ジョン・マカフィー氏のセキュリティに挑む15歳の少年現る|賞金は2,750万円へ

by BITTIMES   

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏が自信を持って強固なセキュリティを謳っていた仮想通貨ウォレット「Bitfi Wallet」のハッキングに成功したと主張する15歳の少年Saleem Rashid(サリーム・ラシッド)氏が話題となっています。

こちらから読む:危険なセキュリティ専門家ジョン・マカフィーとは?

Saleem Rashid(サリーム・ラシッド)氏は、以前にハードウェアウォレット「Ledger(レッジャー)」にセキュリティ上の脆弱性を発見しており、その時から大きな話題となっていた人物です。

ラシッド氏が以前報告した脆弱性はこちら

"ハッキングできないものはない"とも言われているラシッド氏は、8月2日にTwitterで「Bitfiウォレット」のハッキングに成功したと報告しました。

「Bitfiウォレット」のセキュリティの強さには、この分野の専門家であるマカフィー氏も以前から相当自信があることを語っており、「ハッキングできた物には報酬として10万ドル(約1,100万円)を支払う」ともコメントしており、Bitfiの公式サイトでも報酬プログラムとして具体的な参加方法も掲載されていました。

また、この報酬金額はその後さらに25万ドル(約2,750万円)にまで釣り上げられており、多くの話題を呼んでいました。安全な仮想通貨ウォレットでありながら、サポートの対応も非常に良いという高評価のコメントも多く寄せられていた「Bitfiウォレット」には、反対に批判する意見も多く寄せられており、「デバイスの基盤に35ドル(約3,850円)程度で販売されていたスマートフォンのボードが再利用されている」と指摘する声もあがっています。

これはBitfi6のボードの写真ですが、単なるMEDIATEK MT6580のボードです。
安全であるという証拠にはなりません。
@Mindstalker612に感謝します。

このような一連の投稿によって、「世界で最も優れたデバイスである」と言われていたBitfiのウォレットには、多くの疑問の声が寄せられています。

しかしBitfi側は、これらの投稿は同社の競合他社である「TREZOR(トレザー)」や「Ledger(レッジャー)」側からの"荒らし行為"だと主張しています。またラシッド氏の「ハッキングに成功した」という主張に対しても疑問視するコメントを語っており、「ハッキングに成功したのであれば、報酬を受け取るべきだ」と説明しています。

ラシッド氏は仮想通貨の研究者であるAlan Woodward(アラン・ウッドワード)氏が投稿した「賞金はいらないからチャリティに寄付してくれ。私たちは安全性のないものに人々がお金を支払っていることを懸念している」というコメントを引用しており、「時間の無駄なので賞金はいらない」と主張しています。

これらの主張に対してBitfi側は、「ハッキングに成功したことを証明していないにも関わらず、全世界に向けてハッキングに成功したという一方的なツイートを投稿するような行為は、どのような人間であったとしても恥ずべき行為であると思うが、最終的な判断は皆さんにお任せする」とコメントしています。

Bitfiは、高性能な仮想通貨ウォレットを可能な限り手頃な値段で提供することを目標にしていることを以前から語っていました。同社はコインテレグラフに対して「現時点では、当社のデバイスがハッキング可能であるという証拠はない」とコメントしており、「もし見つかった場合には直ちに修正を加え、発覚した脆弱性に対処して二度とハッキングされることのないようにする」と語っています。

もし実際にハッキングが可能であるのであれば、今後は本格的に2,750万円の賞金を手にする人物が現れることになるでしょう。新たな成功報告には、今後もより一層注目が集まります。

その他のウォレットで仮想通貨を安全に保管するなら
ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
やその他のアルトコインにも対応した仮想通貨ハードウェアウォレットLedger NanoSをどうぞ。

Ledger NanoSの購入はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ラガービールの製品情報をブロックチェーンで管理「Bock Chain」販売開始:カナダ

ラガービールの製品情報をブロックチェーンで管理「Bock Chain」販売開始:カナダ

通信企業「FIX Network」NEM・SymbolブロックチェーンでSIMスワップ対策

通信企業「FIX Network」NEM・SymbolブロックチェーンでSIMスワップ対策

ブロックチェーンとIoTデバイスで「死んだ川」を浄化 ー フィリピン × Cypher Odin

ブロックチェーンとIoTデバイスで「死んだ川」を浄化 ー フィリピン × Cypher Odin

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

BINANCE:TRX・BTT・JST保有者に対する「APENFTエアドロップ」対応へ

BINANCE:TRX・BTT・JST保有者に対する「APENFTエアドロップ」対応へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取次所SEBC「シンボル(Symbol/XYM)の取扱い開始日時」を発表

暗号資産取次所SEBC「シンボル(Symbol/XYM)の取扱い開始日時」を発表

NBAダラス・マーベリックス:仮想通貨決済利用者に「eギフトカード」キャッシュバック

NBAダラス・マーベリックス:仮想通貨決済利用者に「eギフトカード」キャッシュバック

仮想通貨積立の始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

仮想通貨積立の始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

Twitter「ビットコインの投げ銭機能」まもなく導入へ|Lightning Networkも活用

Twitter「ビットコインの投げ銭機能」まもなく導入へ|Lightning Networkも活用

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

BINANCE「シンガポール関連サービスの提供」停止へ|スマホアプリも削除

BINANCE「シンガポール関連サービスの提供」停止へ|スマホアプリも削除

Zaif:NEM時計やCICCがもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

Zaif:NEM時計やCICCがもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

英郵便局のデジタルIDで「暗号資産との交換券」が購入可能に:Swarm Markets

英郵便局のデジタルIDで「暗号資産との交換券」が購入可能に:Swarm Markets

Animoca Brands:NFTプラットフォーム「Bondly」の株式の過半数を取得

Animoca Brands:NFTプラットフォーム「Bondly」の株式の過半数を取得

ブラジル最大級のショッピングモールに「仮想通貨ATM」を複数設置:Coin Cloud

ブラジル最大級のショッピングモールに「仮想通貨ATM」を複数設置:Coin Cloud

暗号資産取引所「東京ハッシュ(Tokyo Hash)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「東京ハッシュ(Tokyo Hash)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す