Goldman Sachs「ビットコイン価格は下落が続く」仮想通貨ブームにも言及

by BITTIMES

Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)は、早期にビットコイン取引市場を開始したものの、それらの仮想通貨の価格が上昇を続けると考えている訳ではないことを明らかにしており、暗号通貨は実際の価値以上に注目を集めてしまっていると語っています。

こちらから読む:仮想通貨の世界にも大きな影響力を持つ世界有数の金融グループ「Goldman Sachs」

ビットコインの価格は昨年末に220万円を上回るほどにまで上昇を続けましたが、ゴールドマン・サックスの報告書では、それらの価格上昇は長期的に継続するものではなく、今後はおそらく下落する動きが継続することになるだろうという予測がなされています。

(引用:goldmansachs.com)(引用:goldmansachs.com)

ゴールドマン・サックスの投資管理部門は、2018年に市場を狂わせる可能性がある要因として次のような項目をあげています。

  • テロやポピュリズムの台頭
  • 地政学的な緊張感の高まり
  • サイバー攻撃
  • 内政要因
  • 仮想通貨マニア

ゴールドマン・サックスの私的資産運用部門で最高投資責任者を努めているSharmin Mossavar-Rahmani(シャーミン・モサバール・ラフマニ)氏は、「仮想通貨は通貨が持つ伝統的な役割を3つともを果たしていないため、将来的にはさらに下落すると考えている」と述べており、仮想通貨は交換手段でもなく、価値の尺度にもならず、価値の貯蔵手段でもないという見解を示しています。

また同氏は、「仮想通貨は現時点で世界のGDPの0.3%ほどにすぎないため、仮想通貨市場が暴落することによって金融市場全体に重大な悪影響が出ることはない」とも語っており、「メディアやソーシャルメディアによって、仮想通貨は実際の価値に伴わないほどの注目を集めてしまっている」と述べています。

モサバール・ラフマニ氏らのチームは、今年の1月にも「ビットコインの価格がたとえ数倍になろうとも、長期的にその価格が継続することはない」という予想を語っています。

現在の仮想通貨に対する大手金融機関の意見には大きな違いがみられています。
世界最大の証券取引所であるインターコンチネンタル取引所(ICE)は先日、ビットコイン(BTC)を主要な金融資産にすることを目指す大規模な会社を立ち上げることを発表しました。

またゴールドマン・サックスの関係者の間でも意見はかなり分かれており、ビットコインの価格は今後さらに高値を更新するとの予想も多い一方では、ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)のどちらを支持するかに関しても、真っ二つに意見が分かれています。

様々な価格予想が飛び交う中で、ビットコインの価格は再び下落する傾向もみられており、2018年8月5日の時点では、1BTC=77万円近くまで下落しています。

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社の国際送金技術「商業銀行に使用を推奨」サウジアラビア通貨庁(SAMA)

Ripple社の国際送金技術「商業銀行に使用を推奨」サウジアラビア通貨庁(SAMA)

Bitcoin投資家は5年以内に5〜10倍の利益を得る|億万長者Marc Lasry

Bitcoin投資家は5年以内に5〜10倍の利益を得る|億万長者Marc Lasry

NEM財団:UAEの「ブロックチェーン本格導入」を全面支援 ー 市場にも回復傾向

NEM財団:UAEの「ブロックチェーン本格導入」を全面支援 ー 市場にも回復傾向

世界一のモバイル決済アプリAlipayついにブロックチェーン技術導入へ

世界一のモバイル決済アプリAlipayついにブロックチェーン技術導入へ

ブロックチェーンで「スニーカーの偽造品販売」を防止|中国ファッション大手:YOHO!

ブロックチェーンで「スニーカーの偽造品販売」を防止|中国ファッション大手:YOHO!

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年3月31日〜4月6日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年3月31日〜4月6日

注目度の高い仮想通貨ニュース

POL(ポル)無料で始められる「仮想通貨・ブロックチェーン」のオンライン学習サービス

POL(ポル)無料で始められる「仮想通貨・ブロックチェーン」のオンライン学習サービス

Coincheck:リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)を「大口OTC取引サービス」に追加

Coincheck:リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)を「大口OTC取引サービス」に追加

ブロックチェーン育成・バトルゲーム「HyperDragons」上位ランカーにはETH賞金

ブロックチェーン育成・バトルゲーム「HyperDragons」上位ランカーにはETH賞金

2024年、電気通信業界のブロックチェーン市場は世界で「1,500億円規模」に

2024年、電気通信業界のブロックチェーン市場は世界で「1,500億円規模」に

リップル(XRP)基軸の取引所「Bitrue」新たに3種類の通貨ペアを追加

リップル(XRP)基軸の取引所「Bitrue」新たに3種類の通貨ペアを追加

ORBS(オーブス)仮想通貨取引所「Bithumb」上場へ|待望のメインネット公開迫る

ORBS(オーブス)仮想通貨取引所「Bithumb」上場へ|待望のメインネット公開迫る

アメリカで「Rippleの購入方法」に関心高まる|Google検索量でビットコインを凌駕

アメリカで「Rippleの購入方法」に関心高まる|Google検索量でビットコインを凌駕

イーサリアムのアドレスが丸見えに?MetaMask利用者は「プライバシーモード」の設定を

イーサリアムのアドレスが丸見えに?MetaMask利用者は「プライバシーモード」の設定を

上昇続く仮想通貨市場「数十億円規模の送金報告」相次ぐ|今後の目標価格は?

上昇続く仮想通貨市場「数十億円規模の送金報告」相次ぐ|今後の目標価格は?

マネーフォワード「仮想通貨交換業者の登録」を断念|ブロックチェーン技術開発は継続

マネーフォワード「仮想通貨交換業者の登録」を断念|ブロックチェーン技術開発は継続

人気のゲームエンジン「Unity」向けの開発キットを発表|韓国ブロックチェーンID企業

人気のゲームエンジン「Unity」向けの開発キットを発表|韓国ブロックチェーンID企業

「今後は相互運用性が必要」Wi-Fiのような存在が暗号市場成長の糸口に:CARDANO創設者

「今後は相互運用性が必要」Wi-Fiのような存在が暗号市場成長の糸口に:CARDANO創設者

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す