アルゼンチン「契約におけるビットコイン・仮想通貨の利用」を許可

by BITTIMES

BTCなどの仮想通貨を用いた契約が可能に

ハビエル・ミレイ氏が新大統領に就任したアルゼンチンにおいて、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を契約内で使用することが認められたことが明らかになりました。

今回の決定は、ミレイ政権の外交・国際通商大臣であるダイアナ・モディーノ氏によって2023年12月22日に報告されており、「ビットコイン以外の仮想通貨」や「牛や牛乳などといったその他の物品」も同様に契約で利用できると説明されています。

同氏の報告によると、アルゼンチンの法律第766条には「債務者の義務」として「債務者は法定通貨であるかどうかに関わらず、指定された通貨を相当額引き渡さなければならない」と規定されているとのことで、これによってアルゼンチンでは仮想通貨を用いた契約が認められることになると報告されています。

私たちは、アルゼンチンにおいてビットコインを用いた契約が可能になることを承認し、確認しました。

他の任意の仮想通貨や、牛1キロ・牛乳1リットルといったような他の物品に関しても同様です。

第766条 - 債務者の義務。債務者は共和国において法定通貨であるかどうかに関わらず、指定された通貨を相当額引き渡さなければならない。

アルゼンチンの新大統領に就任したハビエル・ミレイ氏は「中央銀行の廃止」や「経済のドル化」などを掲げる自由至上主義の経済学者であり、過去にはビットコインを支持する発言も行っていたため、仮想通貨業界からも期待が高まっていました。

ハビエル・ミレイ氏は「経済のドル化」などを中核とした政策を進めていく方針を示していますが、今回は仮想通貨に関する発表が行われているため、今後のミレイ政権の政策や新たな取り組みには注目が集まっています。

>>ビットコイン関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブラジル経済相「独自デジタル通貨(CBDC)発行の可能性」について発言

ブラジル経済相「独自デジタル通貨(CBDC)発行の可能性」について発言

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

フランス規制当局:デジタル資産関連事業に「ライセンス制度」導入

フランス規制当局:デジタル資産関連事業に「ライセンス制度」導入

リップル社 COO:企業との契約「100社を超える」と明かす|水面下で急速に拡大

リップル社 COO:企業との契約「100社を超える」と明かす|水面下で急速に拡大

カルダノ(ADA)を「50種類以上の法定通貨」に交換|Yoroi Walletが新機能追加

カルダノ(ADA)を「50種類以上の法定通貨」に交換|Yoroi Walletが新機能追加

Walmart:ブロックチェーンで「インド産えび」のサプライチェーン管理

Walmart:ブロックチェーンで「インド産えび」のサプライチェーン管理

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説