Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

by BITTIMES

米国のメタバース企業「Anifie(アニフィー)」は2022年11月24日に、Ripple社が設立した「クリエイター・ファンド」第二弾支援先企業7社のうちの1社として採択されたことを発表しました。今回の発表では、AnifieのNFTメタバースがETHに加えて「XRPレジャー」に対応したことも報告されています。

こちらから読む:ビットポイント、シバイヌ(SHIB)取扱いへ「暗号資産」関連ニュース

日本市場向け初の支援先として採択

米国のメタバース企業「Anifie(アニフィー)」は2022年11月24日に、Ripple社が設立した「クリエイター・ファンド」第二弾支援先企業7社のうちの1社として採択されたことを発表しました。

Anifie(アニフィー)は、アメリカ・カリフォルニア州に本社を構えるNFTメタバースのスタートアップであり、企業にホワイトレーベルなどの形でNFTやメタバースを用いた新しいマネタイズの機会を提供、スタンフォード大学のアクセラレーター「StartX」や、カリフォルニア大学バークレー校のアクセラレータ「Berkely Blockchain Accelerator」にも参加しています。

「クリエイター・ファンド」はRipple社が昨年設立した2億5,000万ドル(約380億円)規模のファンドであり、同ファンドはこれまでにマイケル・ジョーダン氏のNFTコレクションなど、パブリックブロックチェーン「XRPレジャー」を活用するNFTプロジェクトの支援を行なってきました。

今回の発表では「クリエイター・ファンド」の第2回目の支援先の採択で、全世界から選別された7社のうちの1社として「Anifie」が採択されたことが報告されています。なお、日本人が代表取締役をつとめる企業としては世界初の受賞であるとも説明されています。

AnifieのNFTメタバースが「XRPレジャー」に対応

先月末にはXRPレジャー上でのコミュニティ投票の結果、NFTの新規格がメインネットでローンチされていましたが、今回の発表ではこれにあわせてAnifieのNFTメタバースが「XRPレジャー」に対応したことも報告されています。

「Anifie」では、NFTマーケットプレイスやメタバースが提供されており、イーサリアム(ETH)関連のウォレットを接続したり、ETHで支払いを行うことができるようになっていましたが、現在はXRPを保管することができるウォレット「Xumm」を接続して各種サービスを利用することができるようになっています。

Anifieは公式発表の中で『クリエイター・ファンドから得た資金で、日本の強みであるコンテンツ・IPを活かして、ファンが皆で熱狂し、自分の情熱に出会えるようなメタバースを提供していく』と述べており、「Anifie」の代表取締役である岩﨑洋平氏と、「Ripple社」の戦略及びオペレーション担当バイスプレジデントである吉川絵美氏は、次のようにコメントしています。

【Anifie:岩﨑洋平氏】
私は、もともと司法のバックグラウンドで、これまでには、クリーンテック企業を経営したり、福島第一原発事故後の後処理にかかわるなど、社会の役に立つ事業がしたいと思って、経験を積んできました。

ウォール・ストリート・ジャーナルが、「Facebookレポート」を出す前から、米国のティーンエージャー達に、ソーシャルネットワークの悪影響が出ていることに気が付き、「皆が、自分自身でいられて、熱狂でき、帰属感を感じられる」インターネットが作れないかと考えてきました。

今後、日本の強力なコンテンツIPを、一般の消費者やファンに届けることで、「皆が、自分自身でいられて、熱狂でき、帰属感を感じられる」インターネットというビジョンに向けて近づきたいと考えています。

【Ripple社:吉川絵美氏】
XRPというと、金融機関によって国際送金に使われているイメージが強いかもしれませんが、その基盤となるXRPレジャーはWeb3の様々なユースケースをサポートする機能を有しています。最近ではNFTの新規格がメインネットで導入されるなど、継続的なイノベーションが分散化されたコミュニティによって推進されています。

国際送金のユースケースで長年に渡って金融機関に使われてきた実績があり、パブリックブロックチェーンの中でも、特にエンタープライズグレードの信頼性の高いチェーンです。

元弁護士の連続起業家が経営するAnifieが、XRPレジャーを活用するメタバース事業を日本の企業や個人に対して展開して、メタバースを浸透させていくことを大変期待しています。

>>「Anifie」の公式サイトはこちら
>>「Anifie」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Kraken(クラーケン)販売所の取引ペアを「合計53ペア」に拡大

Kraken(クラーケン)販売所の取引ペアを「合計53ペア」に拡大

GMOコイン:販売所・つみたて暗号資産で「DAI・MKR」取扱い開始

GMOコイン:販売所・つみたて暗号資産で「DAI・MKR」取扱い開始

ダークウェブ上に「150億以上のアカウント認証情報」が流出|暗号資産保有者も要注意

ダークウェブ上に「150億以上のアカウント認証情報」が流出|暗号資産保有者も要注意

手塚プロダクション初の「公式NFTプロジェクト」始動|鉄腕アトムの原稿アートNFT発行へ

手塚プロダクション初の「公式NFTプロジェクト」始動|鉄腕アトムの原稿アートNFT発行へ

Chiliz Exchange「インテル・バレンシアCFの公式ファントークン」本日取扱い開始

Chiliz Exchange「インテル・バレンシアCFの公式ファントークン」本日取扱い開始

暗号資産の税制改革「現時点ではまだ難しい」麻生大臣が音喜多議員の質問に回答

暗号資産の税制改革「現時点ではまだ難しい」麻生大臣が音喜多議員の質問に回答

注目度の高い仮想通貨ニュース

NFTレンタルサービス「RentaFi」OasysのL2チェーンTCGVerseと提携

NFTレンタルサービス「RentaFi」OasysのL2チェーンTCGVerseと提携

Bitget:新機能「ストラテジープラザ」でソーシャルトレーディングに革新をもたらす

Bitget:新機能「ストラテジープラザ」でソーシャルトレーディングに革新をもたらす

Jasmy「サガン鳥栖ファントークンアプリローンチキャンペーン」開催|利用者全員にDDポイント付与

Jasmy「サガン鳥栖ファントークンアプリローンチキャンペーン」開催|利用者全員にDDポイント付与

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

コインチェック:The SandboxのLAND「414個」追加販売へ|2022年11月17日から

コインチェック:The SandboxのLAND「414個」追加販売へ|2022年11月17日から

自動車大手「Renault」業界初の産業用メタバースを構築

自動車大手「Renault」業界初の産業用メタバースを構築

2023年に向けて、今後注目の仮想通貨プロジェクトは何?

2023年に向けて、今後注目の仮想通貨プロジェクトは何?

XANA:日韓スターが共演するアニメ「FLAGLIA」をメタバース&NFTゲーム化

XANA:日韓スターが共演するアニメ「FLAGLIA」をメタバース&NFTゲーム化

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」2023年1月リリースへ

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」2023年1月リリースへ

カルダノ関連DEX「AdaSwap」メインネットで正式稼働

カルダノ関連DEX「AdaSwap」メインネットで正式稼働

XANAメタバース「CryptoNinja」のNFTゲームリリースへ|NFTDuel第三弾IPコラボ

XANAメタバース「CryptoNinja」のNFTゲームリリースへ|NFTDuel第三弾IPコラボ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月27日〜12月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月27日〜12月3日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す