ロンドン警察:仮想通貨関連の犯罪に対処するための訓練を開始

by BITTIMES   

仮想通貨に関連するマネーロンダリング(資金洗浄)などの犯罪は、世界的にも大きな問題の一つとなっています。イギリスのロンドン警察は、ビットコイン(BTC)などの暗号通貨をより適切に取り締まる為の新しい訓練プログラムを開始しました。

ロンドン郊外の警察当局は、昨年の秋に仮想通貨などを通じた詐欺についての調査を行い、数十億ポンド(数千億円)ものお金がビットコイン(BTC)などの仮想通貨で資金洗浄された可能性があるという警告を発表しています。

今回発表された訓練プログラムは、これらのマネーロンダリングなどの問題を解決するための詐欺捜査官を育成することを目的としています。

育成コースの参加者には、仮想通貨関連の捜査を行う際に、暗号化技術などに関しても適切に認識し、理解した上で管理するために必要な知識とスキルが提供されます。これらの育成コースは2回の試験的なプログラムが実施された後、今年の秋頃を目処に全国的に展開することも予定されています。

この新しい警察官の訓練コースは世界の先駆けとなる可能性を秘めています。仮想通貨の存在は、もはや世界中で無視できないものとなっており、潜在的に秘められた可能性を無駄にすることのないように活用しつつ、それに伴う犯罪の懸念にも対処する必要があります。

マネーロンダリングなどの行為は世界的な重罪であり、仮想通貨のイメージを悪化させているものの一つでもあります。これらの犯罪行為に適切に対処できる機関が生まれることによって、仮想通貨産業全体に大きな正当性がもたらされることになるでしょう。

暗号化技術の先進国へ|イギリス

icl

イギリスは仮想通貨に対して厳しい規制を設けていることで知られていますが、仮想通貨やブロックチェーン技術の研究開発や人材育成にはとても力を入れています。

イギリスの公立研究大学であるインペリアル・カレッジ・ロンドン(Imperial College London)の教授らが発表した報告書では、「仮想通貨は今後10年で一般的な決済手段になる」という見解が綴られています。

この他にも、同国の研究大学である「ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(London School of Economics)」では、仮想通貨やブロックチェーンが経済にどのような影響を与える可能性があるのか?などを基本的な内容から学ぶことができるオンラインコースの提供を予定しています。

専門知識を有する警察官の育成や、暗号化技術に関する専門家の育成に力を入れるイギリスは、今後数年間で世界でもトップクラスの仮想通貨先進国へと成長していく可能性を秘めています。

世界中で暗号化技術の研究が進められていることを考えると、これからは日本でも仮想通貨やブロックチェーンに関する知識が様々な分野で求められていくことになることは間違いないと言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ランボルギーニを売却して「ビットコイン(BTC)投資」へ:モルガン・クリーク創設者

ランボルギーニを売却して「ビットコイン(BTC)投資」へ:モルガン・クリーク創設者

スイス・ツーク州「仮想通貨による納税」が可能に|2021年からBTC・ETH受け入れ

スイス・ツーク州「仮想通貨による納税」が可能に|2021年からBTC・ETH受け入れ

ブロックチェーン企業向け銀行口座「LBXPay」を発表 ー London Block Exchange

ブロックチェーン企業向け銀行口座「LBXPay」を発表 ー London Block Exchange

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

ビットコイン価格、半減期到来で「1,000万円」に達すると予想:独バイエルン州立銀行

ビットコイン価格、半減期到来で「1,000万円」に達すると予想:独バイエルン州立銀行

警視庁:仮想通貨ビットコイン要求する「脅迫メール」に注意喚起

警視庁:仮想通貨ビットコイン要求する「脅迫メール」に注意喚起

注目度の高い仮想通貨ニュース

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

デジタル・ドル・プロジェクト「米国初のCBDCテスト」2021年内に開始

デジタル・ドル・プロジェクト「米国初のCBDCテスト」2021年内に開始

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月25日〜5月1日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月25日〜5月1日

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体PFL「メインマッチ対戦カード」ファン投票で決定へ

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体PFL「メインマッチ対戦カード」ファン投票で決定へ

ADA・XLMの投資商品(ETP)「スイス証券取引所」に上場へ:21Shares

ADA・XLMの投資商品(ETP)「スイス証券取引所」に上場へ:21Shares

中南米のeコマース大手「Mercado Libre」ビットコイン8.5億円相当を購入

中南米のeコマース大手「Mercado Libre」ビットコイン8.5億円相当を購入

ルーマニアの公立大学「仮想通貨決済による入学金支払い」対応へ|EGLDをサポート

ルーマニアの公立大学「仮想通貨決済による入学金支払い」対応へ|EGLDをサポート

暗号資産取引所「ホットビット」サイバー攻撃被害で全サービスを一時停止

暗号資産取引所「ホットビット」サイバー攻撃被害で全サービスを一時停止

double jump.tokyo:Flowブロックチェーン関連で「DapperLabs」と提携

double jump.tokyo:Flowブロックチェーン関連で「DapperLabs」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す