mijin v.2 (Catapult/カタパルト)が一般公開を開始

by BITTIMES   

テックビューロ株式会社は、自社で開発しているプライベート・ブロックチェーン製品の最新版である「mijin v.2(Catapult)」の一般公開を開始しました。

mijin v.2(Catapult)とは?

「mijin v.2(Catapult)」は、性能向上のために仕様全体が一新されており、開発言語も従来のJavaからC++へと移行されています。さらに遅延軽減と双方向通信向上のために、httpプロトコルからsocket通信へと移行することで、大規模な高スループットにも対応可能な高パフォーマンスを実現しています。

これまでに300社以上への提供実績のあるプライベート・ブロックチェーン製品「mijin v.1」の特長を継承しつつ、IoTや人工知能(AI)など先端テクノロジーとの融合を実現し、電子マネーシステム、ユーザー認証、土地および財産登録、物流追跡、食品トレーサビリティなど幅広い分野でも利用することができる『汎用型ブロックチェーン製品』となっています。

2年半の開発期間を経て誕生した「mijin v.2(Catapult)」は、2018年3月にベータ版とSDKがリリースされており、2018年5月にmijin v.2がオープンソース化されました。

2018年後半にはオープンソースとエンタープライズ・ライセンスのデュアルライセンスの提供も開始される予定となっています。

mijin v.2 (catapult)の新機能

『mijin v.2 (catapult)』に新しく追加された新機能は次の通りです。

Multi-Level Multisignature

指定した数の連署人が全員同意することでコントラクトを実行できる「マルチシグ」がさらに進化したことによって、複数レイヤーで構築が可能となっています。また指定した日時までに同意が集まらなかった場合には、コントラクトが自動で削除されます。

Aggregate Transactions

複数の商取引(トランザクション)を1つのコントラクトの様に一括で実行することができます。

実行には指定した連署人が全員同意する事が必須となっており、揃わない場合は実行されません。
例としては、複数のユーザーが異なる資産を持っていて互いに交換を希望している場合に、相手を知らなくても信頼できるスワップ取引を行うことができます。これは『mijin v.2』ならではのユニークな機能です。

詳しい情報は以下の公式サイトからどうぞ
>mijin.io

ネム(NEM/XEM)の価格は?

2018年6月1日のネム(NEM/XEM)のチャート2018年6月1日のネム(NEM/XEM)のチャート(coingecko.com)

仮想通貨ネム(NEM/XEM)の価格は、本日6月1日の朝の時点では26円前後で推移していましたが、12時前から上昇しており、現在は28円台で取引されています。

ネム(XEM)を購入を希望される方は仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)からどうぞ

仮想通貨取引所 Zaif の画像「mijin v.2(Catapult)」を公開したテックビューロ社が運営する仮想通貨取引所Zaifはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Zaifを運営する「テックビューロ」解散を発表 ー モナコイン取引の急遽停止の詳細も

Zaifを運営する「テックビューロ」解散を発表 ー モナコイン取引の急遽停止の詳細も

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月18日〜24日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月18日〜24日

NEMベネズエラチーム:ブロックチェーン学術機関とMoU締結|技術開発を支援

NEMベネズエラチーム:ブロックチェーン学術機関とMoU締結|技術開発を支援

Zaif:NEMアップデートに伴い「カタパルトトークン」付与へ|XEM価格は13%急騰

Zaif:NEMアップデートに伴い「カタパルトトークン」付与へ|XEM価格は13%急騰

警視庁:流出した「NEM/XEM」交換した男らに家宅捜索【コインチェック事件】

警視庁:流出した「NEM/XEM」交換した男らに家宅捜索【コインチェック事件】

仮想通貨ニュース週間まとめ|10月14日〜20日

仮想通貨ニュース週間まとめ|10月14日〜20日

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引のBakkt:合併を通じて「新規株式公開(IPO)」の可能性=Bloomberg

暗号資産取引のBakkt:合併を通じて「新規株式公開(IPO)」の可能性=Bloomberg

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Moonstakeウォレット:Centrality(CENNZ)の「ステーキング」に対応

Moonstakeウォレット:Centrality(CENNZ)の「ステーキング」に対応

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

ビットコインは「終末シナリオのヘッジ手段にはならない」米実業家Mark Cuban

ビットコインは「終末シナリオのヘッジ手段にはならない」米実業家Mark Cuban

韓国・済州島でブロックチェーン基盤の「新型コロナ接触追跡システム」導入:ICONLOOP

韓国・済州島でブロックチェーン基盤の「新型コロナ接触追跡システム」導入:ICONLOOP

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

ビットフライヤー:最大7万円相当のビットコインが当たる「2つのキャンペーン」開催

ビットフライヤー:最大7万円相当のビットコインが当たる「2つのキャンペーン」開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す