AIでステーブルコインのデペグを予測「デジタル資産モニター」ローンチ:Moody’s

by BITTIMES   

USDT・USDCなど25種類の主要コインに対応

金融格付け機関「Moody's Corporation」の子会社である「Moody's Analytics」は2023年11月6日に、人工知能(AI)を活用して暗号資産やステーブルコインのボラティリティとリスクを追跡する「デジタル資産モニター(DAM)」をローンチしたことを発表しました。

デジタル資産モニター(DAM)は、ステーブルコインが24時間以内に参照価格からデペグする確率を示すことができるように設計されており、ローンチ時点では「USDT・USDC・PYUSD」などを含む25種類の法定通貨連動型ステーブルコインの追跡が可能となっています。

デペグ(ディペッグ)とは、ステーブルコインの価格が"本来ならば同じであるべき参照価格"から乖離した状態のことを指しますが、Moody'sは「ステーブルコイン価格が参照価格から1日に3%以上変動した状態」をデペグとして定義しています。

リスク評価は公開情報とムーディーズ独自のデータの両方も用いながら実施される仕組みで、具体的には「発行者リスク・市場リスク・流動性リスク・カストディアンリスク・準備資産リスク」を考慮してステーブルコインを評価する仕組みとなっています。

なお、DAMは既に法定通貨関連ステーブルコインの時価総額の92%以上を占める主要銘柄をサポートしていますが、今後も他のデジタル資産が徐々にサポートされていく予定です。

2023年には主要コインで609回のデペグ

Moody's Analyticsは今回の発表の中で「ステーブルコインでは2023年9月中旬までに合計1914回のデペグが発生していて、大型ステーブルコインのデペグはその中の609回だった」と報告しています。

また、同社は比較対象として「2022年には合計2847回のデペグが確認されていて、大型ステーブルコインのデペグは707回だった」とも報告しています(大型ステーブルコインはDAIなど時価総額上位5つのステーブルコインを含む)。

ムーディーズによると「ステーブルコインのデペグは非常に一般的で、デペグの多くはマクロ要因とコイン特有の要因で発生している」とのことで、2022年と2023年には金利の上昇がきっかけでデペグが発生していると説明されています。

Moody's Analyticsが発表したデジタル資産モニター(DAM)の詳細は「Moody's Analyticsの公式発表ページ」で確認することができます。

>>ステーブルコイン関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

FIFA:W杯関連のNFTプラットフォーム「FIFA+ Collect」提供へ|Algorandを活用

FIFA:W杯関連のNFTプラットフォーム「FIFA+ Collect」提供へ|Algorandを活用

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

スイス国営「バーゼル州立銀行」暗号資産の保管・取引サービス提供を計画

スイス国営「バーゼル州立銀行」暗号資産の保管・取引サービス提供を計画

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

「デジタル通貨はこれ以上必要ない」米SECのゲイリー・ゲンスラー委員長

「デジタル通貨はこれ以上必要ない」米SECのゲイリー・ゲンスラー委員長

Moonstake Wallet「Shiden Network(SDN)のステーキング」に対応

Moonstake Wallet「Shiden Network(SDN)のステーキング」に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

【続報あり】マウントゴックス「1兆円相当以上のビットコイン」を別ウォレットに送金

【続報あり】マウントゴックス「1兆円相当以上のビットコイン」を別ウォレットに送金

Pixelverseが大手VCから550万ドル調達、Web3ゲームの世界展開めざす

Pixelverseが大手VCから550万ドル調達、Web3ゲームの世界展開めざす

フロキ(FLOKI)過去最高値更新|DWF Labsが「1,200万ドル相当の購入」を決定

フロキ(FLOKI)過去最高値更新|DWF Labsが「1,200万ドル相当の購入」を決定

40万円が「1億7,300万円」に|シバイヌ(SHIB)初期投資家が3年半を経て利確

40万円が「1億7,300万円」に|シバイヌ(SHIB)初期投資家が3年半を経て利確

コインチェック「10万円分のBRILが当たるキャンペーン」開始

コインチェック「10万円分のBRILが当たるキャンペーン」開始

バイデン大統領:米SECによる仮想通貨の会計規則「SAB 121」の撤回を拒否

バイデン大統領:米SECによる仮想通貨の会計規則「SAB 121」の撤回を拒否

裁判所が「米SECの職権濫用」を指摘|仮想通貨関連訴訟で180万ドルの支払い命令

裁判所が「米SECの職権濫用」を指摘|仮想通貨関連訴訟で180万ドルの支払い命令

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

ソラナ・スポットETFとピギー・バンクスター(PIGS)は成長の可能性を秘めている?

ソラナ・スポットETFとピギー・バンクスター(PIGS)は成長の可能性を秘めている?

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

リップル社:米ドル連動ステーブルコイン「Ripple USD(RLUSD)」今年後半ローンチへ

リップル社:米ドル連動ステーブルコイン「Ripple USD(RLUSD)」今年後半ローンチへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す