イーサリアム共同創設者「人工知能(AI)の活用」に期待示す|応用可能性のある分野は?

by BITTIMES

コード検証・バグ探しにおけるAI活用に期待

イーサリアム(ETH)の共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏は2024年2月19日に、人工知能(AI)の応用で期待しているのは「コードの検証とバグ発見」であるとコメントし、イーサリアムの開発でAIを活用していくことを示唆しました。

ヴィタリック・ブテリン氏は今回の投稿で「現時点におけるイーサリアム最大の技術的リスクは、おそらくコードのバグである」と述べており、どのようなものだろうとその状況を大きく変えることができるものは素晴らしいと語っています。

私が期待しているAI応用例の一つは「AIによるコードの形式的検証やバグ発見」です。

現時点におけるイーサリアム最大の技術的リスクはおそらくコードのバグです。これを大幅に変えることができる可能性のあるものは全て素晴らしいと思います。

今回の発言はあくまでもAI活用への期待を示すものであり、具体的な活用予定などは語られていないものの、仮想通貨業界では今回の発言を受けて「イーサリアムにおけるAI活用」に注目が集まっています。

イーサリアムでは現在、Dencun(デンクン)と呼ばれる大型アップグレードに向けた準備が進められていますが、今年1月にGoerliテストネットで実装した際には、バグの影響で最終確定が4時間ほど遅れていたため、AIをうまく活用できればそのような問題も減ると期待されます。

「AIの応用には注意が必要」との発言も

ヴィタリック・ブテリン氏は今回の投稿でAI活用に期待感を示しているものの、2024年1月30日に公開されたブログ記事では「AIをどのように応用するかについては注意が必要である」との考えも語られています。

同氏はこのブログ記事の中で「AIではモデルや学習データがオープンだった場合に敵対的な機械学習攻撃に対する脆弱性が大幅に高まる」と述べており、分野によってはAI活用に高いリスクが伴うことを説明しています。

具体的なAI応用例としては「仮想通貨ウォレットのインターフェイスにAIを活用して、トランザクション・署名の事前説明や詐欺の事前検知に役立てること」が挙げられていますが、「純粋なAIインターフェイスでは他のエラーのリスクが高まるため、現時点ではおそらくリスクが高すぎる」とも説明されています。

AIを暗号資産・ブロックチェーン分野に応用する取り組みはすでに多数行われているものの、現時点のAIは特定の用途に役立つ一方で、エラーや別の問題を引き起こす可能性もあるため、今のところは"アシスタント"として活用すべきだという意見が多く出ています。

>>AI関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Louis Vuitton:初のNFTデジタルトランク「VIA トレジャー・トランク」販売へ

Louis Vuitton:初のNFTデジタルトランク「VIA トレジャー・トランク」販売へ

NFTガチャ「賭博該当」の可能性|ブロックチェーンコンテンツ協会がガイドライン公開

NFTガチャ「賭博該当」の可能性|ブロックチェーンコンテンツ協会がガイドライン公開

DEPが稼げるコインプッシャーゲーム「Lucky Farmer」正式版リリース

DEPが稼げるコインプッシャーゲーム「Lucky Farmer」正式版リリース

誤って「破産申請の発表資料」公開か|仮想通貨マイニング企業Argo Blockchain

誤って「破産申請の発表資料」公開か|仮想通貨マイニング企業Argo Blockchain

ウォール街の狼Jordan Belfort氏「ビットコイン価格=1,000万円」を予想

ウォール街の狼Jordan Belfort氏「ビットコイン価格=1,000万円」を予想

イスラエルのブロックチェーン・仮想通貨関連企業「過去2年で約3倍」に増加

イスラエルのブロックチェーン・仮想通貨関連企業「過去2年で約3倍」に増加

注目度の高い仮想通貨ニュース

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す