コインチェック:Polygonチェーンのネイティブトークン「MATIC」取扱いへ

by BITTIMES   

(追記:2023年8月7日)MATICの取扱開始日について追加発表がありましたので、記事の内容を追記・修正しています。

大手企業も活用する「MATIC」が上場

暗号資産取引所コインチェックは、同社が提供している複数のサービスで2023年8月8日からポリゴン(MATIC)の取扱いを開始することを発表しました。

ポリゴン(Polygon/MATIC)は、処理速度の速さ・手数料の安さ・汎用性の高さなどに強みを持つブロックチェーンであり、スターバックスNIKEセブンイレブンなど様々な大手企業でもPolygonの技術が活用されています。

【Polygon活用に関する最新記事】
スタバは複数のNFTコレクションを展開
NIKEはデジタルアイテムを展開
セブンイレブンのNFTもPolygon基盤

4つのサービスで取扱い予定

コインチェックは、Ethereumネットワーク上のMATICではなく「Polygonチェーン上のネイティブトークンMATIC」を取扱うとのことで、取扱対象となるサービスとしては以下の4つが挙げられています。

  • Coincheck(WEB)およびCoincheckアプリにおける送金・受取・購入・売却
  • Coincheck貸暗号資産サービス
  • Coincheckつみたて
  • Coincheck NFT(*1)

(*1)2023年8月中に決済通貨として追加予定

なお、コインチェックが提供しているNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」では、2022年10月から"PolygonチェーンのNFT"が販売されています。

コインチェックのプロダクト部長である澤村周平氏は、MATICの新規上場について「Polygonチェーンのネイティブトークンに対応することにこだわった」とコメントしています。

今回、Polygonの取扱いにおいて、当社としてはEhereumチェーン上のERC20トークンではなく、Polygonチェーンのネイティブトークンに対応することにこだわりました。

Polygonチェーンは、その高いスループットと低いトランザクション手数料や、EVM互換であるがゆえの開発の容易性という性質によって、NFTやそれらが利用されるアプリケーションを中心に幅広く活用されています。この度の決定は、社会に新しい価値を提供することを目指す開発者を支援していきたいという当社の思想に基づいています。

当社は今後のプロダクト開発の方針を、コインチェックにつながる人口を増やしていくこととしており、今回のPolygonチェーンでのMATICの取扱いもその方針を具現化したアイデアの1つです。

日本国内で最大級のユーザー数を誇る当社が、Polygon LabsやPolygonチェーン上でアプリケーションを開発する方々を支援することで、業界内外を盛り上げていけると考えており、MATICの取扱いを開始できることを大変嬉しく思っています。

当社は、今後もコインチェックにつながる人口を増やすことを目指し、暗号資産投資家の皆様のみならず、様々なアイデアを社会に実装していくことを志す方々を支援してまいります。

>>Polygon関連の最新記事はこちら

コインチェック発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインの「半減期」とは?価格への影響・重要ポイントなどを初心者向けに解説

ビットコインの「半減期」とは?価格への影響・重要ポイントなどを初心者向けに解説

暗号資産取引所FTX「NFTを発行・販売できる新機能」を追加

暗号資産取引所FTX「NFTを発行・販売できる新機能」を追加

アメリカ・ワイオミング州「自律分散型組織(DAO)の法人化を認める法案」を承認

アメリカ・ワイオミング州「自律分散型組織(DAO)の法人化を認める法案」を承認

LG Electronics:分散型台帳「Hedera Hashgraph」の運営審議会に参加

LG Electronics:分散型台帳「Hedera Hashgraph」の運営審議会に参加

【Cardano/ADA】Maryアップデートを完了「ネイティブトークン発行」などが可能に

【Cardano/ADA】Maryアップデートを完了「ネイティブトークン発行」などが可能に

サマンサタバサ旗艦店がビットコイン決済導入

サマンサタバサ旗艦店がビットコイン決済導入

注目度の高い仮想通貨ニュース

BlackRock「政府系ファンド・年金基金のビットコインETF参入」を予想=報道

BlackRock「政府系ファンド・年金基金のビットコインETF参入」を予想=報道

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

仮想通貨ニュース週間まとめ「イーサ現物ETF承認・トランプ氏の寄付受け入れ」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「イーサ現物ETF承認・トランプ氏の寄付受け入れ」など

ビットポイント:ワンチャンつかめ「柴犬コイン(SHIB)購入キャンペーン」開始

ビットポイント:ワンチャンつかめ「柴犬コイン(SHIB)購入キャンペーン」開始

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

ビットコイン:円建て過去最高値「1110万円」を突破|イーサリアム現物ETF承認の噂が影響か

ビットコイン:円建て過去最高値「1110万円」を突破|イーサリアム現物ETF承認の噂が影響か

カルダノ(ADA)を「50種類以上の法定通貨」に交換|Yoroi Walletが新機能追加

カルダノ(ADA)を「50種類以上の法定通貨」に交換|Yoroi Walletが新機能追加

ドラファクトリー、1,000万ドルを戦略的資金調達

ドラファクトリー、1,000万ドルを戦略的資金調達

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

ビットトレード:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|積立・入出金も可能

ビットトレード:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|積立・入出金も可能

人気沸騰中のSolana系プレセールに最新ミームコインSEALANAが登場!飛び込むクジラが続出して数分で10万ドル超え

人気沸騰中のSolana系プレセールに最新ミームコインSEALANAが登場!飛び込むクジラが続出して数分で10万ドル超え

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す