PlanB氏「ビットコインはS2Fのモデルラインに戻る」と予想|2022年の価格は異常値

by BITTIMES   

ビットコイン(BTC)の価格は2021年〜2022年に、多くのアナリストの強気予想に反して大幅下落することとなりましたが、ビットコイン価格予想で知られる著名アナリストのPlanB氏は2『2022年のビットコインは異常値だっただけで、2023年以降はS2Fのモデルラインに戻っていく』との考えを語っています。

BTCの成長は「採用率50%」まで続くと予想

S2F(ストック・フロー)と呼ばれる価格予想モデルを用いてビットコイン価格予想を行なっていることで知られる著名アナリストのPlanB氏は2023年4月27日に『2022年のビットコインは異常値だっただけで、2023年以降はS2Fのモデルラインに戻っていく』との考えを語りました。

S2Fモデルとは、市場に存在する量/年間生産量(ストック/フロー)に基づいて計算を行う価格予想モデルであり、金や銀などの貴金属やビットコインなどの希少性と価値を測るためのモデルとして利用されています。

PlanB氏はS2Fモデルを用いたビットコイン価格予想で長期的な値動きを高い精度で予測していることで知られており、記事執筆時点のTwitterフォロワー数は187万人を超えています。

ビットコイン価格はPlanB氏を含めた多くのアナリストに「2021年末には10万ドル(約1,360万円)を超える」と予想されていたものの、結果的には10万ドルに到達することなく急落し、2022年11月には16,000ドル(約217万円)付近まで下落しました。

2022年のビットコイン価格は予想されていたよりも大幅に下落することとなりましたが、PlanB氏は今回のツイートで『私自身は2022年が異常値だっただけで、指数関数的な成長はビットコインの採用率が〜50%になるまで続くと考えている』と語っています。

2024年の半減期サイクルは非常に興味深いものになりそうです。
2022年が異常値だっただけで、2023年以降はS2Fのモデルラインに戻るか。もしくは、S2F/HALVINGと価格の間に非線形の関係があり、リターンが減少していくということも考えられます。

私自身は「2022年は異常値であり、指数関数的な成長は採用率が〜50%になるまで続く」と考えています。時間が解決してくれるでしょう。

2024年の半減期による大幅上昇を予想

PlanB氏が今回のツイートで述べている「半減期」とは、"マイニング報酬が半分になる転換期"のことを指しています。ビットコインの半減期は約4年周期で訪れており、価格上昇のタイミングを見極める上で重要なイベントの1つとしても注目されています。

次のビットコインの半減期は記事執筆時点で2024年3月〜4月頃に訪れると予測されていますが、PlanB氏は「ビットコインは次の半減期に向けて大幅に成長する可能性が高い」と予想しています。

今回のツイートでは具体的な目標価格などは語られていないものの、同氏は過去のツイートで「ビットコインは半減期の後に上昇する」との予想も語っています。

ビットコインの価格予想に関する記事の一覧はこちらのページから確認することができます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「アルトコイン3銘柄」も受け入れへ

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「アルトコイン3銘柄」も受け入れへ

【国内初】Huobi Japan:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

【国内初】Huobi Japan:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

カルダノNFTマーケット「JPG Store」日本語など合計7言語に対応

カルダノNFTマーケット「JPG Store」日本語など合計7言語に対応

HEXA:ホルモン食堂「食樂」のメニュースポンサーNFT販売へ|本日21時から

HEXA:ホルモン食堂「食樂」のメニュースポンサーNFT販売へ|本日21時から

GMOコイン:ライブ配信アプリ「Palmu」のIEO検討開始|PLMトークンを販売予定

GMOコイン:ライブ配信アプリ「Palmu」のIEO検討開始|PLMトークンを販売予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

DexHunter:カルダノ分散委任ツール「Atrium」と提携|独自のステーキングバスケット提供へ

DexHunter:カルダノ分散委任ツール「Atrium」と提携|独自のステーキングバスケット提供へ

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す