仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt」始動|インターコンチネンタル取引所が発表

by BITTIMES   

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)がビットコイン先物取引をリストアップし、Bitcoin(BTC)を主流金融資産にするための新しい会社を設立すると発表しました。同社は、Microsoft(マイクロソフト)、Starbucks(スターバックス)、BCGなどの様々な大手企業との提携により、新しいプラットフォーム「Bakkt(バックト)」を設立したことを明らかにしました。

Bakkt(バックト)とは

「Bakkt(バックト)」は、消費者および金融機関がデジタル資産をシームレスに購入、販売、保管、および使用できるように設計されています。Bakktは信頼性、効率性、商取引をデジタル資産にもたらすことを目的として形成されており、既存の市場と商業インフラをブロックチェーンに結びつけるオープンな技術の開発を目指しています。

BakktのCEOであるKelly Loeffler(ケリー・ロフラー)氏は次のように述べています。

Bakktは、効率、セキュリティ、およびユーティリティを促進することにより、機関投資家、商人および消費者が仮想通貨市場に参加するための拡張可能な入り口として機能するように設計されています。
我々は、グローバル市場と商取引におけるデジタル資産の潜在的可能性を解明するオープンプラットフォームを構築するために協力しています。

Bakktは、仮想通貨などのデジタル資産が主流の金融資産クラスに発展するのを支援する本格的なプラットフォームを目指しています。

インターコンチネンタル取引所会長のコメント

jeffrey-sprecher

インターコンチネンタル取引所の創設者であり、会長兼CEOでもあるJeffrey Sprecher氏は次のように述べています。

規制されたインフラストラクチャとデジタル資産のための制度的および消費者向けのアプリケーションを組み合わせることによって、規制されていなかった市場に透明性と信頼性をもたらし、資産クラスに対する信頼を世界的な規模で築くことを目指しています。

BCGシニアパートナーからのコメント

BCGのシニアパートナーであるSean Collins(ショーン・コリンズ)氏は、ブロックチェーンの技術は大きな可能性を秘めていると語っています。

ブロックチェーン技術は、新しいビジネスモデルと信頼できる生態系を実現する大きな可能性を秘めています。Bakktプラットフォームは、基本的な市場インフラを活用して開発することで、企業間のイノベーションを促進することができます。

Starbucks(スターバックス)副社長のコメント

また決済手段としての利便性の向上も含まれているとのことで、Starbucks(スターバックス)は消費者が米ドル(USD)にシームレスに変換するための積極的な役割を果たすと述べており、Starbucksの店舗で商品を購入する際にそれらの仮想通貨を使用することができるようになると説明しています(*1)。
(*1)8月6日追記:こちらの情報は後日、Starbucksの広報担当者によって否定されています。ご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

Starbucksのパートナーシップ・アンド・ペイメントズのMaria Smith(マリア・スミス)副社長は、次のように述べています。

Starbucksは、消費者がデジタル資産をスターバックスで使用するために、米ドルに変換するための実用的で信頼できる規制されたアプリケーションを開発する上で重要な役割を果たします。スターバックスは、1500万人以上のスターバックスリワード会員にモバイルペイメントのリーダーとして、顧客の支払いオプションを拡大する革新に取り組んでいます。

Starbucksからのビットコイン決済に関するコメントはこちら

ビットコインの価格|2018年8月3日

ビットコインの価格はこの発表の後にやや上昇しており、2018年8月3日の時点では83万円前後で取引されています。

2018年8月3日 ビットコインのチャート(引用:coingecko.com)2018年8月3日 ビットコインのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Bakkt公式発表】ビットコイン先物「2019年9月23日」開始へ|BTC価格も上昇

【Bakkt公式発表】ビットコイン先物「2019年9月23日」開始へ|BTC価格も上昇

「仮想通貨Libra(リブラ)に本人確認は必要ない」BINANCE CEOのツイートが話題に

「仮想通貨Libra(リブラ)に本人確認は必要ない」BINANCE CEOのツイートが話題に

仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

ビットコインと金、等価値なら「1BTC=740万円」に|過小評価される理由とは

ビットコインと金、等価値なら「1BTC=740万円」に|過小評価される理由とは

リップルのCEOがビットコインを攻撃する理由

リップルのCEOがビットコインを攻撃する理由

Goldman Sachs「ビットコイン価格は下落が続く」仮想通貨ブームにも言及

Goldman Sachs「ビットコイン価格は下落が続く」仮想通貨ブームにも言及

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

Sorare:ロシアのサッカークラブ「FC Zenit」と提携|デジタル選手カード販売開始

Sorare:ロシアのサッカークラブ「FC Zenit」と提携|デジタル選手カード販売開始

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

CoinBest(コインベスト)「暗号資産交換業者」の登録完了|9月下旬に口座開設受付開始

CoinBest(コインベスト)「暗号資産交換業者」の登録完了|9月下旬に口座開設受付開始

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

SBI VCトレード「SBI e-Sports」とスポンサー契約|XRPによる年俸支給などを計画

SBI VCトレード「SBI e-Sports」とスポンサー契約|XRPによる年俸支給などを計画

トランプ大統領:新型コロナウイルス「陽性反応」ビットコイン・ドル円などが急落

トランプ大統領:新型コロナウイルス「陽性反応」ビットコイン・ドル円などが急落

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月18日〜24日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月18日〜24日

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

【日本国内初】一般個人投資家向け「不動産STO」実施:葉山の古民家宿づくりファンド

【日本国内初】一般個人投資家向け「不動産STO」実施:葉山の古民家宿づくりファンド

ブロックチェーン用いたアニメグッズプラットフォーム「AniPic!(アニピク!)」公開へ

ブロックチェーン用いたアニメグッズプラットフォーム「AniPic!(アニピク!)」公開へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す