ジョン・マカフィーからの挑戦状「Bitfi Walletをハックできたら賞金1,100万円」

by BITTIMES   

仮想通貨ウォレット「Bitfi Wallet」を発表したばかりのJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、7月25日に世界中のハッカーたちに挑戦状を提示しています。彼はこの最新のウォレットをハッキングできた者に報酬として10万ドル(約1,100万円)を支払うと語っています。

こちらから読む:危険な大物「John McAfee」とは

John McAfeeからの挑戦状

bitfi-wallet

マカフィー・アンチウイルスの創始者であるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、今年の6月に優れたセキュリティを有している"超安全なハードウォレット"として『Bitfi Wallet』を発表しました。

マカフィー氏はこのウォレットのセキュリティに相当の自信を持っており、「このウォレットをハッキングできた者に10万ドル(約1,100万円)の賞金を出す」と語っています。

Bitfiウォレットの公式サイトでは、『この報酬プログラムはBitfiのセキュリティの脆弱性を特定するためのものでない』と記されており、これは"同社のセキュリティが絶対的であり、外部からの攻撃によってハッキングまたは侵入されることない"ということを証明するためのものであると説明されています。

賞金獲得条件

マカフィー氏の挑戦を受け、10万ドルの賞金を獲得したい場合は次のルールを守ることによってこのプログラムに参加することができます。

Bitfiチームは「Bitfi Wallet」にコインを入金し、報酬プログラム参加者に発送します

参加したい場合は、コインがあらかじめ入金されている「Bitfi Wallet」を50ドル(約5,500円)の参加費を払って購入する必要があります

もしもウォレットを空にすることができれば、Bitfiはそれを"成功"だとみなします

成功者はそのコインを保持することができ、Bitfiから100,000ドルの支払いが行われます

50ドル(*1)の参加費用が必要な理由については、真剣に挑戦しようとする人にのみ対応する必要があるためだと説明されています。
(*1)この金額は後日10ドル(約1,100円)に変更されています。(追記:2018年8月8日)

Bitfiウォレットの通常価格は、120ドル(約1万3,000円)となっており、購入には1年間の限定保証も含まれています。1,100万円を獲得する自信のある方や、それほどの自信を持っているBitfiウォレットを利用してみたい方は、購入を検討されてみてはいかがでしょうか?ウォレットの概説は以下の記事で紹介しています。

この報酬プログラムは、その後さらに金額が上乗せされており、そのほかにも様々なことで話題となっています。それらの詳しい内容は以下の記事で紹介しているので、こちらも一緒にご覧下さい。

その他のウォレットで仮想通貨を安全に保管するなら
ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
やその他のアルトコインにも対応した仮想通貨ハードウェアウォレットLedger NanoSをどうぞ。

Ledger NanoSの購入はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【速報】ハッキングでXRP・EOS「約21億円相当」が流出:韓国大手仮想通貨取引所Bithumb

【速報】ハッキングでXRP・EOS「約21億円相当」が流出:韓国大手仮想通貨取引所Bithumb

BINANCE:システムの「大型アップグレード」無事完了|入出金など各種サービス再開へ

BINANCE:システムの「大型アップグレード」無事完了|入出金など各種サービス再開へ

Ledger製ハードウォレットに新たな脆弱性が見つかる

Ledger製ハードウォレットに新たな脆弱性が見つかる

主流の仮想通貨を盗むマルウェア「Masad Clipper and Stealer」に要注意

主流の仮想通貨を盗むマルウェア「Masad Clipper and Stealer」に要注意

ジョン・マカフィー「死の脅威」からBWC登壇を断念

ジョン・マカフィー「死の脅威」からBWC登壇を断念

ビットポイント:流出した仮想通貨の調達を完了「海外取引所」での被害報告も

ビットポイント:流出した仮想通貨の調達を完了「海外取引所」での被害報告も

注目度の高い仮想通貨ニュース

OpenSea:柔軟かつ効率的なNFT売買を可能にするプロトコル「Seaport」を発表

OpenSea:柔軟かつ効率的なNFT売買を可能にするプロトコル「Seaport」を発表

アルゼンチン中央銀行「金融機関の暗号資産商品提供は認められない」と説明

アルゼンチン中央銀行「金融機関の暗号資産商品提供は認められない」と説明

Symbol Node List:ノード種別を5種類に分類「フィルタ機能」実装|絞込検索が可能に

Symbol Node List:ノード種別を5種類に分類「フィルタ機能」実装|絞込検索が可能に

ビットバンク×三井住友TH:暗号資産信託会社「日本デジタルアセットトラスト」設立へ

ビットバンク×三井住友TH:暗号資産信託会社「日本デジタルアセットトラスト」設立へ

コインチェック:NFTプロジェクト「NEO TOKYO PUNKS」とメタバース都市でコラボ

コインチェック:NFTプロジェクト「NEO TOKYO PUNKS」とメタバース都市でコラボ

SBIHD「リミックスポイント」と資本業務提携|ビットポイント株式の51%を取得

SBIHD「リミックスポイント」と資本業務提携|ビットポイント株式の51%を取得

SBI VCトレード:満18歳・19歳にQuoカードプレゼント「新成年応援キャンペーン」開始

SBI VCトレード:満18歳・19歳にQuoカードプレゼント「新成年応援キャンペーン」開始

ウィットスタジオ「アニメ3作品のNFT」をグローバル展開|Animoca Brandsと協業

ウィットスタジオ「アニメ3作品のNFT」をグローバル展開|Animoca Brandsと協業

Niftables:クリエイター向けオールインワンNFTプラットフォームを発表

Niftables:クリエイター向けオールインワンNFTプラットフォームを発表

Bloktopia:メタバース用3Dアバターを自動生成できる「Ready Player Me」と提携

Bloktopia:メタバース用3Dアバターを自動生成できる「Ready Player Me」と提携

BINANCE「Terra 2.0への移行・LUNAエアドロップ」対応へ

BINANCE「Terra 2.0への移行・LUNAエアドロップ」対応へ

Zaif「自動売買おてがるトレード」提供へ|無料ウェビナーも開催予定

Zaif「自動売買おてがるトレード」提供へ|無料ウェビナーも開催予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す