仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt」始動|インターコンチネンタル取引所が発表

by BITTIMES   

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)がビットコイン先物取引をリストアップし、Bitcoin(BTC)を主流金融資産にするための新しい会社を設立すると発表しました。同社は、Microsoft(マイクロソフト)、Starbucks(スターバックス)、BCGなどの様々な大手企業との提携により、新しいプラットフォーム「Bakkt(バックト)」を設立したことを明らかにしました。

Bakkt(バックト)とは

「Bakkt(バックト)」は、消費者および金融機関がデジタル資産をシームレスに購入、販売、保管、および使用できるように設計されています。Bakktは信頼性、効率性、商取引をデジタル資産にもたらすことを目的として形成されており、既存の市場と商業インフラをブロックチェーンに結びつけるオープンな技術の開発を目指しています。

BakktのCEOであるKelly Loeffler(ケリー・ロフラー)氏は次のように述べています。

Bakktは、効率、セキュリティ、およびユーティリティを促進することにより、機関投資家、商人および消費者が仮想通貨市場に参加するための拡張可能な入り口として機能するように設計されています。
我々は、グローバル市場と商取引におけるデジタル資産の潜在的可能性を解明するオープンプラットフォームを構築するために協力しています。

Bakktは、仮想通貨などのデジタル資産が主流の金融資産クラスに発展するのを支援する本格的なプラットフォームを目指しています。

インターコンチネンタル取引所会長のコメント

jeffrey-sprecher

インターコンチネンタル取引所の創設者であり、会長兼CEOでもあるJeffrey Sprecher氏は次のように述べています。

規制されたインフラストラクチャとデジタル資産のための制度的および消費者向けのアプリケーションを組み合わせることによって、規制されていなかった市場に透明性と信頼性をもたらし、資産クラスに対する信頼を世界的な規模で築くことを目指しています。

BCGシニアパートナーからのコメント

BCGのシニアパートナーであるSean Collins(ショーン・コリンズ)氏は、ブロックチェーンの技術は大きな可能性を秘めていると語っています。

ブロックチェーン技術は、新しいビジネスモデルと信頼できる生態系を実現する大きな可能性を秘めています。Bakktプラットフォームは、基本的な市場インフラを活用して開発することで、企業間のイノベーションを促進することができます。

Starbucks(スターバックス)副社長のコメント

また決済手段としての利便性の向上も含まれているとのことで、Starbucks(スターバックス)は消費者が米ドル(USD)にシームレスに変換するための積極的な役割を果たすと述べており、Starbucksの店舗で商品を購入する際にそれらの仮想通貨を使用することができるようになると説明しています(*1)。
(*1)8月6日追記:こちらの情報は後日、Starbucksの広報担当者によって否定されています。ご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

Starbucksのパートナーシップ・アンド・ペイメントズのMaria Smith(マリア・スミス)副社長は、次のように述べています。

Starbucksは、消費者がデジタル資産をスターバックスで使用するために、米ドルに変換するための実用的で信頼できる規制されたアプリケーションを開発する上で重要な役割を果たします。スターバックスは、1500万人以上のスターバックスリワード会員にモバイルペイメントのリーダーとして、顧客の支払いオプションを拡大する革新に取り組んでいます。

Starbucksからのビットコイン決済に関するコメントはこちら

ビットコインの価格|2018年8月3日

ビットコインの価格はこの発表の後にやや上昇しており、2018年8月3日の時点では83万円前後で取引されています。

2018年8月3日 ビットコインのチャート(引用:coingecko.com)2018年8月3日 ビットコインのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロールス・ロイスなど「最高級車」が仮想通貨で購入可能に|BTC・BCH決済に対応

ロールス・ロイスなど「最高級車」が仮想通貨で購入可能に|BTC・BCH決済に対応

仮想通貨は金融安定性にリスクをもたらすものではない

仮想通貨は金融安定性にリスクをもたらすものではない

次の標的は

次の標的は"仮想通貨取引禁止"のインド中央銀行|John McAfee

「バンク・オブ・アメリカ」 ブロックチェーン技術の未来への期待

「バンク・オブ・アメリカ」 ブロックチェーン技術の未来への期待

オーストラリア大学、ブロックチェーン技術専用コースを開始

オーストラリア大学、ブロックチェーン技術専用コースを開始

イーサリアム(ETH)近い将来「90%上昇」の可能性|人気アナリストが価格分析

イーサリアム(ETH)近い将来「90%上昇」の可能性|人気アナリストが価格分析

注目度の高い仮想通貨ニュース

下落相場は今後も続く?ビットコイン価格、再び「110万円台」に急落

下落相場は今後も続く?ビットコイン価格、再び「110万円台」に急落

【速報】BINANCE:仮想通貨「証拠金取引サービス」を開始

【速報】BINANCE:仮想通貨「証拠金取引サービス」を開始

ビットコインは「唯一無二のヘッジ手段」金融市場のリスク対策に最適:Social Capital CEO

ビットコインは「唯一無二のヘッジ手段」金融市場のリスク対策に最適:Social Capital CEO

IOTA:ブロックチェーン活用した「食物アレルギー追跡アプリ」開発へ|Primorityと提携

IOTA:ブロックチェーン活用した「食物アレルギー追跡アプリ」開発へ|Primorityと提携

トランプ大統領「私は仮想通貨のファンではない」ビットコインやLibraに言及

トランプ大統領「私は仮想通貨のファンではない」ビットコインやLibraに言及

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

マイナンバーカード用いたブロックチェーン投票に「顔認証技術」統合:茨城県つくば市

マイナンバーカード用いたブロックチェーン投票に「顔認証技術」統合:茨城県つくば市

LedgerXを現物決済ビットコイン先物の「公認取引所」として認定:CFTC

LedgerXを現物決済ビットコイン先物の「公認取引所」として認定:CFTC

Accenture:ブロックチェーンと「生体認証」で観光客を識別|カナダ・オランダ政府と協力

Accenture:ブロックチェーンと「生体認証」で観光客を識別|カナダ・オランダ政府と協力

中央銀行による「デジタル通貨発行」現実的に:国際通貨基金(IMF)調査報告

中央銀行による「デジタル通貨発行」現実的に:国際通貨基金(IMF)調査報告

メガネブランド「Zoff」がスマホ決済アプリ「楽天ペイ」に対応

メガネブランド「Zoff」がスマホ決済アプリ「楽天ペイ」に対応

運営資金「1億円」仮想通貨投資に流用|大阪・学校法人の前理事長に批判相次ぐ

運営資金「1億円」仮想通貨投資に流用|大阪・学校法人の前理事長に批判相次ぐ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す