イーサリアム現物ETF、上場・取引開始は少し遅れる?米SECの返答に遅延

by BITTIMES

2024年7月8日以降から手続き再開?

仮想通貨業界で注目されているイーサリアム現物ETFの上場時期が、2024年7月中旬頃まで遅れる可能性があることが明らかになりました。

イーサリアム現物ETFの上場時期は2024年7月2日頃になると予想されていましたが、ブルームバーグのETFアナリストであるエリック・バルチュナス氏は6月29日のX投稿で「イーサリアム現物ETFの上場が7月8日以降になる可能性があることを説明しています。

米国証券取引委員会(SEC)は、イーサリアム現物ETF発行者から提出されていたS-1書類への返答に時間を要したとのことで、今週は休日でほとんど動きがないため、7月8日に手続きが再開されて、その後すぐにローンチされる予定だと伝えられています。

残念ながら、休暇明けまで予想日を延期しなければならないと思います。SECは今週、返答に時間を要したようです(ただし非常に軽微な調整)。来週は休日のため、7月8日に手続きが再開されて、その後すぐにローンチされる予定だと聞いています。

2024年夏の間には取引開始予定

イーサリアム現物ETFの上場承認時期については、米SECのゲイリー・ゲンスラー委員長も「今年の夏の間には承認されるだろう」と語っているため、今後数週間〜数ヶ月以内には取引開始されると予想されています。

今回は休日を挟むことなどから1週間以上遅れる可能性があることが報告されていますが、ゲンスラー委員長は「イーサリアム現物ETFの承認プロセスが順調に進んでいること」も明かしているため、承認が大幅に遅れることはないと考えられます。

最近では米国初のソラナ現物ETFとなる「VanEck Solana Trust」のS-1書類も提出されているため、現在はその他の仮想通貨ETFの動向などにも注目が集まっています。

>>イーサリアム関連の最新ニュースはこちら
>>ETF関連の最新ニュースはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

JR九州:The Sandbox(SAND)のメタバース上で「九州鉄道ランド」公開

JR九州:The Sandbox(SAND)のメタバース上で「九州鉄道ランド」公開

バフェットランチは「歴史ある3つ星レストラン」で|Tron記者会見も開催予定

バフェットランチは「歴史ある3つ星レストラン」で|Tron記者会見も開催予定

リップル(XRP)基軸市場に「TRX」の通貨ペアを追加:仮想通貨取引所BTCEXA

リップル(XRP)基軸市場に「TRX」の通貨ペアを追加:仮想通貨取引所BTCEXA

飲食店でBTC・ETHが貯まる「暗号資産還元機能」提供開始:シンクロライフ

飲食店でBTC・ETHが貯まる「暗号資産還元機能」提供開始:シンクロライフ

暗号通貨アクティブユーザー数300万人超え!新たな研究結果が明らかに

暗号通貨アクティブユーザー数300万人超え!新たな研究結果が明らかに

Bitfinex:Tether社からの借入金を「全額返済」5.5億ドルを支払い

Bitfinex:Tether社からの借入金を「全額返済」5.5億ドルを支払い

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説