Ripple社:オープンメタバース手掛ける「Futureverse」に出資|XRPLなどを統合

by BITTIMES   

Rippleなどから5,400万ドルの資金調達

Ripple社は2023年7月19日に、ブロックチェーン・暗号資産・人工知能などの技術を活用するメタバース企業「Futureverse」に出資したことを発表しました。

Futureverseは18日のツイートで「10T Holdings」が主導するシリーズAラウンドで5,400万ドル(約75億円)の資金を調達したことを発表しており、Ripple社はこのツイートを引用する形で同社に出資したことを報告しています。

Futureverseのビジョンをサポートできることに興奮しています!

「XRPL・XRP・XLS-20」をサポート

Futureverse(フューチャーバース)は、11の異なる企業で構成されるメタバース企業であり、複数のプラットフォームを相互に行き来できるオープンメタバースのプラットフォームや、パブリックブロックチェーンである「The Root Network」などを開発しています。

「The Root Network」は、イーサリアム仮想マシン(EVM)との互換性を有するブロックチェーンとなっていますが、Ripple社との提携によって「XRP Ledger(XRPL)」にも対応、ガス代の支払いで「XRP」を使用できる他、XRPLのNFT規格である「XLS-20」もサポートされていると報告されています。

なお、FutureverseはFIFAとの協力によるフットボールゲーム「AI League」や、モハメド・アリ・エンタープライズとの提携によるボクシングゲーム「Muhammad Ali – The Next Legends」なども展開されているとのことです。

「Futureverse」の共同創設者であるAaron McDonald氏と、「Ripple」のプレジデントであるMonica Long氏は、今回のパートナーシップについて次のようにコメントしています。

【Futureverse:Aaron McDonald氏】
メタバースは人々が互いに関わり協力し合う方法を変革し、ゲーム・支払い・資産管理などを含む様々な分野での体験を向上させる可能性を秘めています。この可能性を実現するためには、オープンで拡張性が高く、相互運用可能なインフラが必要です。

Futureverseは、ネクストレベルの技術インフラとAI主導のコンテンツを組み合わせて、私たち全員が思い描くオープンメタバースを構築します。素晴らしいパートナーである「10T Holdings」や「Ripple」の助けを借りて、メタバースを抽象的なアイデアから具体的でアクセスしやすく、インタラクティブな目的地に導くことができることに興奮しています。

【Ripple:Monica Long氏】
Futureverseのビジョンをサポートし、「The Root Network」と「XRP Ledger」の統合を祝えることを嬉しく思います。

Futureverseはメタバースのような大きなコンセプトに取り組む初期段階のプロジェクトですが、Rippleは基盤となるインフラ開発に貢献して、オープンメタバースのエンドユーザーに真の有用性を提供していきたいと考えています。

>>リップル関連の最新記事はこちら

メタバース関連のニュースは過去にも

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:証拠金取引に「XRP/ETH」の通貨ペアを追加

BINANCE:証拠金取引に「XRP/ETH」の通貨ペアを追加

仮想通貨マイニング企業に30%課税「DAME税」を提案:米ホワイトハウス

仮想通貨マイニング企業に30%課税「DAME税」を提案:米ホワイトハウス

コインチェック「Sharely(シェアリー)」の公式サイト公開|バーチャル株主総会の運営支援

コインチェック「Sharely(シェアリー)」の公式サイト公開|バーチャル株主総会の運営支援

Decentraland・The Sandboxなどで「JPYC経済圏」構築へ|JPYCとアドミンが事業提携

Decentraland・The Sandboxなどで「JPYC経済圏」構築へ|JPYCとアドミンが事業提携

NFTを発行できるSymbol基盤の「新COMSA」31日公開へ|記念キャンペーンも開催

NFTを発行できるSymbol基盤の「新COMSA」31日公開へ|記念キャンペーンも開催

ビットコインを組み合わせた「確定拠出年金プラン」提供へ:資産運用会社DAiM

ビットコインを組み合わせた「確定拠出年金プラン」提供へ:資産運用会社DAiM

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す