ビットコインの検索量は減少してもビヨンセよりも大きい

by BITTIMES   

『ビットコイン』のGoogle検索ボリュームは、価格の下落と直接相関して75%ほど低下していますが、人々はまだ『Beyonce』や『ブロックチェーン』よりも世界トップの仮想通貨を検索しています。

ビットコイン価格とGoogle検索

DataTrek Researchの共同設立者であるNicholas Colas氏によると、検索量の低下は価格に悪い影響をもたらす兆候であるとのことです。

『ビットコインの新規購入者がどのくらいいるか』を調べるために、Google Trendsを使用して『ビットコイン』の検索クエリを追跡しているというColas氏は、「ビットコインは、国際的な注目を回復するために『新しい物語』が必要である」と語っています。

『ビットコイン』の検索量の変化『ビットコイン』の検索量の変化(trends.google.comから)

2017〜18年のビットコインの価格の変化2017〜18年のビットコインの価格の変化(coinmarketcap.comから)

上の画像は指定された地域と時間の検索ボリュームを表しています。
グラフの数字は、その期間や地域において最も検索量の多かった点を基準にした割合を表しており、100はそのキーワードのピークの人気度を表し、50は人気度の半分を意味します。そして、0はこの用語に十分なデータがなかったことを意味します。

Colas氏は、新しい仮想通貨ウォレットの伸び率は2017年の第4四半期には7.6%だったのに対して、今年は3.7%の伸びにとどまるとも付け加えています。

『Bitcoin』vs『Beyonce』

検索量や価格の下落にもかかわらず、ビットコイン(BTC)は依然として仮想通貨のトップに君臨しており、ポップカルチャーにおいても最優秀選手であることが証明されています。

bitcoinist.comの調査によると、米国における過去1ヶ月間の『Bitcoin』の検索量は『Beyonce』よりも大きく、『Trump』のほんの数ポイント下にしか過ぎません。

BitcoinとBeyonceとTrumpの検索量BitcoinとBeyonceとTrumpの検索量(bitcoinist.comから)

さらに人気のある検索用語を組み込むと、『Bitcoin』が『Taylor Swift』や『Kim Kardashian』よりも人気があることがわかります。
また最も顕著な例としては、一年のほとんどの期間でワールドカップを上回ることさえあることも紹介されています。

Bitcoin,world cup,Taylor Swift,Kim Kardashianの検索量Bitcoin,world cup,Taylor Swift,Kim Kardashianの検索量(bitcoinist.comから)

短期間で見た場合の価格の低下や検索ボリュームの低下によって不安や疑念が広がってはいるものの、これらのデータは明らかにビットコインが『新しい物語』を必要としないことを示しており、現在でも世界的に注目を集めていることも確かです。

実際に『Bitcoin』は2017年に2番目に人気のあるGoogle検索用語となっています。

2017年のグローバルニュース検索ランキング2017年のグローバルニュース検索ランキング(trends.google.comから)

仮想通貨の話題性

2018年の検索データでは当面ビットコインへの関心が薄れてはいますが、検索件数の減少や仮想通貨市場が成長していないのは初めてではありません。

今年はイニシャル・コイン・オファリング(ICO)から90億ドル(約9,888億円)以上が調達されています。これは昨年のすべてのものよりも50億ドル(約5,493億円)も高い金額でもあります。また伝統的な金融とウォール街からの関心が高まっているビットコインをベースとした新しい金融商品は一年中注目されています。

ビットコイン(BTC)の検索ボリュームは下落してはいるものの、このまま消え去ることになる可能性は限りなくゼロに近いと言えるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアムは次のApple(アップル)になるかもしれない|Steve Wozniak

イーサリアムは次のApple(アップル)になるかもしれない|Steve Wozniak

BTCBOX「アマゾンギフト券や5,000円が当たる」2つのキャンペーン開催

BTCBOX「アマゾンギフト券や5,000円が当たる」2つのキャンペーン開催

【Sorare】PSGムバッペ選手のNFTカード「約674万円」で落札|価格は100倍以上に

【Sorare】PSGムバッペ選手のNFTカード「約674万円」で落札|価格は100倍以上に

ビットコインは格安すぎる。1BTC=100万円が妥当だ!

ビットコインは格安すぎる。1BTC=100万円が妥当だ!

Google検索における「仮想通貨関連の詐欺広告」止まらず|なぜ掲載は続くのか?

Google検索における「仮想通貨関連の詐欺広告」止まらず|なぜ掲載は続くのか?

BINANCE:中国・コロナウイルス被害者支援で「1,000万元」を寄付

BINANCE:中国・コロナウイルス被害者支援で「1,000万元」を寄付

注目度の高い仮想通貨ニュース

ProShares「メタバース特化型のETF」を米国証券取引委員会に申請

ProShares「メタバース特化型のETF」を米国証券取引委員会に申請

NFTアイコンメーカー「iconee」2022年1月22日にα版リリースへ

NFTアイコンメーカー「iconee」2022年1月22日にα版リリースへ

NFT会員証用いたプライベートダイニングレストラン「Flyfish Club」公開へ

NFT会員証用いたプライベートダイニングレストラン「Flyfish Club」公開へ

Decentraland×UNXD:仮想空間で「メタバース・ファッション・ウィーク」開催へ

Decentraland×UNXD:仮想空間で「メタバース・ファッション・ウィーク」開催へ

テゾス(Tezos/XTZ)フランスの強豪eスポーツチーム「Team Vitality」と提携

テゾス(Tezos/XTZ)フランスの強豪eスポーツチーム「Team Vitality」と提携

Binance Saving「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JASMY)」をサポート

Binance Saving「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JASMY)」をサポート

英広告監視機関「Arsenal FCのファントークン広告」に警告|説明不足だと指摘

英広告監視機関「Arsenal FCのファントークン広告」に警告|説明不足だと指摘

二次元アート特化のNFTマーケット「ANIFTY」二次流通・IPFS対応へ

二次元アート特化のNFTマーケット「ANIFTY」二次流通・IPFS対応へ

カルダノDEXの「SundaeSwap」ISO対象ステークプールを8つ追加|過飽和問題に対処

カルダノDEXの「SundaeSwap」ISO対象ステークプールを8つ追加|過飽和問題に対処

BINANCE「カナダ」と「バーレーン王国」でライセンス取得

BINANCE「カナダ」と「バーレーン王国」でライセンス取得

HEXA:ガス代・仮想通貨不要で利用できる「日本円ベースのNFT二次流通マーケット」追加

HEXA:ガス代・仮想通貨不要で利用できる「日本円ベースのNFT二次流通マーケット」追加

トンガ王国「ビットコインの法定通貨化」に関する法案、2022年秋に提出へ

トンガ王国「ビットコインの法定通貨化」に関する法案、2022年秋に提出へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す