ビットコインは今後数年間で「660万円」を超え、時価総額は110兆円に:Bobby Lee

by BITTIMES

仮想通貨取引所BTCCの共同創設者であり、ライトコイン(LTC)の生みの親「Charlie Lee(チャーリー・リー)氏」の兄でもあるBobby Lee(ボビー・リー)氏は、2018年8月25日に「ビットコイン(BTC)価格は今後数年間で6万ドル(約660万円)に達する」とツイートしました。

こちらから読む:ビットコインの価格予想まとめ!2018年上半期の最高予想金額は?

BTC価格は660万、時価総額は110兆円へ

Bobby Lee(ボビー・リー)氏は、8月25日にTwitter(ツイッター)上に投稿されたコメントの中で、「ビットコインの価格水準が今後数年間で60,000ドル(約660万円)に達する時には、その時価総額も1兆ドル(約110兆円)に達する」と述べています。

ビットコインが今後数年の間で60,000ドルの価格水準を達成するとき、時価総額は1兆ドルに達します。

これはBTCにとって重要な出来事となります。価格の安定性やグローバルな流動性が高まるとともに、世界中での早期採用につながるでしょう。

ボビー・リー氏の言うようにビットコインの時価総額が1兆ドルを超えることになれば、仮想通貨をまだ保有していない人々もビットコインを"新しいお金"として認識し始めるきっかけになると予想されます。その時点から本格的に新規購入者が増えることになれば、その後のビットコインは飛躍的に成長することになるでしょう。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)がまだまだ成長する理由

btc-price

仮想通貨業界で7年間の経験を培ってきたボビー氏は、ビットコインの時価総額が1兆ドルを記録するという予想の根拠として、「マイニング(採掘)」と「ビットコインの次の半減期」について語っています。

私が2011年にマイニングを始めた時に世界中で新しく発行されていた毎日のBTCは、金額に換算すると36,000ドル(約396万円)でした。2015年には180万ドル(約1億9,800万円)になり、今日では1,200万ドル(約13億2,000万円)となっています。これは世界的な電気代が最大1,200万ドルに達するまで、ハッシュパワーが上昇し続けることを意味します。

ボビー氏は、ビットコイン・ネットワークのハッシュレートがこのまま非線形に成長を続けて、2020年にブロック報酬がさらに半減すると、ビットコインの価格はさらに新たな水準にまで押し上げられると述べており、マイナー(採掘者)が1日に5,400万ドルの相当する量の電力を使用し始めた場合には、ビットコインの価格は6万ドル(約660万円)を簡単に上回ると説明しています。

ビットコインの価格や時価総額に対するボビー・リー氏の予想は大げさなものではありません。これまでにも数多くの仮想通貨の専門家たちがビットコインに対する強気な予想を語っており、そういった人々の多くがビットコインの価格は今後数年間で数百万〜数千万円に達すると予想しています。

ビットコイン愛好家としても知られるTim Draper(ティム・ドレイパー)氏も、『今後5〜7年の間にビットコインは法定通貨を凌ぐ』と語っており、ビットコイン決済の普及が大きな変化の合図であると語っています。

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足|金融庁・開発者などが集結

ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足|金融庁・開発者などが集結

マウントゴックスの再生計画案「投票期日」が決定|債権者集会は2021年10月を予定

マウントゴックスの再生計画案「投票期日」が決定|債権者集会は2021年10月を予定

メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

仮想通貨取引所コインベース:パスワード管理に関する「バグ」を報告|3,420名に影響

仮想通貨取引所コインベース:パスワード管理に関する「バグ」を報告|3,420名に影響

仮想通貨出資金詐欺ワンコイン関係者2名「遺体」で発見

仮想通貨出資金詐欺ワンコイン関係者2名「遺体」で発見

宇宙開発の民主化へ:ブロックチェーン企業が「小惑星探査企業」買収|ConsenSys

宇宙開発の民主化へ:ブロックチェーン企業が「小惑星探査企業」買収|ConsenSys

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ(ADA)スマートコントラクト機能の「メインネット実装日」が確定

カルダノ(ADA)スマートコントラクト機能の「メインネット実装日」が確定

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

NFTStudio:LINE Blockchainプラットフォーム採用した「NFT発行サービス」を開始

NFTStudio:LINE Blockchainプラットフォーム採用した「NFT発行サービス」を開始

米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

c0ban取引所:最大5,000円相当のRYOがもらえる「秋のプレゼントキャンペーン」開始

c0ban取引所:最大5,000円相当のRYOがもらえる「秋のプレゼントキャンペーン」開始

Socios.com:NBAチーム「ゴールデンステート・ウォリアーズ」と提携

Socios.com:NBAチーム「ゴールデンステート・ウォリアーズ」と提携

Coincheckつみたて:最大3万円がもらえる「キャッシュバックキャンペーン」開催へ

Coincheckつみたて:最大3万円がもらえる「キャッシュバックキャンペーン」開催へ

パルマ・カルチョ1913:NFTマーケットプレイス運営の「Gravity Sport」と提携

パルマ・カルチョ1913:NFTマーケットプレイス運営の「Gravity Sport」と提携

NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」β版サービス提供開始

NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」β版サービス提供開始

ウクライナ:暗号資産の取引・保有・交換などを「合法化」議会で法案可決

ウクライナ:暗号資産の取引・保有・交換などを「合法化」議会で法案可決

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

Huobi Japan:新たに「QTUM・TRX」取扱いへ|3つの上場記念キャンペーンも開催

Huobi Japan:新たに「QTUM・TRX」取扱いへ|3つの上場記念キャンペーンも開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す