Shiba Inu:UGCプラットフォームの「RSTLSS」と提携|Shibariumの技術活用へ

by BITTIMES   

UGCプラットフォームの「RSTLSS」と提携

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)がリリースした新たなレイヤー2ブロックチェーンである「Shibarium」は2023年10月25日に、ユーザー生成コンテンツ(UGC)のクリエイタープラットフォームを展開している「RSTLSS(レストレス)」と提携したことを発表しました。

RSTLSS(レストレス)とは?

RSTLSS(レストレス)は、デジタルファッションのパイオニアであるチャーリー・コーエン氏によって設立されたUGCクリエイタープラットフォームであり、Web3・ゲーム・ソーシャル・メタバース・現実世界などで使用可能な次世代ウェアラブルを簡単に作成できるプラットフォームを展開しています。

このプラットフォームのユーザーは、NFTを活用した衣類やアクセサリーを作成することが可能で、作成したアイテムはメタバースなどのデジタル空間で利用することができるようになっています。

RSTLSSは「Ubisoft・Epic・Roblox」などといった大手ゲーム開発会社とも提携しているとのことで、公式サイトも興味をそそる独創的なデザインで作成されています。

>>RSTLSSの公式サイトはこちら

プラットフォーム強化で「Shibarium」を採用

RSTLSSは今回の提携を通じて、RSTLSSのUGCプラットフォームを強化するために「Shibarium」のブロックチェーンを導入すると報告されています。

RSTLSSはすでに多くのオープンメタバースと相互運用可能な環境を構築しているとのことですが、今回の提携によってRSTLSSは「メタバースでのデザインに基づいた実物の洋服の製作」などといったサービス範囲の拡大時に、Shibariumの堅牢なブロックチェーンの力を最大限に活用できるようになると説明されています。

シバイヌの主任開発者であるShytoshi Kurama氏は、今回の提携について次のように語っています。

【Shiba Inu:Shytoshi Kurama氏】
SHIBとShibariumブロックチェーンにとって、これ以上完璧なパートナーは想像できませんでした。

RSTLSSのUGCツールを使用すると「2Dか3Dか」や「アマチュアかプロか」を問わず、あらゆるクリエイターが簡単に自分のブランドを構築することができます。ウェアラブルやアクセサリーなどのような独自のデジタル商品を自分のアバターに組み込んだり、複数のプラットフォームやゲームエンジンで取引することができるのです。

デジタルペット「MareBears」も展開

今回の発表では、SHIBコミュニティメンバーは厳選されたアイテムのドロップに参加することができるとも報告されています。

最初は、RSTLSSで作成されたデジタルペットである「MareBears」のミントにアクセスすることができるとのことで、MareBearsはVRMアバター(キャラクターやアバター専用のファイルフォーマット)に対応していて、デジタルペットとしてスマホで利用することもできると説明されています。

「MareBears」はSHIBプラットフォームとの完全な相互運用性を備えた唯一のデジタルペットでもあるとも説明されており、現在の共同コラボレーターには「Paris Hilton、Ubisoft、Gremplin」が含まれているとも報告されています。

なお、RSTLSSで発行されるアセットは現時点で「ERC-1155」として作成できるとのことで、今後は「ERC-721」や「ERC-6551」もサポートされる予定だと説明されています。

>>SHIB関連の最新記事はこちら

Shibarium発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ELF Masters:ゲームNFTハロウィンパック「PLT Place・OpenSea」で限定販売へ

ELF Masters:ゲームNFTハロウィンパック「PLT Place・OpenSea」で限定販売へ

暗号資産企業Diginex:NASDAQ上場に向け「新たな仮想通貨取引所」立ち上げ

暗号資産企業Diginex:NASDAQ上場に向け「新たな仮想通貨取引所」立ち上げ

【重要】Liquid by Quoine「ビットコインの入出金」を再開|入庫アドレスは変更に

【重要】Liquid by Quoine「ビットコインの入出金」を再開|入庫アドレスは変更に

仮想通貨決済サービス「Binance Pay」アルファ版公開|小売店での支払いが可能に

仮想通貨決済サービス「Binance Pay」アルファ版公開|小売店での支払いが可能に

メタバース不動産とは?仮想空間上の土地が注目される理由

メタバース不動産とは?仮想空間上の土地が注目される理由

中国人民銀行「仮想通貨は違法」として取締強化|ビットコイン価格は再び急落

中国人民銀行「仮想通貨は違法」として取締強化|ビットコイン価格は再び急落

注目度の高い仮想通貨ニュース

メルカリ「イーサリアム(ETH)の取引サービス」提供開始|売上金などで1円から売買可能

メルカリ「イーサリアム(ETH)の取引サービス」提供開始|売上金などで1円から売買可能

メタマスク:イーサリアム(ETH)を少額から増やせる「プールステーキング」提供開始

メタマスク:イーサリアム(ETH)を少額から増やせる「プールステーキング」提供開始

仮想通貨保有者は要注意「Google Chrome拡張機能を用いたハッキング被害」の報告

仮想通貨保有者は要注意「Google Chrome拡張機能を用いたハッキング被害」の報告

「BTC・ETH・SOLの価格上昇を確信している」ロバート・キヨサキ氏

「BTC・ETH・SOLの価格上昇を確信している」ロバート・キヨサキ氏

フロキ(FLOKI)過去最高値更新|DWF Labsが「1,200万ドル相当の購入」を決定

フロキ(FLOKI)過去最高値更新|DWF Labsが「1,200万ドル相当の購入」を決定

Flare基盤DEXのBlazeSwap:Sceptreの「sFLRトークン」をサポート

Flare基盤DEXのBlazeSwap:Sceptreの「sFLRトークン」をサポート

タイ証券取引委員会(SEC)「初のビットコイン現物ETF」承認

タイ証券取引委員会(SEC)「初のビットコイン現物ETF」承認

メタプラネットのビットコイン戦略が成功|Rebel Satoshi(RECQ)は他のプレセール機会を上回る?

メタプラネットのビットコイン戦略が成功|Rebel Satoshi(RECQ)は他のプレセール機会を上回る?

ビットコイン現物ETFのBTC保有額「サトシ・ナカモトの推定保有枚数」とほぼ同じに

ビットコイン現物ETFのBTC保有額「サトシ・ナカモトの推定保有枚数」とほぼ同じに

2024年のブルランに向けて、クジラが購入している低価格なアルトコイン

2024年のブルランに向けて、クジラが購入している低価格なアルトコイン

Base Dawgzが2週間で170万ドル達成!一部の投資家は今後の大きな成長を予想

Base Dawgzが2週間で170万ドル達成!一部の投資家は今後の大きな成長を予想

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す