マネックスクリプトバンクが暗号資産の格付評価「ランキングTOP10」公開

by BITTIMES   

30種類の暗号資産の格付評価を実施

マネックスクリプトバンクは2023年7月12日に、CoinGeckoの分類法に基づいて30種類の暗号資産を7つの項目別に相対評価した上で、それらの最終スコアに基づく暗号資産のランキングを発表しました。

今回の格付評価では日本国内に上場している様々な暗号資産を含む合計30種類の仮想通貨が評価対象とされており、具体的には「流動性・カタストロフィーリスク・ハッキングリスク・法規制リスク・集中リスク・プロジェクト稼働率スケーラビリティと分散性」など7つの項目に分けてスコアを付与したと説明されています。

評価プロセスの概要については以下のように説明されており、要素ごとの比率についての説明も行われています。なお、この比率については『今後格付けの見直しの際に変動する可能性があるため、あくまで参考としてもらいたい』と説明されています。

【評価プロセスの概要】

  • 各要素を評価するための指標を収集する(ある日付時点までの情報で判断する)
  • 各指標を一定の基準とパーセンタイルで区切り、各区分に10段階で得点をつける(相対評価)
  • 各指標ごとに比率を設定し加重平均してその要素の評価を決定する
  • 各要素ごとに比率を設定し加重平均してその暗号資産としての総合評価を決定し順位づけする
  • 順位をつける際に、同順位の場合は時価総額が高い方を上の順位とする

要素ごとの比率の参考(画像:マネックスクリプトバンク)要素ごとの比率の参考(画像:マネックスクリプトバンク)

格付評価に基づく暗号資産ランキングTOP10

今回公開されたプレスリリースでは、格付評価に基づく暗号資産のランキングTOP10も公開されており、具体的には「BTCETHADADOTSOLDOGEBNBLTCAVAXETC」などの仮想通貨がランクインしています。

2023年6月8日時点における格付け結果(画像:マネックスクリプトバンク)2023年6月8日時点における格付け結果(画像:マネックスクリプトバンク)

なお、マネックスクリプトバンクは今回の発表で「暗号資産の格付評価をテーマとしたリサーチレポート」を配信したことも報告しており、詳細を確認したい場合は「申込ページ」から申請を行うことによって無料でレポートを受け取ることが可能となっています。

今後は暗号資産格付けサービスの展開も視野

マネックスクリプトバンクは、暗号資産の数は25,000種類以上にものぼるが、それぞれの性格は異なるため、暗号資産に投資する際には「暗号資産をどのように評価するか」が重要になってくると説明しています。

同社は「投資を行う際に投資家が重視する要素」について、国内機関投資家をはじめとする金融関係者へのヒアリングを行なったとのことで、ヒアリングを通して浮かび上がってきた重要項目として「流動性・集中リスク・法規制・コンプライアンスリスク・技術的なリスク」などを挙げています。

今回の格付レポートは「これらの項目を踏まえて暗号資産を格付けすることで投資家へ有益な情報を発信できるのではないか」との考えから作成されたものであるとのことで、格付けによって投資家に「見るべき重要ポイント」をわかりやすく伝えることができ、要素を絞って格付けすることで性質の異なる通貨を一定の判断基準で比較・評価することができると説明されています。

マネックスクリプトバンクは、今回の評価モデルに基づいた「暗号資産格付けサービス」の提供も視野に入れているとのことで、Web3の各テーマに関するリサーチ・研究内容をまとめたレポート「MCB RESEARCH」を刊行することも報告されています。

「MCB RESEARCH」では、Web3全般の技術動向に着目した「TECH」シリーズと、暗号資産のマーケット動向に関連した「CRYPTO」シリーズなどに分けて内容を提供していくとのことですが、これは客観的な情報提供を第一義としたもので、暗号資産などの売買を推奨するものではないとも説明されています。

>>仮想通貨関連の最新記事はこちら

マネックスクリプトバンク発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ハードウェアウォレット『Digital BitBox』とは?

ハードウェアウォレット『Digital BitBox』とは?

Telegram投資家:TONブロックチェーン「公開時期の延期」に合意=Forbes報道

Telegram投資家:TONブロックチェーン「公開時期の延期」に合意=Forbes報道

ブロックチェーン関連の「求人募集」アメリカで急増 ー 前年比300%アップ

ブロックチェーン関連の「求人募集」アメリカで急増 ー 前年比300%アップ

シバイヌ(SHIB)プライバシー重視のL3開発に向け「1,200万ドル」の資金調達

シバイヌ(SHIB)プライバシー重視のL3開発に向け「1,200万ドル」の資金調達

2020年代は「イーサリアム価格上昇」が続く?BTCとETHの興味深い共通点

2020年代は「イーサリアム価格上昇」が続く?BTCとETHの興味深い共通点

Cardano(ADA)の合計ウォレットアドレス数「400万」を突破

Cardano(ADA)の合計ウォレットアドレス数「400万」を突破

注目度の高い仮想通貨ニュース

革新的なクラウドマイニングを提供するBitcoin Minetrixのプレセールが最終段階へ

革新的なクラウドマイニングを提供するBitcoin Minetrixのプレセールが最終段階へ

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

無登録の仮想通貨サービス利用に「FBI」が警告|捜査の影響を受ける可能性も

無登録の仮想通貨サービス利用に「FBI」が警告|捜査の影響を受ける可能性も

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットポイント:ソラナ(Solana/SOL)取扱開始|記念キャンペーンも開催

ビットポイント:ソラナ(Solana/SOL)取扱開始|記念キャンペーンも開催

Bitcoin MinetrixがUniswapでローンチ!チームはBTCMTXの10%トークン焼却を発表

Bitcoin MinetrixがUniswapでローンチ!チームはBTCMTXの10%トークン焼却を発表

ビットコイン「バブル崩壊」は近い?暴落予想を的中させたベテラントレーダーが警告

ビットコイン「バブル崩壊」は近い?暴落予想を的中させたベテラントレーダーが警告

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す