トークンエコノミーの未来へ「テックビューロホールディングス株式会社」設立

by BITTIMES

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロ株式会社は、ソフトウェア開発・販売事業を2018年7月2日をもって分社化し、新会社テックビューロホールディングス株式会社を設立することを発表しました。同社は各事業を明確に分離することで、本格的なトークンエコノミーの未来を築いていくとしています。

ソフトウェア開発・販売事業を分社化

テックビューロホールディングス

テックビューロは新会社設立の目的について「ソフトウェア開発・販売事業と仮想通貨取引事業を分離することによって、各事業の責任と権限を明確にし、より効率的で効果的な事業運営を実現するために分社化することを決定した」と説明しています。

トークンエコノミーの創造』を目指しているテックビューロは、2018年を商用ブロックチェーンが本格化する重要な年と位置付け、mijin v.2(catapult)のオープンソース公開やクラウド型BaaS(*1)など新サービスを積極的に導入していくとともに、仮想通貨取引所Zaifの利便性向上に向けて一層の態勢整備を進め、企業価値の向上を図っていくと述べています。
(*1)クラウド型BaaS:Blockchain as a Serviceの略。従来のインストール作業が不要になり、クラウド上で使用できる状態に最短で実行できる環境。

ICO関連事業も分割

ICOの総合プラットフォームである「COMSA」は、分社化に合わせて国内ソリューション事業とソフトウェア事業とに分割され、ソフトウェア事業がテックビューロホールティングスに承継されるとのことです。

分社化後は、テックビューロホールティングスにおいて、COMSA CORE・HUB等のソフトウェア開発に同社の資源を集中することで、ICO総合プラットフォームの実現に向けた準備が進められます。

また、ICOコンサルテーションやトークンの作成と販売などの国内ソリューション事業については、テックビューロホールティングスとの連携を前提にテックビューロの事業として存続されます。

現在日本では、ICOによって発行されるトークンの法的位置づけや自主規制の内容について、業界全体で議論が行われている最中ですが、テックビューロもその他の取引所などと同様に「日本国内で適切にソリューション事業を行うためには、これらの議論を待つ必要がある」と考えているとのことです。

本格的なトークンエコノミーの創造

テックビューロが2015年9月に開発し、現在300社以上の企業や団体に活用されているというプライベートブロックチェーン製品「mijin」は、既に数多くの実用ケースも生まれているとも報告されています。

今後の取り組みとしては、Zaifにおける円滑な取引推進のため、一層の態勢整備を行うとともにテックビューロホールディングスと連携しながら総合プラットフォームの実現に向けて尽力し、『本格的なトークンエコノミーの未来を築いていく』と説明されています。

これまでにも複数の魅力的なサービスを提供してきたテックビューロですが、今回の分社化によって今後はさらにそれぞれのサービスの質なども強化されていくようです。待望のカタパルトもリリースされており、すでに基盤を固めているテックビューロの今後の発表に期待が高まります。

テックビューロが運営する仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)の登録はこちらからどうぞ

仮想通貨取引所 Zaif の画像ビットコインの積立もできる仮想通貨取引所Zaifはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月27日〜10月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月27日〜10月3日

流出した仮想通貨、事件後1年で「20カ国以上」に拡散=日経報道

流出した仮想通貨、事件後1年で「20カ国以上」に拡散=日経報道

ザイフ「Zaif時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開催

ザイフ「Zaif時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開催

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月10日〜16日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月10日〜16日

【Zaif】ハードフォークで生じたBSV「日本円」で対象者に付与

【Zaif】ハードフォークで生じたBSV「日本円」で対象者に付与

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI VCトレード:イメージキャラクターとして「鷲見玲奈さん」を起用

SBI VCトレード:イメージキャラクターとして「鷲見玲奈さん」を起用

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

SBI VCトレード「SBI e-Sports」とスポンサー契約|XRPによる年俸支給などを計画

SBI VCトレード「SBI e-Sports」とスポンサー契約|XRPによる年俸支給などを計画

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

日本銀行「一般利用型CBDC」に関する方針を公表|2021年度早期に概念実証を実施

日本銀行「一般利用型CBDC」に関する方針を公表|2021年度早期に概念実証を実施

バミューダ証券取引所:NASDAQ×Hashdexの「仮想通貨ETF」を承認

バミューダ証券取引所:NASDAQ×Hashdexの「仮想通貨ETF」を承認

【重要】コインチェック「Facebookログイン機能」廃止へ|期日までに設定変更を

【重要】コインチェック「Facebookログイン機能」廃止へ|期日までに設定変更を

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

BitMEX告発問題で「取引所からのビットコイン出金」続く|2日で4.5万BTC以上が移動

BitMEX告発問題で「取引所からのビットコイン出金」続く|2日で4.5万BTC以上が移動

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す