仮想通貨への疑心が好奇心に|アイルランドの投資家が300%も増加

by BITTIMES   

仮想通貨の需要はアイルランドに住むミレニアル世代の間でも高まっており、投資家の総数は300%も増加しています。最も新しの調査では約20万人が仮想通貨を保有しているという結果も出ており、仮想通貨に対する認識は「疑惑」から「好奇心」に変化しています。

投資家の増加

アイルランドでは、ミレニアル世代からの仮想通貨に対する考え方に変化が現れ始めています。同国では過去12年間で12万人以上が仮想通貨を保有しており、投資家の数は300%も増加しました。

アイリッシュ・タイムズ紙が得た新しい調査結果によると、大多数の投資家がビットコイン(BTC)を保有していることが明らかになりました。その次に保有率が多いのはライトコイン(LTC)となっており、3番目にはイーサリアム(ETH)が続いています。

仮想通貨の保有率

現在アイルランドでは、約12万人が複数の仮想通貨を保有しており、ビットコインを保有または取引するユーザー数は約18万人となっています。

この調査は、レッドフラッグ(Red Flag)の通信機関とアマラック・リサーチ(Amarach Research)が16歳以上の1,000人以上の参加者を対象に実施しています。

同社は、「仮想通貨とフィンテックイノベーションに対する市民からの姿勢を測定するのは、一連の研究の中で"最初のもの"である」と主張しています。

しかしこの調査では、人々が仮想通貨に興味を持っていても業界全体や技術への理解度は依然として低いことも示されています。

技術への理解度

最も仮想通貨に賛成しているのは、25〜34歳のミレニアル世代であり、この年齢層の人々は他の人よりも仮想通貨を所有する可能性が3倍高いという結果が出ています。仮想通貨に対する姿勢は男性と女性の間でも大きな違いはなく、女性よりも男性の方がわずかに保有率が高い傾向にあるということがわかっています。

具体的な数値としては、ユーザーの約44%がビットコインを、30%がライトコイン、27%がイーサリアムを保有しています。

しかし採用が増加しているにもかかわらず、業界全体の理解は低いままです。
調査対象ユーザーの約3分の2は、仮想通貨の基盤となっているブロックチェーンの技術について『聞いたことがない』と回答しており、残りの3分の1から40%の人々に関しても、それらの技術については『ほんの少ししか理解していない』と答えています。

今後の課題

この調査では、仮想通貨に対する公衆からの感情が"疑心"から"好奇心"に変化したことも示唆されています。仮想通貨の広告が影響を与える範囲が増加するにつれて、人々はそのコンセプトにさらに興味を持つようになりました。

Amarachによる研究結果では、ビットコインを認識している市民の数は2014年の時点では50%以下であったものの、2018年には85%にまで増加したことが明らかになっています。

AmarachのGerard O'Neill会長はこの報告書に次のようにコメントしています。

「仮想通貨の支持者は、アイルランドでより多くの採用を推進するためにはまだまだ道のりがあります。」

しかしながら彼は「関心が高まっているので、国はより高い成長のための理想的な条件を構築している」と述べています。

またRed Flag IrelandのDierdre Grant専務理事は次のように述べています。

「これは、アイルランドの特に若い男性の間で急速に成長している分野です。しかしその理解レベルは依然として非常に低く、回答者のうちの8人に1人は『仮想通貨』が主に犯罪者によって使用されていると信じています。

保有率が増えてはいるものの、それらの技術や詳細についての正しい認識が追いついていないアイルランドでは、よりしっかりとした知識や理解のある人物によるブロックチェーン技術の普及活動やユーザー同士のコミュニケーションが重要となってくると考えられます。

アイルランドで人気のビットコインやライトコインなどの購入はbitbank(ビットバンク)がおすすめです。

仮想通貨取引所 bitbank の画像リップル(XRP)を取引手数料無料で購入できる仮想通貨取引所bitbankはこちら

(引用:blokt.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Binance JEX:独自仮想通貨の「エアドロップ開催」を発表|合計2億トークンを配布

Binance JEX:独自仮想通貨の「エアドロップ開催」を発表|合計2億トークンを配布

ビットコインで「株式・ETF」に簡単投資|仮想通貨ウォレットアプリ:Abra(アブラ)

ビットコインで「株式・ETF」に簡単投資|仮想通貨ウォレットアプリ:Abra(アブラ)

DeFiプロジェクトKava:クロスチェーンマネーマーケット「Harvest」公開へ

DeFiプロジェクトKava:クロスチェーンマネーマーケット「Harvest」公開へ

悪用した被害も確認「Lightning Networkの脆弱性」開発者らが警告

悪用した被害も確認「Lightning Networkの脆弱性」開発者らが警告

ビットコインを億万長者はこう見ている「賛成する人しない人」

ビットコインを億万長者はこう見ている「賛成する人しない人」

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

本田 圭佑:デジタル通貨「KSK HONDA コイン」発行へ|ファンとの交流を強化

本田 圭佑:デジタル通貨「KSK HONDA コイン」発行へ|ファンとの交流を強化

日本銀行「一般利用型CBDC」に関する方針を公表|2021年度早期に概念実証を実施

日本銀行「一般利用型CBDC」に関する方針を公表|2021年度早期に概念実証を実施

GMOコイン:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

GMOコイン:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

Cardano(ADA)の投票アプリ「Catalyst Voting」Google Playストアに登場

Cardano(ADA)の投票アプリ「Catalyst Voting」Google Playストアに登場

BTCBOX:暗号資産の「かんたん売買(販売所)」サービス提供開始

BTCBOX:暗号資産の「かんたん売買(販売所)」サービス提供開始

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

ファイルコインと「イーサリアム関連開発ツール」統合へ:ConsenSys×Protocol Labs

ファイルコインと「イーサリアム関連開発ツール」統合へ:ConsenSys×Protocol Labs

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月18日〜24日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月18日〜24日

長期投資戦略として「ビットコインを大量購入」英上場企業Mode Global Holdings

長期投資戦略として「ビットコインを大量購入」英上場企業Mode Global Holdings

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す