BlastUP:DAppsの立ち上げと資金調達に革命を起こすBlastでライブ配信開始

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

レイヤー2ソリューションでは報酬のダイナミクスに顕著な変化が見られているが、BlastUPは厳格なセキュリティ対策とコミュニティ成長のための取り組みによって、DApp開発の新たな基準を設定し、ネイティブトークンを60%割引で提供するプレセールを開催している。

Blastのソリューションがレイヤー2の報酬を変革

イーサリアムの「Merge」はプルーフ・オブ・ステークへの移行を通じて、ネットワーク内の報酬システムを劇的に変化させた。この移行はレイヤー2ソリューションの報酬構造にも影響を及ぼした。レイヤー2ソリューションは通常、ネットワークのインフレによる収益の低下に直面している。

革新的なL2ブロックチェーンであるBlastは、ユーザーと開発者の基準利回りをETHで4%、ステーブルコインで5%に引き上げることで、報酬低下の問題を解決した。これにより、DAppsは他のL2ブロックチェーンでは利用できない新たなビジネスモデルを模索できるようになった。

Blastの革新的なアプローチは大きな注目を集めており、わずか35日間で総ロックアップ価値(TVL)10億ドルを達成するという快挙を成し遂げた最初のレイヤー2プロトコルとなった。

>> 限定特典も用意「BlastUP」の詳細はこちら <<

Blastは最近「BlastUP」という新たな参加者を迎えた。BlastUPは、このブロックチェーン上で新しいDAppsの旅を始めるのを手助けするエコシステム初のローンチパッドプラットフォームである。

「より速く成長し、より多く稼ぐ」というモットーを通じてその使命を体現するBlastUPは、プロジェクト作成者と参加者両方の利害を一致させ、相互成長を促進する。

BlastUP Launchpadの画像

ローンチパッドアクセラレータでDApp開発を後押し

BlastUPはその使命を果たすために、プロジェクトの立ち上げを支援する包括的なツール群を開発した。このツールの1つであるローンチパッドアクセラレータは、プロジェクトが円滑に資金調達するためのドキュメントやトークノミクス形成を支援する。

この機能によって、全てのプロジェクトが投資家の期待と規制要件に応えるための準備を整え、迅速な成長のための強固な基盤を築くことができるようになる。BlastUPで立ち上げられたプロジェクトの成功は、エコシステム全体とそのネイティブトークンの成功を意味する。

BlastUPはそれだけにとどまらず、エコシステム内のアクティブ・ユーザーがコミュニティの成長に貢献した場合に報酬を与える「コミュニティ・インセンティブ・プログラム」を導入した。また、このプラットフォームは支援メカニズムに加えて「BlastUPトークン保有者に有利な受動的収入の機会」も提供している。

BlastUPトークンのユーティリティとプレセール

BlastUPトークンのユーティリティは様々で、保有者は「段階的なIDO、ステーキング報酬、プロジェクトローンチによる収益の一部で賄われる買い戻しメカニズム」にアクセスすることができる。

さらにBlastUPは、早期参入者を支援するためにエアドロップを通じてトークンを無料配布することを予定しているため、このローンチパッドの魅力はさらに高まっている。

BlastUPは現在、ネイティブトークンのプレセールを開催し、魅力的な投資機会を提供している。新しいプロジェクトは既にDEXに上場している仮想通貨プロジェクトとは違って、価格が一定水準に固定されているため、高い予測可能性がある。BlastUPトークンの現在価格は将来の上場価格よりもはるかに低い。

BlastUPのトークノミクスの画像

BlastUPの厳格なプロジェクト審査による優れたエコシステム

BlastUPはその使命を果たすためにセキュリティ最優先の詳細な戦略を構築した。プロジェクト・スクリーニング機能は「質の高いプロジェクトのみがコミュニティに参加すること」を保証する。仮想通貨業界にはリスクがつきものであり「FOMO3D」や「PoWH3D」のように詐欺だと判明するDAppもあるため、この機能は不可欠だ。

しかし、BlastUPチームはエコシステム内で同様の事例が発生することを防ぎ、詐欺行為のリスクを軽減するために、十分な注意を払っている。これによって、エコシステムの完全性を保護し、持続可能な成長を見据えた安全で信頼できるプラットフォームとなることができる。

法令遵守は、プロジェクトがBlastUPのエコシステムに参加するための多くの基準の一つに過ぎない。申請者は「トークノミクス、マーケティングとコミュニティ戦略、上場計画、支援者」などといった多くの条件をクリアする必要がある。この厳しい審査プロセスによって、BlastUPは最高のプロジェクトだけが参加できるプライベートクラブとなる。

強力なコミュニティの構築とAIツールの活用計画

BlastUPは強力なコミュニティを構築するだけでなく、各メンバーが集団の成長に積極的に貢献して、そこから報酬を得られるようにすることを目指している。

このプロジェクトはまだ始まったばかりだが、Xの登録者数は14,000人近くに達している。主要メディアは既にBlastUPにスポットライトを当てているため、これはBlastUPが素晴らしいスタートを切ったことを示していると評価されている。

BlastUPのX投稿画像

BlastUPは今後、Blastネットワーク上でのスタートアップの立ち上げにAIとWeb3ツールを活用する予定だ。2026年までのロードマップには「AI IDOスクリーナー、AIスタートアップチームツール、コミュニティマーケットプレイス」が掲載されており、エコシステムの機能強化に向けた着実な目標が示されている。

>> 限定特典も用意「BlastUP」の詳細はこちら <<

最終的なまとめ

BlastUPの登場は、Blastエコシステム内のDAppsの発展におけるゲームチェンジャーとなるだろう。

強力なコミュニティを育成し、ネイティブトークンに高い価値を提供することに焦点を当てているこのローンチパッドは、短期的な利益よりも長期的な成長を優先する戦略的アプローチを強調している。

BlastUPが早くから集めた注目は、大きなインパクトを与える能力を示すもので、注目すべき主要プレーヤーとしての地位を確立している。

公式サイト:https://blastup.io/
公式X:https://twitter.com/Blastup_io


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アルトシグナルのASIトークンプレセール|オンライントレードで成功を狙う投資家が注目する理由

アルトシグナルのASIトークンプレセール|オンライントレードで成功を狙う投資家が注目する理由

ビットヤードが豪州で「金融サービス業ライセンス」取得|グローバルコンプライアンス戦略の成果か

ビットヤードが豪州で「金融サービス業ライセンス」取得|グローバルコンプライアンス戦略の成果か

Cardanoが待望のCIP-1694を実装|ADA・DOT・SPCTの価格予測

Cardanoが待望のCIP-1694を実装|ADA・DOT・SPCTの価格予測

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

優れた投資機会?|AI仮想通貨アルトシグナルとフェッチAIを比較

優れた投資機会?|AI仮想通貨アルトシグナルとフェッチAIを比較

注目度の高い仮想通貨ニュース

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

Own The Doge:ドージコインでも有名な「かぼすちゃん」画像の権利を取得

Own The Doge:ドージコインでも有名な「かぼすちゃん」画像の権利を取得

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す