リップル社:進化した国際送金ソリューション「Ripple Payments」を発表

by BITTIMES

RippleNetを進化させた国際送金ソリューション

Ripple(リップル)社は2023年11月7日に、より優れた国際送金の環境を提供する新しい国際送金ソリューション「Ripple Payments」を発表しました。

Ripple Payments(リップルペイメント)は、RippleNetとして知られていたRipple社の国際送金ソリューションの進化版であり、ブロックチェーンを活用した迅速・安価・効率的な国際送金を、専門知識を持たない企業でも簡単に行えるようにするためのインフラを提供すると説明されています。

「世界の金融リーダーの80%以上は今後3年間で何らかの形で仮想通貨を使用し始める可能性がある」と語るリップル社は、同社がそのような未来に向けて"最速で最も効率的な国際送金ソリューション"の構築に取り組んできたことを説明しており、Ripple Paymentsの主なアップデート内容として以下の4点を挙げています。

  • グローバルネットワークへのアクセス拡大:単一のプロセスで70以上の暗号資産および従来のペイアウト市場へアクセスが可能に。
  • 深い規制ノウハウに基づいた送金システム:Ripple社はシンガポールやアメリカで広範囲のライセンスを取得し、中小企業を含む幅広い顧客にサービスを提供しているため、長年の経験に基づく安心感を提供できる。
  • 迅速なオンボーディングと市場参入戦略の加速:XRP Ledgerの分散型取引所「XRPL DEX」との統合によって製品のパフォーマンスが向上、グローバルな流動性オプションで新しい市場への参入障壁が下がる。
  • 通貨や送金先に左右されない24時間365日対応可能な流動性オプション提供:拡張された流動性オプションによって、決済製品の規模が拡大しても最適な顧客体験を提供し続けることができる。

Ripple社のプレジデントであるモニカ・ロング氏は「Ripple Payments」について次のように語っています。

リップル社は設立当初から「お客様の現実的な問題を解決する製品を開発すること」に注力してきました。進化したRipple Paymentsは「革新的な技術を通じて国際送金体験を最適化する」という当社の長期的な取り組みの延長線上にあるものです。

当社は流動性管理・オフランプ・トークン化・カストディ・コンプライアンスなど、暗号資産金融インフラの主要要素への対応で業界をリードしてきました。

これらの要素を「Ripple Payments」に統合して直感的なエンドツーエンドの体験を実現しようとするのは、暗号資産の利点をあらゆるビジネスで利用できるようにするための取り組みを行なっているリップル社にとって自然な次のステップです。

なお、Ripple Paymentsは世界的な決済ソリューション企業である「RocketFuel」によって既に利用されているとのことで、同社は暗号資産や法定通貨による支払いの送受信を希望する販売者に支払いソリューションを提供していると報告されています。

>>XRP関連の最新記事はこちら

リップル発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2025年にはSOL・XRPなど「他の仮想通貨ETF」が登場する?大手銀行アナリスト予想

2025年にはSOL・XRPなど「他の仮想通貨ETF」が登場する?大手銀行アナリスト予想

バハマ:中央銀行デジタル通貨「2020年後半」に公開か

バハマ:中央銀行デジタル通貨「2020年後半」に公開か

SBI子会社マネータップに「Ripple社」が出資|サービスの利便性向上へ

SBI子会社マネータップに「Ripple社」が出資|サービスの利便性向上へ

Sweatcoinの「Sweat Wallet」SWEATステーキング&リワード応募が可能に

Sweatcoinの「Sweat Wallet」SWEATステーキング&リワード応募が可能に

IOSTを購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

IOSTを購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

トップ10の仮想通貨で上昇続く|BTCは100万円台目前

トップ10の仮想通貨で上昇続く|BTCは100万円台目前

注目度の高い仮想通貨ニュース

Symbol関連イベント「XYMPOSIUM TOKYO 2024」9月開催か|リンガフランカに関する情報も

Symbol関連イベント「XYMPOSIUM TOKYO 2024」9月開催か|リンガフランカに関する情報も

仮想通貨決済は「フードデリバリー」でも|DevourGOがCoinbase Commerceを統合

仮想通貨決済は「フードデリバリー」でも|DevourGOがCoinbase Commerceを統合

ビットコイン大量売却の懸念|5年半休眠状態のクジラが「8,000 BTC」を取引所に移動

ビットコイン大量売却の懸念|5年半休眠状態のクジラが「8,000 BTC」を取引所に移動

ゲーム特化型仮想通貨、弱気相場でも驚異的なパフォーマンス|PlayDogeのICOは500万ドル達成間近

ゲーム特化型仮想通貨、弱気相場でも驚異的なパフォーマンス|PlayDogeのICOは500万ドル達成間近

Terraform Labs(TFL)解散・活動終了へ|CEOが今後の予定について説明

Terraform Labs(TFL)解散・活動終了へ|CEOが今後の予定について説明

PEPEの上昇が緩やかになる一方でBOMEは価格抵抗に挑む:Rebel Satoshiは新世代のミームコインか?

PEPEの上昇が緩やかになる一方でBOMEは価格抵抗に挑む:Rebel Satoshiは新世代のミームコインか?

BlackRockがソラナETF申請を開始?今トレーダーが狙う仮想通貨プレセールとは

BlackRockがソラナETF申請を開始?今トレーダーが狙う仮想通貨プレセールとは

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

【続報あり】国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

【続報あり】国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

テザー社「Alloy by Tether」を発表|金担保型の米ドルステーブルコインaUSDTも発行

テザー社「Alloy by Tether」を発表|金担保型の米ドルステーブルコインaUSDTも発行

急速に成長するマルチチェーンベースのミームコインBase Dawgz、プレセールで100万ドルを調達

急速に成長するマルチチェーンベースのミームコインBase Dawgz、プレセールで100万ドルを調達

Shibarium採用の「Web3版Shiba Eternity」2024年Q3にクローズドベータ版リリース予定

Shibarium採用の「Web3版Shiba Eternity」2024年Q3にクローズドベータ版リリース予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す