Uniswap「スワップ機能」の使い方|仮想通貨を交換する方法を解説

by BITTIMES   

口座開設・登録なしで様々な暗号資産を手軽に交換できる分散型取引所「Uniswap(ユニスワップ)」で提供されている"スワップ機能"の使い方を画像付きでわかりやすくご紹介します。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

Uniswapを使うための前準備

Uniswap(ユニスワップ)のサービスを使うためには、最初に暗号資産取引所で購入した仮想通貨をMetaMask(メタマスク)などのウォレットに移動させる必要があります。サービス利用のために必要となる前準備は以下の通りです。

  1. 国内暗号資産取引所で口座開設する
  2. 国内取引所に日本円を入金して仮想通貨を購入
  3. 購入した仮想通貨をウォレットに移動
  4. ウォレットを「Uniswap」のサイトに接続
  5. 接続完了後は交換機能などを利用できる

Uniswap公式サイトのConnect(接続)ボタンからウォレットの接続が可能Uniswap公式サイトのConnect(接続)ボタンからウォレットの接続が可能

>>利用する国内取引所でお悩みの方はこちら
>>メタマスクの利用方法はこちら
>>ユニスワップウォレットの利用方法はこちら

暗号資産のスワップ方法

暗号資産のスワップとは、自分が保有している暗号資産を他の暗号資産と交換することを指します。Uniswapは非常に多くの仮想通貨に対応しているため、メジャーな仮想通貨であれば基本的に自由な組み合わせで仮想通貨を交換することができます。

今回は、Uniswapの公式サイトでも説明されている「イーサリアムのネットワーク上でETHをDAIに交換する方法」を例にご紹介します。

Uniswapのスワップ機能でトークンを交換する手順は以下の5ステップです。

  1. Uniswapにウォレットを接続
  2. 交換したいトークンを選択する
  3. トークン選択画面でトークンを選ぶ
  4. 交換したい金額を入力
  5. 取引内容を最終確認する
  6. ウォレット側でトランザクションを確認

交換したいトークンを選択する

最初に「Swap」画面の中央に表示されている画面で"交換したいトークン"を選択します。上部に表示されているのが交換元のトークン、下部に表示されているのが交換先のトークンとなります。

交換元と交換先のトークンを選択する交換元と交換先のトークンを選択する

トークン選択画面でトークンを選ぶ

交換元・交換先の項目に表示されている「トークンのアイコン(ティッカーシンボル)の部分」を選択すると、トークンを選ぶ画面が表示されるため、この画面でトークンを選択します。

交換したいトークンが見つからない場合は、検索窓に「トークン名」や「トークンのコントラクトアドレス」を入力することによって絞り込みを行うこともできます。

トークン選択画面では検索窓からキーワード検索することも可能トークン選択画面では検索窓からキーワード検索することも可能

交換したい金額を入力

トークンを選び終わったら、交換したいトークン金額(数量)を入力します。入力時には交換元・交換先のどちらかに数字を入力すれば、もう片方にも自動的に数量が表示される仕組みとなっています。

数量を入力すると、その時のトークン価格情報に基づいて自動的に「取得できるトークンの枚数」や「交換に必要なトークン数量」が表示されるため、その取引内容で問題なければ「スワップ」のボタンをクリックしましょう。

片方の数量を入力すればもう片方は自動算出。問題なければ「スワップ」をクリック片方の数量を入力すればもう片方は自動算出。問題なければ「スワップ」をクリック

取引内容を最終確認する

「スワップ」をクリックすると、予想される交換枚数・価格への影響・最小購入枚数・ネットワーク手数料などの各種情報が表示されるため、この画面で取引内容をもう一度確認します。

ネットワークが混雑している場合には「ネットワーク手数料」が非常に高額になっている場合もあるため、内容はしっかりと確認することが重要です。取引内容に問題がなければ「スワップの確認」をクリックします。

取引内容をしっかりと確認して、問題なければ「スワップの確認」をクリック取引内容をしっかりと確認して、問題なければ「スワップの確認」をクリック

ウォレット側の操作で取引を完了

「スワップの確認」をクリックすると、接続しているウォレットの画面が表示され、ウォレット側で「最終的な取引内容の確認」が求められます。内容に問題がなければ、ウォレット側で「確認」ボタンをクリックして取引を完了すればトークンの交換が完了となります。

仮想通貨の購入機能について

Uniswap:仮想通貨購入機能の画像

Uniswapのスワップ画面には、仮想通貨を購入できる「Buy」のボタンも設置されていますが、記事執筆時点で日本居住者はこの仮想通貨購入機能を利用することができません。

これは、Uniswapでの仮想通貨購入を可能にしているオンライン決済サービス「MoonPay(ムーンペイ)」が日本向けサービスを提供していないことが原因で、日本居住者がBuy機能を利用しようとすると『仮想通貨の購入はお住まいの地域ではご利用いただけません』との注意書きが表示される仕様となっています。

そのため、Uniswapを通じて仮想通貨を交換する際には、最初に国内取引所で任意の仮想通貨を購入して、メタマスクなどのウォレットに仮想通貨を移動させる必要があります。

なお、国内取引所や分散型取引所で仮想通貨を売買して一定の利益が発生した場合には、損益計算・確定申告を行なった上での納税が必要となりますので、これらの手続きも忘れないようにしましょう。

分散型取引所(DEX)を利用している場合は、損益計算の作業がやや複雑になる場合がありますが、日本国内ではDEXにも対応している損益計算サービスが複数提供されているため、不安な方はそれらのサービス利用を検討してみるのも良いでしょう。

>>「Uniswap」の公式サイトはこちら

クリプタクトの画像 自動損益計算ツール「クリプタクト」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨Libra「ホワイトペーパー2.0」公開|単一通貨型ステーブルコインも発行へ

仮想通貨Libra「ホワイトペーパー2.0」公開|単一通貨型ステーブルコインも発行へ

SBIフィナンシャル:暗号資産マーケットメーカー「B2C2 Limited」を子会社化

SBIフィナンシャル:暗号資産マーケットメーカー「B2C2 Limited」を子会社化

MetaTokyo:Decentralandのメタバース土地を追加購入|所有区画は4倍強に

MetaTokyo:Decentralandのメタバース土地を追加購入|所有区画は4倍強に

AI投資自動売買のQUOREA「Amazon Pay」で利用料の支払いが可能に

AI投資自動売買のQUOREA「Amazon Pay」で利用料の支払いが可能に

元素騎士オンライン「LAND販売価格・区画数」を発表|1月14日から販売開始

元素騎士オンライン「LAND販売価格・区画数」を発表|1月14日から販売開始

BINANCE:先物取引「9月中」に開始予定|新たな紹介プログラムも発表

BINANCE:先物取引「9月中」に開始予定|新たな紹介プログラムも発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

シバイヌ(SHIB)は今後「300%以上」上昇する?さらに強気な価格予想も

シバイヌ(SHIB)は今後「300%以上」上昇する?さらに強気な価格予想も

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す