Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

by BITTIMES

仮想通貨保有国のデータを1箇所に集約

仮想通貨・ブロックチェーン分析企業の「Arkham Intelligence」は2024年4月12日に、世界最大の仮想通貨保有国データをまとめたダッシュボードを作成したことを発表しました。

Arkhamのプラットフォームでは、様々なブロックチェーン上の情報がわかりやすくまとめられており、有名企業や政府が管理する仮想通貨ウォレットの保有資産や取引履歴なども1箇所で見ることができるように設計されています。

今回公開されたダッシュボードは、世界最大規模の仮想通貨保有国である「アメリカイギリスドイツエルサルバドル」のデータを1箇所にまとめたもので、「各国の保有資産・保有BTC数量・残高履歴・取引履歴」などを1つのページ内で確認できるようになっています。

Arkhamチームは、最大の仮想通貨保有国をまとめたダッシュボードを作成しました。

それぞれの国の「現在のBTC残高・米ドルでの残高履歴・最新取引のリアルタイムフィード」を見ることができます。

最も多くの仮想通貨を保有する国は「アメリカ・イギリス・ドイツ」であり、現在はこれら全ての国のデータを1箇所で追跡できるようになっています。

このダッシュボードやその他のカスタムダッシュボードは、ダッシュボードフィードの「Arkham Dashboards」セクションにあります。

以下のページでお試しください:
https://platform.arkhamintelligence.com/dashboards/view?dashboardID=47d779bb-3c6f-4dd3-8f8e-1f6602e2f631&editMode=false

仮想通貨保有量世界一の国は「アメリカ」

Arkhamが公開したデータによると、2024年4月13日時点で仮想通貨保有量が最も多い国は米国であるとのことで、記事執筆時点における各国の仮想通貨保有量については以下のように報告されています(※2024年4月13日時点の価格・データに基づく)。

国名保有する仮想通貨の価値BTC保有量
アメリカ約143億ドル(約2兆1,900億円)約212,847 BTC
イギリス約40億ドル(約6,130億円)約61,245 BTC
ドイツ約33億ドル(約5,060億円)約49,858 BTC
エルサルバドル約3億8,000万ドル(約582億円)約5,718 BTC

なお、米国政府はビットコインの他にも多数のアルトコインを保有していて、保有するアルトコインの詳細は公開されたダッシュボード内で見ることができるようになっています(※無料アカウント登録が必要)。

今回のデータではアメリカ・イギリス・ドイツの3カ国が特に多くの仮想通貨を保有していることが示されていますが、この3カ国が保有する仮想通貨のほとんどは"仮想通貨関連の事件で押収したもの"だと報告されています。

一方、エルサルバドル政府が保有するビットコインは"長期的な投資戦略"として購入されたもので、今年3月には「毎日1ビットコイン購入する取り組みを継続していること」も報告されています。

米国政府は押収した仮想通貨を売却する方針を発表していて、仮想通貨業界では「米国政府の大規模売却による価格への影響」も懸念されていますが、今回公開された集約データは各国政府の動向を確認するのに役立つと期待されます。

>>仮想通貨関連の最新ニュースはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

CoinEx:BTC・ETH・SHIBなど「仮想通貨10銘柄の入出金」を再開|入金時の注意点も

CoinEx:BTC・ETH・SHIBなど「仮想通貨10銘柄の入出金」を再開|入金時の注意点も

ハードウェアウォレット『Digital BitBox』とは?

ハードウェアウォレット『Digital BitBox』とは?

コインチェックが「Enjin」と連携|マインクラフトで利用できるデジタル資産取扱いへ

コインチェックが「Enjin」と連携|マインクラフトで利用できるデジタル資産取扱いへ

PROJECT XENO・GXEとは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所などを解説

PROJECT XENO・GXEとは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所などを解説

レアル所属のGareth Bale選手、eスポーツチーム「Ellevens Esports」立ち上げ

レアル所属のGareth Bale選手、eスポーツチーム「Ellevens Esports」立ち上げ

BINANCE:オランダ撤退に伴い「現地の暗号資産取引所」をユーザーに紹介

BINANCE:オランダ撤退に伴い「現地の暗号資産取引所」をユーザーに紹介

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

Ripple社:日本で「XRPL活用した企業向けソリューション」導入へ

Ripple社:日本で「XRPL活用した企業向けソリューション」導入へ

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

仮想通貨ニュース週間まとめ「エアドロップ情報・アナリストの価格予想」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「エアドロップ情報・アナリストの価格予想」など

シバイヌ(SHIB)プライバシー重視のL3開発に向け「1,200万ドル」の資金調達

シバイヌ(SHIB)プライバシー重視のL3開発に向け「1,200万ドル」の資金調達

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

米裁判所:BINANCE元CEOに「禁錮4ヶ月」の実刑判決|CZ氏から感謝のメッセージも

米裁判所:BINANCE元CEOに「禁錮4ヶ月」の実刑判決|CZ氏から感謝のメッセージも

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す