Bithumbがハッキング被害に!仮想通貨約33億円相当が流出

by BITTIMES   

韓国の仮想通貨交換所Bithumb(ビッサム)は、19日深夜から20日未明にかけてハッキングの被害を受け、合計約3,000万ドル(約33億円)相当の仮想通貨が流失したことを発表しました。これを受けたビッサムは全ての入送金サービスを停止しています。

被害内容とその後の対応

複数のメディアの報道によると流失したのはイーサリアム(ETH)リップル(XRP)などの複数の仮想通貨であると言われています。ウェブサイト上で被害を公表したBithumbは、流失した仮想通貨は、全て取引所の運営会社側が補償するとしています。

[Notice for the suspension of all deposit and withdrawal service]
We checked that some of cryptocurrencies valued about $30,000,000 was stolen. Those stolen cryptocurrencies will be covered from Bithumb and all of assets are being transferring to cold wallet.
— Bithumb (@BithumbOfficial) June 20, 2018

[告知:全ての入送金サービスを停止]
約3,000万ドル相当の複数の仮想通貨が窃盗されたと判明しました。
これらの損失は弊社が全額をカバーし、他のすべての資産は現在コールドウォレットへと移行中です。

ビッサムの関係者は「サーバーを更新するなどして再発防止に努める」と説明しました。

このツイートの後にBithumbは、現地時間で午後15時にはサービスを再開すると発表しています。

[サービス再開のお知らせ]
セキュリティシステムを構築し、DBをアップグレードするために、すべての資産をコールドウォレットに移しています。午後15時(KST)からサービスを再開し、できるだけ早く再度通知します。あなたのサポートに感謝します。

ライトコイン(LTC)創業者からの注意

ハッキングの報道を受けたライトコイン(LTC)創業者のCharlie Lee(チャーリー・リー)氏は、Twitter上で次のように注意を促しています。

またハッキングです。
幸いBithumbは全額カバーできますが、3000万ドルは小額ではありません。
私が何度も言いましたように、あなたが積極的に取引している通貨だけを賢く保持してください。
取引が終わったらすぐに引き出すべきです。

これまでにも同じようなハッキング事件が起こっているにも関わらず、依然として取引所で仮想通貨を保有しているユーザーは多いようです。

このような状況が続くことになれば、今後もハッキングの被害はさらに増えていくことになるでしょう。

仮想通貨取引所を利用している方は、もう一度自身の保有している仮想通貨が正しく保管されているかどうかを確認して、適切な資産管理を心がけるようにしましょう。

ビットコインの価格|2018年6月20日

2018年6月20
日前後のビットコインのチャート(引用:coingecko.com)2018年6月20 日前後のビットコインのチャート(引用:coingecko.com)

ハッキングが起こったとされる6月19日深夜の時点で、ビットコイン(BTC)の価格は約75万円となっていました。しかし本日20日の朝9時頃に急速に下落し、現在は約73万円前後で取引されています。

仮想通貨の購入はセキュリティにも強い信頼のあるbitbank(ビットバンク)Huobi.pro(フォビ)などもおすすめです。ですが、取引を行わない通貨はきちんと別のコールドウォレットなどで保管するようにしましょう。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録はこちら

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

VanEck・SolidX:ビットコインETF「機関投資家限定」で今週販売か=WSJ報道

VanEck・SolidX:ビットコインETF「機関投資家限定」で今週販売か=WSJ報道

仮想通貨決済大手BitPay「XRPサポート」を正式発表

仮想通貨決済大手BitPay「XRPサポート」を正式発表

ビットコインクジラ「数億円規模の出金報告」相次ぐ|中央銀行への信頼低下も影響か

ビットコインクジラ「数億円規模の出金報告」相次ぐ|中央銀行への信頼低下も影響か

仮想通貨への疑心が好奇心に|アイルランドの投資家が300%も増加

仮想通貨への疑心が好奇心に|アイルランドの投資家が300%も増加

スイス証券取引所:イーサリアムに連動した上場投資商品(ETP)の取り扱い開始

スイス証券取引所:イーサリアムに連動した上場投資商品(ETP)の取り扱い開始

【速報】BINANCE:仮想通貨「証拠金取引サービス」を開始

【速報】BINANCE:仮想通貨「証拠金取引サービス」を開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

CoinMarketCap「Chiliz関連ファントークンのカテゴリ」を追加|一覧表示が可能に

CoinMarketCap「Chiliz関連ファントークンのカテゴリ」を追加|一覧表示が可能に

CryptoGames × HARTi「現代アーティストのNFT発行支援」に向け業務提携

CryptoGames × HARTi「現代アーティストのNFT発行支援」に向け業務提携

Xboxオンラインストアの支払手段に「ビットコイン決済」追加の可能性

Xboxオンラインストアの支払手段に「ビットコイン決済」追加の可能性

【Chiliz/CHZ】過去1年で「15,000%の価格上昇率」を記録|一時100円付近まで高騰

【Chiliz/CHZ】過去1年で「15,000%の価格上昇率」を記録|一時100円付近まで高騰

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

【Coincheck NFT】The Sandboxの仮想土地「LAND」発売へ|合計33個を販売予定

【Coincheck NFT】The Sandboxの仮想土地「LAND」発売へ|合計33個を販売予定

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

ビットバンク「Bitcoin Cash ABC(BCHA)相当額の日本円付与」を完了

ビットバンク「Bitcoin Cash ABC(BCHA)相当額の日本円付与」を完了

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す