ビットコインは今後数年間で「660万円」を超え、時価総額は110兆円に:Bobby Lee

by BITTIMES

仮想通貨取引所BTCCの共同創設者であり、ライトコイン(LTC)の生みの親「Charlie Lee(チャーリー・リー)氏」の兄でもあるBobby Lee(ボビー・リー)氏は、2018年8月25日に「ビットコイン(BTC)価格は今後数年間で6万ドル(約660万円)に達する」とツイートしました。

こちらから読む:ビットコインの価格予想まとめ!2018年上半期の最高予想金額は?

BTC価格は660万、時価総額は110兆円へ

Bobby Lee(ボビー・リー)氏は、8月25日にTwitter(ツイッター)上に投稿されたコメントの中で、「ビットコインの価格水準が今後数年間で60,000ドル(約660万円)に達する時には、その時価総額も1兆ドル(約110兆円)に達する」と述べています。

ビットコインが今後数年の間で60,000ドルの価格水準を達成するとき、時価総額は1兆ドルに達します。

これはBTCにとって重要な出来事となります。価格の安定性やグローバルな流動性が高まるとともに、世界中での早期採用につながるでしょう。

ボビー・リー氏の言うようにビットコインの時価総額が1兆ドルを超えることになれば、仮想通貨をまだ保有していない人々もビットコインを"新しいお金"として認識し始めるきっかけになると予想されます。その時点から本格的に新規購入者が増えることになれば、その後のビットコインは飛躍的に成長することになるでしょう。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)がまだまだ成長する理由

btc-price

仮想通貨業界で7年間の経験を培ってきたボビー氏は、ビットコインの時価総額が1兆ドルを記録するという予想の根拠として、「マイニング(採掘)」と「ビットコインの次の半減期」について語っています。

私が2011年にマイニングを始めた時に世界中で新しく発行されていた毎日のBTCは、金額に換算すると36,000ドル(約396万円)でした。2015年には180万ドル(約1億9,800万円)になり、今日では1,200万ドル(約13億2,000万円)となっています。これは世界的な電気代が最大1,200万ドルに達するまで、ハッシュパワーが上昇し続けることを意味します。

ボビー氏は、ビットコイン・ネットワークのハッシュレートがこのまま非線形に成長を続けて、2020年にブロック報酬がさらに半減すると、ビットコインの価格はさらに新たな水準にまで押し上げられると述べており、マイナー(採掘者)が1日に5,400万ドルの相当する量の電力を使用し始めた場合には、ビットコインの価格は6万ドル(約660万円)を簡単に上回ると説明しています。

ビットコインの価格や時価総額に対するボビー・リー氏の予想は大げさなものではありません。これまでにも数多くの仮想通貨の専門家たちがビットコインに対する強気な予想を語っており、そういった人々の多くがビットコインの価格は今後数年間で数百万〜数千万円に達すると予想しています。

ビットコイン愛好家としても知られるTim Draper(ティム・ドレイパー)氏も、『今後5〜7年の間にビットコインは法定通貨を凌ぐ』と語っており、ビットコイン決済の普及が大きな変化の合図であると語っています。

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

仮想通貨決済で日本商品を世界へ「ゼンマーケット」合計50銘柄に対応

仮想通貨決済で日本商品を世界へ「ゼンマーケット」合計50銘柄に対応

ビットポイント「ビットコインがもらえる!新規口座開設キャンペーン」開催

ビットポイント「ビットコインがもらえる!新規口座開設キャンペーン」開催

マスターカード:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「テスト環境」提供へ

マスターカード:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「テスト環境」提供へ

Huobi:米国向け仮想通貨取引サービスの「停止」を発表|利用者に資金移動求める

Huobi:米国向け仮想通貨取引サービスの「停止」を発表|利用者に資金移動求める

原子力発電所の余剰電力で「仮想通貨マイニング」ウクライナ政府が提案

原子力発電所の余剰電力で「仮想通貨マイニング」ウクライナ政府が提案

注目度の高い仮想通貨ニュース

G7:中央銀行デジタル通貨の「重要3要素」を強調|中国CBDCの透明性に対する懸念も

G7:中央銀行デジタル通貨の「重要3要素」を強調|中国CBDCの透明性に対する懸念も

Abra CEO:投資資産の50%を「ビットコイン」で保有|BTCの将来に強気な理由とは?

Abra CEO:投資資産の50%を「ビットコイン」で保有|BTCの将来に強気な理由とは?

ビットバンク:日本円入金方法に「GMOあおぞらネット銀行」を追加

ビットバンク:日本円入金方法に「GMOあおぞらネット銀行」を追加

【LINE Pay】家族カード発行で「LINKリワード」がもらえるキャンペーン開催

【LINE Pay】家族カード発行で「LINKリワード」がもらえるキャンペーン開催

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

中央銀行デジタル通貨「導入の早さより、正しい対処が重要」パウエルFRB議長

中央銀行デジタル通貨「導入の早さより、正しい対処が重要」パウエルFRB議長

Ripple社:2030年までに「CO2排出量実質ゼロ」実現へ|エネルギーウェブ財団らと協力

Ripple社:2030年までに「CO2排出量実質ゼロ」実現へ|エネルギーウェブ財団らと協力

前澤友作氏:暗号資産交換業大手の幹部らと「電子決済関連の新事業」立ち上げへ

前澤友作氏:暗号資産交換業大手の幹部らと「電子決済関連の新事業」立ち上げへ

DMMビットコイン:国内初の新機能「BitMatch注文」提供へ

DMMビットコイン:国内初の新機能「BitMatch注文」提供へ

コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

DMMビットコイン「1万円分のAmazonギフト券」が当たるキャンペーン開催

DMMビットコイン「1万円分のAmazonギフト券」が当たるキャンペーン開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す