは?新たなM2Eアプリの登場

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

「テスラは将来ドージコイン決済を可能にする」イーロン・マスク氏の発言でDOGE価格急騰

「テスラは将来ドージコイン決済を可能にする」イーロン・マスク氏の発言でDOGE価格急騰

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

ビットコインは売り切れ状態?コインチェック「大口OTC取引サービス」を一時停止

ビットコインは売り切れ状態?コインチェック「大口OTC取引サービス」を一時停止

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す