仮想通貨は今後5〜7年間で法定通貨を凌ぐ存在に:米投資家Tim Draper

by BITTIMES   

米国のベンチャー投資家であるTim Draper(ティム・ドレイパー)氏は、ビットコイン価格が2022年に250,000ドル(約2,750万円)に達すると予想しています。同氏は、TheStreetとのインタビューの中でBitcoin(BTC)の魅力や今後の可能性、具体的な金額がどのように変化していくかなどについての自身の考えを明かしました。

こちらから読む:BTC価格予想「2024年には60倍の5550万円」心理学から市場分析

ビットコインの魅力はセキュリティー

blockchain

世界的にも有名な投資家であるドレイパー氏は、今後5〜7年間で仮想通貨が法定通貨を凌ぐほどの存在になると述べています。

仮想通貨の中でも特にビットコインを多く保有していると語るドレイパー氏は、『暗号化技術とビットコインが未来である』のに対して『法定通貨は過去である』と語っており、現時点では"日常生活のために"法定通貨を保有してはいるものの、そのような今の環境は今後数年間で大きく変化すると述べています。

ドレイパー氏は仮想通貨の魅力はセキュリティーだと説明しています。
彼は「ビットコインのブロックチェーンハッキングされていないが、銀行は常にハッキングされている」と語っており、ビットコインは私たちを救うために来た英雄のような存在だと述べています。

さらに彼は「銀行は常にハッカーの標的にされているものの、ビットコインは利用者が増えるにつれてそのセキュリティがより強固なものになるため、ビットコインは最も安全な通貨である」と説明しています。さらに同士は、世界中で報告されている仮想通貨取引所などのハッキング事件についても詳しく説明し、それらの問題となっているのは"取引所のセキュリティの問題"であり、基本的には"ブロックチェーン自体がハッキングされている訳ではない"と説明しています。

法定通貨には全く興味がない

bitcoin-fiat

この他にも多くの魅力を挙げ、ビットコインに大きな可能性と魅力が備わっていると語った同士は『従来の法定通貨には全く興味がない』とも語っており、今後はビットコインのような仮想通貨に長期的に投資するとともに実際にそれらを使用していこうと考えていることを明かしています。

私は時間が経つにつれて価値が失われる法定通貨には全く興味がありませんし、ビットコインを売却するつもりもありません。なぜビットコインを売る必要があるのでしょうか?

仮想通貨を法定通貨に交換するのは、金と貝殻を交換するようなものであり、過去に逆戻りしているのと変わりません。私は長期的にビットコインに投資し、保有しながら、実際に使っていこうと思っています。

仮想通貨市場は2033年に「8,800兆円」

bitcoin-up

仮想通貨市場が長期的に大きく成長すると予測しているドレイパー氏は、2018年9月に仮想通貨の時価総額は今後15年間で約400倍に相当する『80兆ドル(8,800兆円)に達する』との予想を語っています。

純資産が10億ドル(1,100億円)を超えるとも言われているドレイパー氏は、仮想通貨市場で見られている動きが「ドットコムバブル(インターネットバブル)」の時と似ていることなどを具体的な理由としてあげており、銀行や政府までも巻き込んで動いている現在の仮想通貨市場は、IT業界が成長した時よりもさらに大きな成長を遂げることになると説明しています。

2022年:ビットコイン価格は「2,750万円」に

btc-price

ビットコインの価格に関しても非常に強気な姿勢を維持しているドレイパー氏は、2022年にはビットコインの価格が「2,750万円」になるという予想を以前から語っています。

海外メディアである「TheStreet」とのインタビューの際には、その強気な価格予想を変わらず維持していることを語るとともに、自身が仮想通貨の世界に入ることになったきっかけなどについても詳しく説明しており、以前に「40,000BTC」を購入したことがあることなども明かしています。

ドレイパー氏が仮想通貨を初めて手にした方法とは?

仮想通貨決済の普及が変化の合図

blockchain

ドレイパー氏は「今からおよそ4年後の2022年、人々が仮想通貨を実際の決済手段として利用し始めた時に大きな変化が起こる」と述べています。また彼は、仮想通貨に興味を持っている一般的な人々が実際にそれらの通貨との関わりを持つ際に最も理想的な方法は徐々に移行していくことだとも語っています。

2018年6月あたりから多くの仮想通貨投資家たちが、「今のビットコイン価格が"買い時"である」と主張しています。ビットコインの価格は、ここ最近でやや回復する傾向が見られており、最近で最も安い金額である約65万円と比べると、その金額はおよそ15万円ほど回復し、現在は90万円前後で取引されています。

最近ではビットコイン決済に対応している店舗も徐々に増えてきているので、実際に利用できる機会も増えてきています。まだ仮想通貨を購入したことがないという方はドレイパー氏らのアドバイスを参考にして、今のうちから少しづつ仮想通貨の世界に触れてみるのもいいのかもしれません。

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

英国最大の旅行管理会社が「ビットコイン決済」を導入:Corporate Traveller

英国最大の旅行管理会社が「ビットコイン決済」を導入:Corporate Traveller

多くの仮想通貨は過大評価されている|Spencer Bogart氏

多くの仮想通貨は過大評価されている|Spencer Bogart氏

ビットコイン、1週間後からの「急上昇」を予想:ジョン・マカフィー

ビットコイン、1週間後からの「急上昇」を予想:ジョン・マカフィー

BINANCE:本人確認画像「漏洩」に関する声明文を公開|情報提供者にはBTC報酬

BINANCE:本人確認画像「漏洩」に関する声明文を公開|情報提供者にはBTC報酬

ビットコインとは何か?「わかりやすく簡単に説明」

ビットコインとは何か?「わかりやすく簡単に説明」

高級電気自動車メーカー「Karma Automotive」ビットコイン決済受け入れ

高級電気自動車メーカー「Karma Automotive」ビットコイン決済受け入れ

注目度の高い仮想通貨ニュース

中国人民銀行:仮想通貨取引の「監視・取り締まり」強化へ|国外事業者にも対処

中国人民銀行:仮想通貨取引の「監視・取り締まり」強化へ|国外事業者にも対処

LINE・ヤフー「経営統合」について正式発表|仮想通貨関連事業も強化か

LINE・ヤフー「経営統合」について正式発表|仮想通貨関連事業も強化か

ハッキングでイーサリアム「55億円相当」流出|韓国大手取引所「Upbit」が正式発表

ハッキングでイーサリアム「55億円相当」流出|韓国大手取引所「Upbit」が正式発表

ロールス・ロイス:航空ブロックチェーン企業「ブロックエアロ」に助成金授与

ロールス・ロイス:航空ブロックチェーン企業「ブロックエアロ」に助成金授与

Nike:ビットコイン報酬アプリ「Lolli」と提携|商品購入者にBTC還元

Nike:ビットコイン報酬アプリ「Lolli」と提携|商品購入者にBTC還元

GMOコイン「NEM/XEM」と「Stellar Lumens/XLM」の取り扱いを開始

GMOコイン「NEM/XEM」と「Stellar Lumens/XLM」の取り扱いを開始

【個人情報流出】仮想通貨ウォレット「Gatehub」など220万アカウントが被害に

【個人情報流出】仮想通貨ウォレット「Gatehub」など220万アカウントが被害に

TRONの分散型取引所「Poloni DEX」誕生|Poloniexが「TRXMarket」を買収

TRONの分散型取引所「Poloni DEX」誕生|Poloniexが「TRXMarket」を買収

ブロックチェーンによる「災害保険金の支払い効率化」を提案:米FEMA諮問委員会

ブロックチェーンによる「災害保険金の支払い効率化」を提案:米FEMA諮問委員会

日本初の不動産STOシステム「J-FTA」提供へ:スタンダードキャピタル株式会社

日本初の不動産STOシステム「J-FTA」提供へ:スタンダードキャピタル株式会社

中国規制当局「投機的市場を懸念」仮想通貨取引関連の事業者に調査実施へ

中国規制当局「投機的市場を懸念」仮想通貨取引関連の事業者に調査実施へ

Bybit(バイビット)とは?基本情報・登録方法・特徴などを詳しく解説【画像あり】

Bybit(バイビット)とは?基本情報・登録方法・特徴などを詳しく解説【画像あり】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す