トレンド仮想通貨銘柄のMMTR、取引所上場を果たし飛躍の兆候を見せる?

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

多くの仮想通貨専門家は、2024年の目玉プレセールは既に終わりを迎えたと考えているようだ。そんな中、華々しく市場に登場したミームネーター(Memeinator)

これは、世界に存在する大量の無価値なミームコインを抹殺するというひたむきな使命を掲げる仮想通貨プロジェクトだ。このヒーローは、先日終了したプレセールにおいて何千人もの投資家の賛同を集め、約800万ドルにも及ぶ資金の調達に成功した。

刺激的なプレセールは終わりを迎えたものの、英雄ミームネーターの輝きは衰えるどころか増すばかり。ユニスワップ(Uniswap)エムイーエックスシー(MEXC)での上場を果たした今、目標である時価総額10億ドル達成に向かって歩みを進めている。今回の記事では、この通貨に注目が集まる理由をまとめている。

ミームコインの大躍進、ミームネーターの大冒険が今始まる

ミームコインの年とも言われる2024年。今年のミームコイン市場は2023年に続いて時価総額600億ドルを超える急上昇を見せている。業界の大御所、ドージコイン(Dogecoin)と柴犬(Shiba Inu)が依然として先頭を走る一方、今年はいくつかの新米コインの快進撃がちらほらと目撃されている。この動きはミームコインのポテンシャルの高さを示している。

ぺぺ(Pepe)は、これらの快進撃を語るに相応しい典型的な例だ。1年前、ローンチから数日で時価総額15億ドルまで価格を急騰させたこのプロジェクト。当初は単なる無名カエルの戯言だと嘲笑われていたが、今では仮想通貨トッププレーヤーとして頭角を現している。

時価総額は70億ドルを超え、仮想通貨プロジェクトのトップ20に名を連ねただけでなく、2024年5月にはATHを更新し、過去1年だけで1,200%以上の高騰を見せた。このカエルの底力は侮れない。

一方、今年の立ち上げ以来1,500%以上の上昇を見せているドッグウィズハット(Dogwifhat)や、過去1年で8,500%以上急騰したボンク(BONK)などの新プレーヤーも時価総額10億ドル以上の達成に成功している。

さらに、ブックオブミーム(Book of Meme)やマガ(MAGA)などの銘柄も昨年の立ち上げ以来、それぞれ800%80,000%を突破する急上昇を遂げていることから、今後数ヶ月で10億ドルの時価総額を達成すると予想されているようだ。

このような背景の下、ミームネーターは今まさに市場を圧巻するバイラルを目指す大冒険を始めようとしている。多くの競合他社が真の実用性と価値の欠如に苦しむ中、ミームネーターは今年の飛躍を目指し、ミームコイン盛況を巻き起こすべく全力で市場を駆け抜ける。

ミームネーターが注目されている理由

投資家の間での良好な市場心理はさておき、ここではミームネーターの優れたブランディングについてお話しよう。プロジェクトは2077年からタイムスリップしてきた暗黒のヒーロー、ミームネーターが今日の仮想通貨市場から低品質ミームコインを一掃し、全ての投資家にとってよりクリーンな未来を作るという説得力のあるストーリーで勝負に出ている。

目標実現のため、ミームネーターは本格的な武器を装備して戦いに挑む。この、プロジェクトが誇る「武器」には、ユーザーがミームネーターを操り、ライバルミームコインを打ち倒していく戦闘ゲームや、限定NFTコレクションのリリースなどが含まれる。

これ以外にも魅力は山ほどある。中でも注目はステーキング制度だ。MMTRトークンを流動性プールに預け入れたユーザーには手厚い報酬が用意されており、5月28日に開始された最新プールでは、6ヶ月間の預け入れに対して最高60%のAPYが提供される。

この並外れたリターンは、投資家がトークンをロックアップすることで発生する流通供給の抑制に効果的だ。ここに、四半期ごとのトークン焼却計画も加わることで巨大なデフレ圧力を生み出す。これらの動きは全てミームネーターを軌道へと送り込む大きなパワーとなる可能性がある。

飛躍に向けて準備を進めるMMTR

ミームネーターは単なるバイラル的要素を持つパフォーマーではない。この通貨はイーサリアム(Ethereum)上で動作するERC-20規格の仮想通貨であるため、ETF承認ニュースに後押しされた5月末のETH上昇からも尊大な恩恵を受けている。

X(Twitter)、テレグラム(Telegram)、ディスコード(Discord)で合計12万5,000人以上のフォロワーを誇るミームネーターの反乱運動は2024年後半に向けて本格化している。公開市場での飛躍に向けた準備を着々と進めるMMTRトークン。心躍る冒険への参加を希望する新たな投資家は、ミームネーターも検討してみてはどうだろうか。

Memeinator(ミームネーター)の詳細は公式サイトをチェック。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

一般社団法人ASIA WEB3 ALLIANCE JAPAN、設立記者会見を開催|アジア圏内48カ国5,000社以上のWeb3企業と日本企業を統合する包括的エコシステムの構築を支援

一般社団法人ASIA WEB3 ALLIANCE JAPAN、設立記者会見を開催|アジア圏内48カ国5,000社以上のWeb3企業と日本企業を統合する包括的エコシステムの構築を支援

新しいソラナL2「SolanaVM」プレセール初日に75万ドルを調達|SolanaのTVLは先月40%急上昇

新しいソラナL2「SolanaVM」プレセール初日に75万ドルを調達|SolanaのTVLは先月40%急上昇

コスモス(Cosmos)の価格予測|MCADEがより優れた投資先?

コスモス(Cosmos)の価格予測|MCADEがより優れた投資先?

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

Bitget:暗号資産の冬の時期にもかかわらずグローバル従業員数を倍増へ

Bitget:暗号資産の冬の時期にもかかわらずグローバル従業員数を倍増へ

飛躍の可能性を秘めた安価なアルトコイン:XRP、PEPE、Rebel Satoshi Arcade(RECQ)

飛躍の可能性を秘めた安価なアルトコイン:XRP、PEPE、Rebel Satoshi Arcade(RECQ)

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説